ニュース
» 2021年06月26日 22時00分 公開

野良猫のボスが柵を乗り越えてやってきた→1年後…… 甘えん坊の家猫になったビフォーアフターにほっこり

幸せそうで良かったです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 野良のボスだった猫ちゃんをお迎えしてからの1年間をまとめた動画が、YouTubeで公開されています

野良猫のボスだったデブくんです

 元野良猫の「デブ」くんとの出会いは、まだ木枯らしが吹く寒い季節。ぽっちゃりとした体形にもかかわらず、器用に柵を乗り越えてやってきました。

元ボス猫のデブちゃん 柵を乗り越えてやってきたデブくん

 毎日ゴハンをもらいに来るようになったというデブくん。人間のことを警戒しているため、少しでも近づくと逃げてしまいます。

 時間が許す限りたくさん話しかけたという飼い主さん。少しずつ距離は縮まりましたが、完全に心を開いてくれることはなかったといいます。

元ボス猫のデブちゃん なかなか心を開いてくれません

 出会ってから2カ月ほどたった頃、突然姿を見せなくなったというデブくん。2週間ほどすると痛々しい姿で戻ってきました。

 ボロボロになって足を引きずっていたというデブくん。居ても立っても居られなくなった飼い主さんは、なんとか保護して動物病院に連れていきます。

元ボス猫のデブちゃん ボロボロになって戻ってきたデブくん

 オス猫同士の縄張り争いでケガをしたらしいデブくん。野良時代は一度も触らせてくれませんでしたが、飼い主さん家族を受け入れてくれるようになりました。

 ケージの中で「ニャアニャア」と鳴くのは「外に出してくれ」「パトロールに行かなきゃ」という気持ちの現れだったのでしょうか。病院から戻って電子レンジの後ろに逃げ込んだこともあったそうです。

元ボス猫のデブちゃん 電子レンジの後ろに逃げ込んだことも

 ブラッシングもできるようになり、リラックスした寝姿を見せてくれるようになったデブくん。しかし、たまに人が怖くなってソファカバーの中に隠れてしまうこともあったんだとか。

 初めて膝の上でナデナデさせてくれた時は涙が出そうになったという飼い主さん。こんな幸せそうな表情を見たら、こちらまで涙腺が緩んでしまいます。

元ボス猫のデブちゃん 幸せそうにナデナデしてもらう姿

 飼い主さんのお宅はワンちゃんや猫ちゃんが一緒に暮らしている大家族。先住犬にどれだけ吠えられてもデブくんは怒ったことがないそうです。

元ボス猫のデブちゃん 先住犬ともうまくやっているデブくん

 人間におびえていた保護猫さんもデブくんにだけは心を開いたとのこと。ときにはお父さんのような存在感で他の猫ちゃんたちを見守ります。

元ボス猫のデブちゃん 保護猫さんにも好かれています
元ボス猫のデブちゃん みんなのお父さんみたい

 猫ちゃんたちをひきつける“何か”があると飼い主さんが語るデブくん。みんなと一緒にずっと楽しく暮らしてね。

元ボス猫のデブちゃん すっかり家猫になりました
元ボス猫のデブちゃん こんな風に甘えてくれるようになるなんて

 デブくんたちの様子が見られるのは「僕の名前はデブ」というYouTubeチャンネル。飼い主さんは、Twitter(@boku_debu)やInstagram(boku_debu)でも情報を発信しています。

 飼い主さんには心配ごとが1つ。デブくんの息子「福丸」くんが行方不明になっているそうなのです。怖がりで人見知りをするという福丸くん。早く戻ってきますように。

元ボス猫のデブちゃん 福丸くん捜索のポスター

画像提供:YouTubeチャンネル「僕の名前はデブ」さん

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」