ニュース
» 2021年07月13日 20時00分 公開

荷造りのタイムリミットは2日! コロナ禍のフランスから緊急帰国を決めた日本人留学生が、帰国前夜に見た光景

2日で部屋を引きはらうのは大変だ……。

[SONO,ねとらぼ]

 2020年3月。フランスに留学中だった筆者は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックに直面。大学が休校になり、留学プログラムも中止になってしまいます。

 外出制限が発令され、不要不急の外出が禁止になったフランス。急遽日本に帰国することを決断し、2日後の飛行機を予約した筆者は、無事に日本までたどり着くことができるのでしょうか?

前回の記事はこちら

書いた人:SONO

 1995年生まれ。漫画家。

 キリスト教、歴史を題材にした漫画を執筆している。著作に『教派擬人化漫画 ピューリたん』(キリスト新聞社)がある。

Twitter:@0164288

荷造りタイムアタック

コロナ帰国日記

 ついに帰国の前日。朝起きると、不穏なメールが飛び込んできました。「予約便欠航のお知らせ」……昨日予約したばかりの飛行機のチケットが、航空会社側の都合でキャンセルになったというのです。もしかして、日本に帰れなくなるかも……!?

 電話でサポートデスクに確認してみると「予約されていた便の搭乗者が少なすぎるため、次の便に振り替えることになりました。搭乗時間が遅くなりますが、ちゃんと日本行きの飛行機のお席を確保しています!」とのこと。ホッとしました。しかも、出発時間が遅くなるということは、それだけ荷造りの時間にも余裕を持てるということです。

 気を取り直して荷造りを開始! 取捨選択が苦手な「捨てられない女」の私は、優先順位は度外視して、(1)とにかく身の回りのものをスーツケースに詰め込む、(2)重さを測りつつ調整していく、というがむしゃらな手順で荷物をまとめることにしました。

コロナ帰国日記

 優先順位を度外視した結果、航空会社の規定を14キロもオーバーするという結果に……。駆け込みでスーパーで買い込んだお土産が「凶」と出たのでしょう。服や靴を捨てられるだけ捨てても4キロしか減りません。

 これ以上捨てられるものはないし、いっそ私が飛行機に乗らなければいいのでは……? そんなことを考え始めたころ、空港で実際に重さを測るのは、預けるスーツケースだけだということに気がつきます。じゃあ、機内持ち込みの荷物(規定では10キロまで)を重くしちゃえばいいじゃない! と。そんなスレスレのグレーな発想で、はみ出た約10キロを機内持ち込みのリュックに移動。2つのスーツケースの重さは見事23キロにおさまりました!

 しかしこの時の私は忘れていたのです。結局、その荷物を抱えて空港まで運ぶのは自分だということを。総重量60キロ以上の荷物をひきずって交通機関を乗り継いで行く辛さを知るのは、ちょっと先のお話です。

 

借り物返却ミッション

コロナ帰国日記

 留学先で通っていたキリスト教教会のゴスペルクラブに所属していた私。発表会で着るローブを借りていたのですが、これを帰国する前に返却しておかなければいけません。

 荷造りが終わったのが19時半。朝から何も食べていなかったので、「スーパーに食べ物を買いに行く」という名目で外出証明書を用意し、レンタルサイクルに乗って教会へ出かけました。

 外出制限中の夜でも、ローヌ川沿いにはちらほらと人の姿が。警察が設置した侵入防止柵をものともせず、川辺でお酒を飲んでいる青年たち、カップル……。窓から大音量でヒップホップを流して、ブチアゲな部屋もありました。

 そんな賑やかな区画の前を通っていた時、突然、全部の建物の窓から一斉に拍手が湧き起こりました。後から知ったのですが、夜20時ちょうどに、医療従事者への感謝の意を表して拍手するというキャンペーンが行われていたのでした。

 やっとの思いでたどり着いた教会。しかし、鍵の暗証番号が分からずローブは返却できないままに……。この日は、おとなしくスーパーで夕飯を調達し帰宅しました。

フランス最後の夜

コロナ帰国日記

 夕食後、同じ寮の友人(韓国出身・留学生)が部屋を訪ねてきてくれました。日本には持って帰れないけど、捨てるにはもったいない家電製品やお酒類などを引き取ってくれるというのです。そして「せっかくのお酒だから、一緒に飲もう」ということになり、ささやかな飲み会をしました。彼女とは「そのうちご飯でも食べに行こう!」と約束していたのですが、なかなか予定が合わず、コロナ禍で外出もできなくなってしまいました。これが、ゆっくり話す最後の機会だったのです。

 今振り返ってみると、コロナ感染防止のためには、決して褒められた行動ではなかったと思います。ただ、その時の私は、体こそ動いていましたが、急激な変化に心がついていけず、やぶれかぶれだったのです。友人との明るい会話のエネルギーがなければ、正気を保っていられなかったでしょう。

コロナ帰国日記

 友人と別れた深夜2時、最後のミッション「部屋の掃除」にとりかかります。荷造りの疲労、寝不足、飲酒などの要因が積み重なり「今立ち止まったら寝る! 寝たら飛行機逃す!」と確信。意識を保ち続けるために、日本の友人と通話しながら、ひたすら風呂場を掃除しました。

 はたして、私は寝落ちせずに朝を迎えられるのか? 部屋は綺麗に原状回復できるのか? 飛行機はちゃんと飛ぶのか? 次回、最終回に続きます!

これまでの「帰国日記」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する