ニュース
» 2021年06月29日 20時00分 公開

コロナ禍のフランスから「帰国しよう」と決意させた母からの通話…… 日本人留学生が漫画でつづる2020年春の緊急帰国

帰国を決心してからも一大事が。

[SONO,ねとらぼ]

 2020年3月、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行が原因で、多くの留学プログラムが中止になり、緊急帰国を余儀なくされた学生が続々と日本に帰ってきました。

 ついに外出制限(コンフィヌモン)が発令され、必要不可欠なこと以外の外出が全面的に禁止になったフランス。そんな状況下で「実家にウィルスを持ち込みたくない」という理由でフランスに残留することを決意する筆者でしたが……。

前回の記事はこちら

書いた人:SONO

 1995年生まれ。漫画家。

 キリスト教、歴史を題材にした漫画を執筆している。著作に『教派擬人化漫画 ピューリたん』(キリスト新聞社)がある。

Twitter:@0164288

方向転換

コロナ 帰国日記

 母から突然かかってきたLINE電話。何の気なしに朝ごはんを食べつつ応対すると、予想外に思いつめた母の声が聞こえてきて、居住まいを正しました。医療従事者である母は、フランスの新型コロナ患者の死亡率の高さ、寮で1人で生活している私が万が一罹患した場合、適切な医療を受けることができるのか、といった不安を訴えました。

 「やはり日本に帰国したほうがいい。家族に感染させるのが怖いなら、ウィークリーマンションで2週間の自主隔離をしよう。お金なら私が出すから……」母はそう提案してくれましたが、この言葉よりも、通話の声から伝わってきた母の不安の大きさが、私に「帰国しよう」と決意させたのでした。家族のために帰国しない! と言い張っていたけれど、そのせいで家族を不安にさせているなら、本末転倒です。

帰国へのカウントダウン

コロナ 帰国日記

 「よし! 帰国しよう」そう決断してからの行動は早かったです。まず、入国時に取っていたオープンチケット(日付変更可能な往復チケット)の帰国日を変更して、3月22日の飛行機の席を確保。そして、日本にいる母親と連携プレーで、ウィークリーマンションの入居申し込みを済ませました。

 飛行機出発時刻から逆算すると、2日後の昼に寮を出発すればフライトに間に合うようです。現在、20日の午前中。残された時間はあと1日半。荷造り・掃除・退寮手続きを済ませ、この部屋を空っぽにしなければいけません。半年間の生活が詰まったこの部屋を……。

コロナ 帰国日記

 渡仏してきた当初は、スーツケース1つに収まるだけの身軽な荷物で新生活をはじめたはずが、半年間の間に増えに増えた本、服、おみやげ類(ワインも)……。急遽、スーツケースをもう1つ用意して、全て飛行機の預け入れ荷物として運ぶことにしました。外出制限が発令されて混乱状態にあるフランスから、郵送サービスを使って荷物を送るのは不安がありました。

 でも、ここで一つ問題が。スーツケースが売ってる店って、どこ!? カバン屋さんなどの専門店は「生活必需品の販売店」ではないので休業中。開いているのは食料品などを売るスーパーだけです。近所のスーパーには、せいぜいおばあちゃんが押しているような買い物用カートぐらいしか売っていません。

 必死で記憶をたどっていくと、パール・デュー駅前のショッピングセンター内の巨大スーパーには、カバンを売っていたことを思い出しました。必死でGoogleマップで検索し、店内の写真を探すと、確かにスーツケース売り場があるようです。とにかく、ここに行ってみるしかない!

 普段だったらリヨン市のレンタル自転車で移動するのですが、この時は時間と体力の節約のため、地下鉄(メトロ)に乗っていくことに。外出制限が発令されているため、車両には私のほかに1人しか乗客がいませんでした。

ショッピングセンターへ

コロナ 帰国日記

 地下鉄の出口から出て、SNCF(国鉄)のパール・デュー駅を突っ切って反対側へ。さらに路面電車(トラム)の線路を渡ると正面にある大きな建物が、ショッピングセンター・パールデューです。

 雑貨屋さんからファストファッションから高級ブランドまで多種多様なお店が入っていて、だいたいのものはここでそろうので、留学してきた当初はしょっちゅうお世話になっていました。レストラン等も豊富なので、友達と遊びに来たことも。しかし、この時はスーパー以外のお店が閉店しており、店内の照明も落とされ、まるで廃墟のようです。

コロナ 帰国日記

 目当てはショッピングセンターの2階と3階にまたがっているCarrefour(カルフール)というスーパー。これがめちゃくちゃ巨大なのです。ちなみに、Carrefourの発音は正確には「キャッフー」という感じです。はしゃいでるみたいで、発音するたびにテンションがアガります。

 2階はドラッグストア、文房具や電化製品、お菓子、酒類。3階はまるまる生鮮食品売り場になっています。ほとんど無人の店内をさまよった結果、2階の文房具売り場の奥に、カバン類の棚を発見。無事、スーツケースをゲットできました!

 スーパーでは、ちゃっかりおみやげ(マルセイユ石鹸、ご当地銘菓や駄菓子、チョコレートなど)の購入にも成功。バスに乗って帰路につきました。バス停周辺で巡回している警察官の一団とすれ違い、緊張したのを覚えています。

 ところで、フライトで預け入れできる荷物の重量制限はスーツケース2つ、それぞれ23キロまで。つまり、重さの上限は46キロ。さて、私の部屋にある荷物は、46キロ内におさまるのか? 買ってしまったおみやげは、無事に日本まで持ち帰ることができるのか……!? 次回へ続きます!

第6回に続く

これまでの「帰国日記」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」