ニュース
» 2021年08月11日 08時30分 公開

小5男子「いつも歩けばぼうにあたる」「右手にかなぼう」 夏休みの宿題の丸つけに頭を抱えるママを描いた漫画が応援したくなる(1/2 ページ)

丸をあげたくなってしまう。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 息子の夏休みの宿題を採点するお母さん。しかしそこに書かれていたのは「破天荒過ぎる」解答で……。苦悩する母の姿を描いた漫画がInstagramに投稿され話題になっています。

「夏休みのお宿題」 とんちかな?

 漫画の作者はyoka(@yoka9003)さん。小学5年生のトモくんと幼稚園年少のナオくん、2人兄弟のお母さんです。

 8月も中旬に入り、全国のお母さんたちが頭を悩ませるものといえば、子どもの夏休みの宿題です! トモくんが通う学校では保護者が宿題の答え合わせをすることになっているため、そろそろチェックを始めなければなりません。

 しかし、トモくんの破天荒すぎる回答を前にyokaさんは頭を抱えることになります。

「夏休みのお宿題」 破天荒過ぎる夏休みの宿題とは……
「夏休みのお宿題」 右手にかなぼう……!

 まずはことわざの穴埋め問題。「い」から始まる「何かをしようとする者は災難にあうことが多い」という意味のことわざといえば、「犬も歩けば棒に当たる」。しかしトモくんは「『いつ』も歩けばぼうにあたる」と回答。いつも当たってしまうのは、何か別の問題を感じます。

 また「鬼に金棒」と答えるところでは、「『右手』にかなぼう」となっていました。確かに、問題に添えられていた鬼のイラストは、右手に金棒を握りしめています。しかし、ここで答えるべきものはイラストの説明ではありません。どちらの回答も、とんちなら100点なのになぁ……!

「夏休みのお宿題」 まだまだ続く
「夏休みのお宿題」 全身が金色の怪鳥タンチョウ

 国語の宿題の定番、漢字問題でも珍回答が連発です。「上(りく)地に上がる」「荷物を配絶(たつ)する」と意味が変わってしまいそうな解答から、回答らんの1マスに無理やり2文字納める荒技も炸裂。

 また、タンチョウに関する文章を読み解く問題では、タンチョウは金色の大型の怪鳥という別次元の生き物へ変貌していました。なぜ、こんなことになってしまったのか。yokaさんの苦悩は続きます。

「夏休みのお宿題」 yokaさんの苦悩
「夏休みのお宿題」 80P以上の丸付けお疲れ様です

 トモくんが通う学校の「夏休みのワーク」は、保護者が丸付けをして、さらに子どもに間違い直しをさせるというシステム。80ページ以上の丸付けだけでも一苦労ですが、さらに回答に全く丸を付けられないとなると保護者の苦悩はなかなかです。yokaさんは、丸つけを「苦行かな?」と感じ始めます。

「夏休みのお宿題」 宿題をがんばるトモくん
「夏休みのお宿題」 スマホではカバーしきれない奥深さ

 トモくんの珍回答により難航する夏休みのワーク。そんな中、yokaさんはトモくんに「人がおいる(老いる)」の漢字を聞かれ、「辞書を引きなさい」とアドバイスします。しかしトモ君は、「それは面倒」とスマートフォンの音声検索機能で調べ始めるます。さすがデジタルネイティブ世代。

 しかし、スマートフォンはなぜか「人がおいる」を「木曽川入る」と認識。トモくんはその結果にうろたえるのでした。夏休みの宿題、甘くない。

 宿題が終わるまで波乱が続きそうなyokaさん一家。子どもたちにとっては楽しいお休みですが、家で子どもたちと対峙する親の苦労がしのばれます。

 一方で、コメント欄ではトモくんの回答が「声出して笑わせてもらいました」「和みます」「爆笑」と大好評。そのセンスに感心する大人が少なくないようです。

 yokaさんのInstagramアカウント(@yoka9003)では、この他にも家族の思わず笑ってしまうような、ほほえましい日常を描いた漫画を多数公開中です。

画像提供:yokaさん(@yoka9003)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」