ニュース
» 2021年07月18日 16時02分 公開

『ロッキング・オン・ジャパン』編集長、小山田圭吾の“いじめ問題”で謝罪 自身がインタビュー担当「倫理観や真摯さに欠ける間違った行為」

小山田さんは「東京2020オリンピック」の開会式で音楽を担当しています。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 音楽雑誌『ロッキング・オン・ジャパン』編集長の山崎洋一郎さんが7月18日、過去にミュージシャンの小山田圭吾さんが障がいを持つクラスメイトへのいじめを告白した記事を掲載していたことについて「rock’on.com」で謝罪しました。山崎さんは、小山田さんがいじめ行為を告白した際の編集長でインタビュアーも担当しており、「傷つけてしまった被害者の方およびご家族の皆様、記事を目にされて不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

小山田圭吾 オリンピック いじめ パラリンピック 謝罪 ロッキンオン 小山田圭吾さん(画像はCornelius Instagramから)
小山田圭吾 オリンピック いじめ パラリンピック 謝罪 ロッキンオン 謝罪文(画像はrock’on.comから)

 『ROCKIN’ON』1994年1月号に掲載されたいじめ告白記事は以前から問題視されていましたが、小山田さんが東京五輪・パラリンピック開会式の音楽担当に決定したことであらためて話題に。小山田さんは7月16日に自身の公式サイトと公式Twitterを通して「非難されることは当然であると真摯に受け止めております」「受け入れてもらえるのであれば、直接謝罪をしたい」と謝罪しましたが、音楽担当の進退については言及しませんでした(関連記事)。

 山崎さんは当該記事を掲載したことについて、「インタビュアーとしての姿勢、それを掲載した編集長としての判断、その全ては、いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います」と意識の欠如が招いた結果だとし、「27年前の記事ですが、それはいつまでも読まれ続けるものであり、掲載責任者としての責任は、これからも問われ続け、それを引き受け続けなければならないものと考えています」とコメント。

 「犯した過ちを今一度深く反省し、二度とこうした間違った判断を繰り返すことなく、健全なメディア活動を目指し努力して参ります」と締めくくっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」