ニュース
» 2021年07月08日 14時20分 公開

「もうそろそろみんな怒るよ」「『ふざけんな』という気持ち」 ロッキン中止、ワンオクTakaやRAD野田洋次郎ら悲痛の声(1/2 ページ)

イベント中止の一方で東京五輪が開催されることへの疑問も。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」の中止発表に対し、出演を予定していた「ONE OK ROCK」のTakaさん、LiSAさん、「King Gnu」の井口理さん、「RADWIMPS」の野田洋次郎さんらが各自のSNSでコメントを出しています。

ワンオク ONE OK ROCK  Taka コメント Takaさんの投稿(画像はTaka 公式Instagramストーリーズから)

 8月に茨城県「国営ひたち海浜公園」で開催予定だった同イベントは、茨城県医師会の代表者より、新型コロナウイルス感染防止に関する要請書が主催者側に手渡されたことがきっかけとなり開催を目前に中止。総合プロデューサーの渋谷陽一さんは「医師会からの要請に十全に応えることは今の私たちにはできません」と無念の思いをつづっていました(参考記事)。

 発表に際し、開催を心待ちにしていたファンをはじめ、出演を予定していたアーティストもコメントを発信。「ONE OK ROCK」のTakaさんはInstagramのストーリーズを更新し、“僕の一意見”と断った上で、「しょうがないとか残念とかで許してくれる日本の音楽好きもミュージシャンも本当に優しい。ただな。もうそろそろみんな怒るよ」と率直な思いを吐露。LiSAさんは、同イベントのスタッフをねぎらい、「また必ずROCK IN JAPAN FES.のステージで。やくそく」と次の機会への希望をつづっています。

 「King Gnu」の井口理さんは、「今この国にあるのは曖昧なルールと同調圧力」とした上で、「誰かが不幸になるんじゃなくて、みんなで幸せになる方法はないのかな」と問いかけるツイートを投稿。「RADWIMPS」の野田洋次郎さんは“個人的な気持ち”とした上で、こうしたイベントが中止になる一方で東京五輪の開催が許されていることへの疑問を呈し、「極めて個人的な想いとしては『ふざけんな』という気持ちです」と怒りをにじませています。

 その他、きゃりーぱみゅぱみゅさんは「ロッキン」の一言に泣き顔の絵文字を添えてツイート。「サカナクション」の山口一郎さんは「残念です。でも前を向いて進むしかない」とし、中止の発端となった茨城県医師会と同イベント代表の渋谷陽一さんの対談を提案。

 また、「sumika」の片岡健太さんは同イベント中止に憤りやむなしさを感じるとしながらも、「一年後、嫉妬するような共演者のライブを見てから泣きたい。そして同じステージにしっかり立てる俺達でいたい」と来年の同イベントへの意気込みをつづっています。

 また、「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の後藤正文さんは自身のnoteで長文コメントを発表。イベント中止の発端となった茨城県医師会の要請について一定の理解を示しつつ、新型コロナウイルスへの国の対応や東京五輪開催に関する疑問を提示。その上で、「皆がのびのびと音楽を楽しむことができる社会(野放図という意味ではなく)を維持する責任が、自分にはあるのだと俺は考えている」と自身のスタンスを明確にしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」