ニュース
» 2021年06月29日 18時10分 公開

「久しぶりに発作も起きた」 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中の“パニック障害”再発を告白(1/2 ページ)

20代後半は発作の恐怖に怯える日々だったという広田さん。

[深戸進路,ねとらぼ]

 肺がんの手術を受けた俳優の広田レオナさんが6月29日にブログを更新。リハビリ中、20代から患っているというパニック障害の発作が出たことを明かしています。

広田レオナ 肺がん パニック障害 発作 ブログ 再発 医師の提案で湯治に通っていた広田さん(画像は広田レオナInstagramから)

 1日に肺がんを公表し、翌日には肺の4分の1とリンパを6つほど切除する手術を受けた広田さん。退院後はリハビリに励んでいますが、自身のひどく痩せ細った姿や著しく低下した肺機能に「何故治らないんだろう…と情けなくなって泣けてしまいます」と弱音をこぼしていました。

 18日に早くも仕事に復帰し、22日からは医師の提案で湯治に通っていた広田さん。この日の投稿では、「温泉はちょっと標高が高かったので、療養というよりも、ちょっとした高地トレーニング的な感じも有り ポンコツ過ぎる私にはちょっと早かったのかな」と立地的に体への負担が大きかったことを明かし、「久しぶりにパニック発作も起きたけど ドクターが教えてくれた呼吸法で20分くらいで治りました」とパニック障害の発作が出たことも告白しました。

広田レオナ 肺がん パニック障害 発作 ブログ 再発 退院直後の姿(画像は広田レオナInstagramから)

 30年以上パニック障害と向き合っているという広田さんは、「パニックになると救急車よんでも病院でも特に何もしてもらえず ほぼ放置され3〜4時間くらい熱が上がったり下がったり血圧乱高下しながら…死の恐怖に囚われながら発作が落ち着くのを待つ」と発作が出た際の状況を説明。20代後半は発作の恐怖に震えながら1人育児をしていたそうで、「思い出したら情けないのぉ」と泣き顔の絵文字とともに当時を振り返っています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」