ニュース
» 2021年08月04日 21時00分 公開

「何もかもキマりすぎ」 矢沢永吉、「1992年のバイクツーリング」激レアプライベート映像に「永ちゃん若すぎ」の声あふれる(1/2 ページ)

愛車・GSX1100Gも超渋い……!

[カナブンさん,ねとらぼ]

 「矢沢のバイクだってバレまくりよ!」──。歌手の矢沢永吉さんが7月16日、自身のYouTubeチャンネル「矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪」を更新。約30年前、1992年に出かけた北海道バイクツーリングの様子を披露しました。

矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 愛車と共に北海道の景色を楽しむ、1992年の矢沢さん(矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪より、以下同)
【EY TV #27】矢沢永吉 1992年北海道ツーリング、「夏の終わり」未公開ライヴ映像!(YouTube/矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪)

 公開された動画は1992年に撮影された貴重な映像。コンサートを終え、久しぶりの休暇をバイクとともに楽しむプライベートの矢沢さんの姿を記録したものです。念願の北海道1周ツーリングのために、愛車「スズキ・GSX1100G」を千歳空港まで空輸して北海道ツーリングを楽しみました。

 「プライベートの時間ってうれしいよね」と愛車にまたがり、さっそうと走り出した後ろ姿からもう渋い……!

矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 愛車「GSX1100G」を北海道まで空輸してツーリングへ
矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 支笏湖をバックにくつろぐ矢沢さん

 支笏湖をバックに一休み、「雰囲気あるよね」と景色の良さに大満足。「明日は300キロくらい走ろうかな」「北海道がこんないいところだとは思わなかったよ」──。自然豊かな道をバイクで駆け抜け、本気で休暇を楽しみ、リラックスしていた様子が映像からも伺えます。途中、トンボを捕まえようと奮闘するおちゃめな場面も……! 「仕事もいいけど、こういうこともやらなきゃだめだね人生は」。

 動画の後半は当時のコンサート映像を挟みつつ、矢沢さんのオンとオフの対比が実にかっこいいロードムービーの雰囲気。2021年、71歳になっても現役の矢沢さん。あのころの北海道ツーリングの思い出を胸に次のステージに向かいます。

矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ ガソリンスタンドで給油する矢沢さん
矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 後ろ姿もキまっています

 ファンからも「懐かしい映像だなぁ」「トンボ捕まえようとする永ちゃんめっちゃキュートやん」「若いね永ちゃん」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)

矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪ 矢沢永吉 Eikichi Yazawa Channel♪
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」