ニュース
» 2021年06月08日 20時00分 公開

大統領「われわれは戦争中だ」 コロナ禍で様変わりしていくフランス――日本人留学生が漫画で描く2020年春の記憶

ついに、外出制限開始。

[SONO,ねとらぼ]

 2020年3月、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行が原因で、多くの留学プログラムが中止になり、緊急帰国を余儀なくされた学生が続々と日本に帰ってきました。

 かくいう私もその1人。帰国直後は、念願の留学がこんな形で終わってしまったことがショックで、なかなか筆が進まなかったのですが、ようやく当時を振り返ることができるようになってきました。

 この連載では、マンガと文章で、フランス・リヨンでのコロナ流行当初の雰囲気や、帰国までの流れをお伝えします。

前回の記事はこちら

書いた人:SONO

 1995年生まれ。漫画家。

 キリスト教、歴史を題材にした漫画を執筆している。著作に『教派擬人化漫画 ピューリたん』(キリスト新聞社)がある。

Twitter:@0164288

外出制限(コンフィヌモン)の開始  

コロナ 帰国日記

 3月16日、午後8時。フランスの大統領マクロン氏が、テレビ中継で新型コロナウィルス対策について演説を行いました。私の寮にはテレビがなく、フランス語の聞き取りにも自信がなかったので、フランス人の友達の部屋でこれを聞くことにしました。

 マクロン氏と内務大臣カスタネール氏は、コロナ流行の状況や対策についてさまざまな説明をしましたが、話題の中心は「外出制限(コンフィヌモン)」の実施についてでした。

 基本的には外出や移動を控えること。例外として許可されるのは、生きていくための最低限の外出のみ。例えば、(1)テレワークできない職場への出勤、(2)生活必需品の買い物、(3)医療業務、(4)子どもの保育・脆弱な人の支援、(5)人間やペットの健康維持の運動、など。

 外出時には自筆でサインした「外出証明書」を携帯すること、警察と憲兵隊による検問を行い違反者には38ユーロの罰金を課すことなど、外出する際のルールも定められました。外出制限期間は最低15日間で、感染拡大が続けば延期もありうるとのことでした。

 マクロン氏は「われわれは(ウイルスとの)戦争中なのだ」という合言葉を繰り返していました。言われてみれば、確かにこのものものしい雰囲気は開戦前夜のようです。学生はほとんどが母国や実家に帰ってしまい、大学も寮も人気がない。外出制限はまるで戒厳令。第二次世界大戦の直前にヨーロッパに留学していた人は、こんな空気を味わっていたのかな……。

家族とのLINE

コロナ 帰国日記

 外出制限が開始された3月17日。日本の外務省は「全世界」を「感染症危険レベル1」に引き上げました。ここにはもちろん、日本も含まれます。

 いま、フランスから日本へ帰国したところで、危機レベル2の地域からレベル1の地域に帰るだけ。しかも、帰国後は「自宅など」での自主待機が求められる。実家に帰って家族に感染させる可能性があるなら、このままフランスで寮に閉じこもってる方がマシ!……当時の私は、そう考えていました。

 日本へ帰国後、実家へ戻らずに、ウィークリーマンションやホテルで2週間の自主隔離期間を過ごすという案もあったのですが、その費用は決して安くはありません。外出制限が始まったいま、公共交通機関で空港まで行き、パリの空港で乗り継ぎを行うというリスクを犯して帰国し、ウィークリーマンションへ……? 私には、それは無駄なリスクと無駄な出費だとしか思えませんでした。

外出制限下のフランス

コロナ 帰国日記

 外出制限2日め(3月18日)、スーパーへ食材の買い出しに行きました。プリンターがないので、「外出許可書」は公開されているフォーマットに沿って手書きしました。書類を握りしめ、やや緊張しつつスーパーへ向かいます。

 ところがその道中、私が目撃したのは、「運動」のつもりでのんびりお散歩する人々……集合住宅の窓から爆音の音楽を流してパーティーしている人々……。さすがに住宅街は静まり返っていたのですが、普段から人々の憩いの場であるローヌ川沿いは、ずいぶん賑やかだったようです。案の定、翌日には川沿いに進入禁止のバリケードが張られることになりました。

 パリなどの他の都市も同じような状況だったらしく、大統領はふたたび演説を行い、感染防止対策の重要性を強く訴えました。

コロナ 帰国日記

 一方で、このころから本格的に「新しい生活様式」が導入されはじめました。スーパーでは入場人数の制限がかかり、店の外には長蛇の列が。店内放送では「社会的距離(ディスタンス・ソシアル)」が呼びかけられ、店員さんはマスクに手袋といういでたちになりました。行列に並ぶのも、マスクや手袋をするのも、フランスではかなり珍しい光景で面食らってしまいました。

運命の電話

コロナ 帰国日記

 3月20日、早朝。指導教官への近況報告の通話を終えたところに、またLINE電話がかかってきました。表示を見ると、母親から。

 母とはおととい電話で話したばっかりなのに、どうしたんだろう? 私が外出できなくて退屈しているだろうから、おしゃべりに付き合ってくれるのかな? と、はじめは能天気にかまえていました。しかし電話に出てみると、母の声はいつもとは違う真剣なトーンだったのです。

「いま、時間大丈夫?」

「いいよ、どうしたの?(むしゃむしゃ)」

「……え、もしかして何か食べてる?」

「うん、りんご。これ朝ごはん」

「……ホントに、帰国する気ないんだね」

「えっ? それ、どういう意味……??」


 このわずか数十分の電話で私の運命が変わってしまうなんて、このときの私は知るよしもなく……。

 なんだか雲行きが怪しくなってきました。私は無事にフランスで留学を続けられるのか? そして、健康に外出制限令を乗り切れるのか!? 次回へ続きます。

第5回に続く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」