2020年3月、シャルル・ド・ゴール空港は廃墟のように静かだった コロナ禍に緊急帰国した留学生が漫画でつづる“あの頃”の記憶

ついに日本へ帰国。

» 2021年07月27日 20時00分 公開
[SONOねとらぼ]

 2020年3月。フランスに留学中だった筆者は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)パンデミックに直面。大学が休校になり、留学プログラムも中止になってしまいます。

 急きょ日本に帰国することを決断し、1日半でむりやり荷造りと部屋の片付けを終わらせた筆者。60キロ超の荷物を抱え、無事に日本へたどり着くことができるのでしょうか? 全7回の連載完結編です。

前回の記事はこちら

書いた人:SONO

 1995年生まれ。漫画家。

 キリスト教、歴史を題材にした漫画を執筆している。著作に『教派擬人化漫画 ピューリたん』(キリスト新聞社)がある。

Twitter:@0164288

退寮手続き

帰国日記

 徹夜作業のおかげで、見違えるほどきれいになった私のお部屋(元・汚部屋)。「もしかして入居した時よりきれいなんじゃないか…!? 寮の人、はやくチェックして! そして褒めて!」と期待しつつ、退寮手続きのために受付へ。すると、その思いに反して「帰国するんですね。じゃあこの書類に記入して。出て行く時、鍵だけ返却してください」と、めちゃくちゃアッサリした対応を受けました。

 恐らく、緊急事態のため手続きが簡略化されていたのでしょう。外出制限のため、寮の運営側も清掃や受付業務を縮小しはじめているという情報もありました。せっかく気合いを入れて掃除したのに……。

 カギを返却後、近くの学生寮に住んでいるフランス人友人宅へ。お別れにプレゼントを交換しました。その際に、教会に返しそびれたゴスペルクラブのローブを預け、外出制限が終わったら返却してもらうようにお願いしました。快く引き受けてくれた友人に感謝です。

さようなら、フランス

帰国日記

 友人宅を出発し、いよいよリヨン・サン=テグジュペリ空港へ向かいます。まず、地下鉄(メトロ)で国鉄の中心駅「パール・デュー」へ。そこから、路面電車の特急号「ローヌエクスプレス」に乗ります。

 正直、帰国までの過程で一番過酷だったのは、この寮からリヨン空港までの道のりです。両手に23キロのスーツケース2つ、今にも破けそうなパンパンの紙袋、背中には15キロ以上詰め込まれたリュックサック。総重量60キロ以上の荷物を抱え、電車を乗り継ぐのはものすごくハードでした。

 普段のフランスならば、重い荷物を持って行動していると駅員さんや通行人が手伝ってくれることが多いのですが、パンデミック下では駅員さんもソーシャルディスタンスを保って行動しており、通行人はそもそもおらず……。ヨタヨタと空港までたどりつき、飛行機の席に座った時には疲労が限界に達しており、「さようなら、リヨン」などと感慨を持つ余裕もないまま、気を失うように眠っていました。

帰国日記

 眠っている間に、いつの間にかパリに到着。シャルル・ド・ゴール空港は、今までに見たことがないほど静まり返っていました。普段はにぎやかな免税店やカフェ、レストランも、全面的に閉鎖されています。人通りもほとんどありません。「もしここで倒れたら、発見されるまで時間がかかるだろうな〜」という不穏な妄想とともに、日本行きの飛行機の搭乗口へ向かいます。

 この日の帰国便の搭乗者は、わずか十数名のみ。普段は狭くて苦痛な3席連結シートも、両隣が空席なのでのびのびと使うことができました。心配していた「飛行機内の3密」も避けられ、間違いなく人生で一番快適なフライトだったといえるでしょう。

日本に着いたけど……

帰国日記

 日本に着いてまず驚いたのは、検疫の簡単さ。新型コロナのPCR検査を受け、結果が出るまで数時間待たされると覚悟していたのですが、実際には、検査が義務付けられているのは「体調不良の人」「感染症危機レベル3に達した指定地域に滞在歴がある人」など、特定の条件に当てはまる人だけでした。私が滞在していたフランスとスイスのフランス語圏は指定地域ではなく、簡単な質問票に記入・サインするだけで解放されました。

 次に驚いたのは、人の多さ。空港でも全てのお店が営業を続けていて、マスクをつけた人々が集まっています。この時期、日本ではまだ緊急事態宣言が出されていなかったので、当たり前なのですが……。外出制限令下のフランスの、廃墟のような静かな街を見た後では、そのにぎやかさに衝撃を受けました。

帰国日記

 空港から自主隔離先までの移動は「公共交通機関を避けて」という指示があったので、父が自家用車で迎えにきてくれました。ただこれはとても幸運なケースで、同時期に緊急帰国した留学生の中には、公共交通機関を使わないと自宅に帰れない人も多く、空港近くのホテルで自主隔離の2週間を過ごすケースもあったようです。

 なにはともあれ、予約しておいたウイークリーマンションへたどり着き、特に症状は出ないまま、隔離期間の2週間を過ごしました。

おわりに

 この記事を執筆するにあたり当時を振り返ってみると、当時の自分自身の考えの甘さや、楽観的すぎる姿勢に驚かされます。それでも、そのときの自分は、限られた情報の中で自分なりに考え、善き行動をしているつもりだったのです。あれから1年以上たち、「今の自分ならこんな行動はしない」という私は、すっかり「アフターコロナの私」であることを実感します。それだけ、コロナウイルスが人を変え、世界を変えたということでしょう。

 この4コマ日記連載は、今回で最終回。筆者の身の丈レベルの生活描写ばかりで、当時のヨーロッパ・フランス情勢を知りたい人にはあまり役に立たなかったかもしれません。でも、私は「私の目線を通した世界」を記録に留めておきたかったのです。最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

これまでの「帰国日記」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」