荷造りのタイムリミットは2日! コロナ禍のフランスから緊急帰国を決めた日本人留学生が、帰国前夜に見た光景

2日で部屋を引きはらうのは大変だ……。

» 2021年07月13日 20時00分 公開
[SONOねとらぼ]

 2020年3月。フランスに留学中だった筆者は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックに直面。大学が休校になり、留学プログラムも中止になってしまいます。

 外出制限が発令され、不要不急の外出が禁止になったフランス。急遽日本に帰国することを決断し、2日後の飛行機を予約した筆者は、無事に日本までたどり着くことができるのでしょうか?

前回の記事はこちら

書いた人:SONO

 1995年生まれ。漫画家。

 キリスト教、歴史を題材にした漫画を執筆している。著作に『教派擬人化漫画 ピューリたん』(キリスト新聞社)がある。

Twitter:@0164288

荷造りタイムアタック

コロナ帰国日記

 ついに帰国の前日。朝起きると、不穏なメールが飛び込んできました。「予約便欠航のお知らせ」……昨日予約したばかりの飛行機のチケットが、航空会社側の都合でキャンセルになったというのです。もしかして、日本に帰れなくなるかも……!?

 電話でサポートデスクに確認してみると「予約されていた便の搭乗者が少なすぎるため、次の便に振り替えることになりました。搭乗時間が遅くなりますが、ちゃんと日本行きの飛行機のお席を確保しています!」とのこと。ホッとしました。しかも、出発時間が遅くなるということは、それだけ荷造りの時間にも余裕を持てるということです。

 気を取り直して荷造りを開始! 取捨選択が苦手な「捨てられない女」の私は、優先順位は度外視して、(1)とにかく身の回りのものをスーツケースに詰め込む、(2)重さを測りつつ調整していく、というがむしゃらな手順で荷物をまとめることにしました。

コロナ帰国日記

 優先順位を度外視した結果、航空会社の規定を14キロもオーバーするという結果に……。駆け込みでスーパーで買い込んだお土産が「凶」と出たのでしょう。服や靴を捨てられるだけ捨てても4キロしか減りません。

 これ以上捨てられるものはないし、いっそ私が飛行機に乗らなければいいのでは……? そんなことを考え始めたころ、空港で実際に重さを測るのは、預けるスーツケースだけだということに気がつきます。じゃあ、機内持ち込みの荷物(規定では10キロまで)を重くしちゃえばいいじゃない! と。そんなスレスレのグレーな発想で、はみ出た約10キロを機内持ち込みのリュックに移動。2つのスーツケースの重さは見事23キロにおさまりました!

 しかしこの時の私は忘れていたのです。結局、その荷物を抱えて空港まで運ぶのは自分だということを。総重量60キロ以上の荷物をひきずって交通機関を乗り継いで行く辛さを知るのは、ちょっと先のお話です。

 

借り物返却ミッション

コロナ帰国日記

 留学先で通っていたキリスト教教会のゴスペルクラブに所属していた私。発表会で着るローブを借りていたのですが、これを帰国する前に返却しておかなければいけません。

 荷造りが終わったのが19時半。朝から何も食べていなかったので、「スーパーに食べ物を買いに行く」という名目で外出証明書を用意し、レンタルサイクルに乗って教会へ出かけました。

 外出制限中の夜でも、ローヌ川沿いにはちらほらと人の姿が。警察が設置した侵入防止柵をものともせず、川辺でお酒を飲んでいる青年たち、カップル……。窓から大音量でヒップホップを流して、ブチアゲな部屋もありました。

 そんな賑やかな区画の前を通っていた時、突然、全部の建物の窓から一斉に拍手が湧き起こりました。後から知ったのですが、夜20時ちょうどに、医療従事者への感謝の意を表して拍手するというキャンペーンが行われていたのでした。

 やっとの思いでたどり着いた教会。しかし、鍵の暗証番号が分からずローブは返却できないままに……。この日は、おとなしくスーパーで夕飯を調達し帰宅しました。

フランス最後の夜

コロナ帰国日記

 夕食後、同じ寮の友人(韓国出身・留学生)が部屋を訪ねてきてくれました。日本には持って帰れないけど、捨てるにはもったいない家電製品やお酒類などを引き取ってくれるというのです。そして「せっかくのお酒だから、一緒に飲もう」ということになり、ささやかな飲み会をしました。彼女とは「そのうちご飯でも食べに行こう!」と約束していたのですが、なかなか予定が合わず、コロナ禍で外出もできなくなってしまいました。これが、ゆっくり話す最後の機会だったのです。

 今振り返ってみると、コロナ感染防止のためには、決して褒められた行動ではなかったと思います。ただ、その時の私は、体こそ動いていましたが、急激な変化に心がついていけず、やぶれかぶれだったのです。友人との明るい会話のエネルギーがなければ、正気を保っていられなかったでしょう。

コロナ帰国日記

 友人と別れた深夜2時、最後のミッション「部屋の掃除」にとりかかります。荷造りの疲労、寝不足、飲酒などの要因が積み重なり「今立ち止まったら寝る! 寝たら飛行機逃す!」と確信。意識を保ち続けるために、日本の友人と通話しながら、ひたすら風呂場を掃除しました。

 はたして、私は寝落ちせずに朝を迎えられるのか? 部屋は綺麗に原状回復できるのか? 飛行機はちゃんと飛ぶのか? 次回、最終回に続きます!

これまでの「帰国日記」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/13/news046.jpg 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
  3. /nl/articles/2406/13/news014.jpg これは知らなかった! 現役清掃員が教える“タバスコのびんの捨て方” 意外な盲点に「そうだったんだ」「タメになる」
  4. /nl/articles/2406/13/news151.jpg 「全ての瞬間がアウト」と物議 Mrs. GREEN APPLEが“差別的”と炎上のMVを削除&事務所謝罪…… 「深くお詫び」
  5. /nl/articles/2406/12/news050.jpg 「俺溶接うまいからな!」と調子に乗ったら…… “きれいな溶接”が続々集結し、Xが「うまい溶接博覧会」状態に
  6. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  7. /nl/articles/2406/12/news033.jpg 「その手があったか!」 「シャア専用ズゴック」にモデラーが仕込んだ“まさかの仕掛け”に驚きの声
  8. /nl/articles/2406/11/news164.jpg 道路で死にかけていた巨大カメを保護、好物をあげると……? さらされていた危機的状況に「良かった〜!」「危なかった」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2406/12/news176.jpg 「分かっててこんなに産んだ」にハァ〜? 8児の母・美奈子、弱音許さない“声”にイライラ 愚痴解禁で即号泣「こんだけ育児してきてるはずなのに」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」