家主の死、飼い主の入院、金銭問題――猫65匹の「多頭飼育崩壊」はなぜ起きたのか レスキューに立ち会ったボランティア団体が明かす“凄惨な現場”(1/3 ページ)

最後の1匹の“ずっとのおうち”が決まるまで。

» 2021年08月13日 20時00分 公開
[三日月影狼ねとらぼ]

 2020年9月末、埼玉県狭山市内で大規模な猫の「多頭飼育崩壊」が発生。“ふん尿の山になっていた”という劣悪な環境の現場は、飼い主不在のまま約50匹もの猫が取り残されていました。

 人間の身勝手で生み出されてしまった不幸な猫たちを、行政と保護団体の連携により約7カ月の期間をかけて救出。最終的にレスキュー・保護した猫の数は65匹にのぼりました。

 多頭飼育崩壊とは、たくさんの動物を不妊手術を行わないまま飼育したり、家の中と外を自由に行き来させたりすることで動物の妊娠と出産を助長し、いたずらに個体数を増加させてしまった結果、飼育者が動物を管理しきれなくなる状態のこと。

 環境省が発表した平成30年度の資料では125自治体(都道府県、政令市、中核市)への多頭飼育に関する苦情が2064件寄せられています。

 ねとらぼでは、行政からの相談でレスキューに参加した「さやま猫の会」を取材。今回の事件の経緯や「生き延びる力がない子猫はおそらく捕食されてしまった」という凄惨な現場の様子、多頭飼育崩壊への思いなどを伺いました。

さやま猫の会

埼玉県狭山市を中心に、猫の不妊化活動と見守りを行っている猫の福祉団体。増えすぎてしまった猫による問題を解決できるよう、狭山市と協同で提案、助言、TNR(※)などの支援を行ったり、定期的に里親会を開催し、保護された猫たちと新しい飼い主をむすびつけるための活動も行ったりしています。

(※)TNR…Trap(捕獲)、Neuter(不妊手術)、Return / Release(元の場所に戻す)の略。飼い主のいない猫を捕獲し、避妊去勢手術を施す活動のこと。処置時には猫の耳先にV字の切れ込みを入れて、手術済みであることの目印にします。


飼い主の入院でたくさんの猫が置き去りに

――今回の現場で猫が増えてしまったきっかけは

 2013年ころに現場である家の家主が亡くなられ、その方の家族が近隣に住む男性(=今回の飼い主さん)にお世話を頼んだことがきっかけです。当初、男性は3匹の猫を飼育していましたが、拾ってきた猫を不妊をせずに家に入れてしまったことで、徐々に増えてしまいました。

――レスキューに入るまでの経緯を教えてください

 2016年ころ、猫のふん尿に関する苦情が近隣住民から自治会、市役所、動物指導センターに入りました。当時、猫の会で男性に猫の不妊を進めることで合意を得ましたが、金銭的余裕がないことから計画は途中から頓挫します。それでも現場周辺の外に出てしまった猫は猫の会にて不妊し、保護できる猫は保護と譲渡を行い、可能な限り周辺環境を悪化させないように活動を行いました。

 しかし2020年9月、社会福祉協議会から猫の会に「飼い主さんが救急搬送されて退院の見込みが無く、猫が置き去りになっている」との相談が寄せられました。このままでは猫たちの命が危険にさらされるため、急きょ命をつなぐ措置をすることに。

 10月から関係各所と調整を行い、家の持ち主との連絡などを済ませ、11月の下旬になってようやく猫の保護を開始できる状態になりました。そこから少しずつレスキューを進め、2021年6月末に最終レスキューを終えて結果的に65匹の猫を保護しました

「現場はふん尿の山」「子猫は1匹もいなかった」

――レスキュー現場は目を覆うような状況だったとか

 レスキューに入ったところ、屋内には約50匹の猫が放置されていました。そして屋内はふん尿の山になっていて、子猫は1匹もいない状況でした。おそらくですが、生き延びる力がなかったか、捕食されてしまったかと思われます。

多頭飼育崩壊現場 現場の写真。レスキューに入った際、現場はふん尿の山だった(提供写真)

 猫たちは屋内にいたとはいえ、長い間生活音や人の会話などが聞こえない生活感のない環境で暮らしていました。そのためか保護されたケージの内では、緊張した様子を見せている猫が多いように感じました。また中には皮膚がただれてしまっている猫や、肺炎の猫、舌に腫瘍ができている猫もいました。

保護した猫たちは里親を待ちつつ、様子はさまざま

――保護された猫たちの居場所は? また元気に過ごしていますか

 保護した猫は現在、県会議員事務所、動物病院、個人預かりなどで分散して管理しています。猫たちの様子はさまざまで、落ち着いていたり、怖がっていたり、はたまた遊びに応じたりとそれぞれに過ごしています

三毛 レスキューされた三毛猫(提供写真)

 個人預かりは既存のサポーターには預けず、新規にお申し出があった方のところにいます。 既存サポーターを空けているのはもしものことがあった場合に身動きが取れなくなると困るからです。猫たちを預かってくれている皆さまには、感謝の気持ちしかありません。

 不妊化・ウイルス検査・ワクチン接種・内部外部寄生虫駆除などを済ませた猫、医療行為が必要で完治した猫は里親を探しています。

――そうなのですね、里親探しは順調に進んでいますか?

 里親探しは譲渡会をメインに、自治会報、市役所広報に情報を掲載する形で行っています。レスキューした65匹中41匹は譲渡先が決まっています(7月31日時点)が、メディアに取り上げられた2020年12月〜2021年1月はお問合せが多かったものの、2月以降はお問合せが減っているのが現状です

譲渡会 譲渡会の様子、猫の名前や性格(提供写真)

 また市役所と動物指導センター、当会の三者連絡会を継続的に実施しています。市役所では広報と啓発、指導センターは活動団体を含めての指導と引き出し猫達の譲渡、当会は継続して各交渉・保護・管理(不妊等含む)・譲渡を行っています。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  2. /nl/articles/2407/10/news151.jpg 妻との口ゲンカに負けた夫が“仕返し弁当”を作ったら…… ギョッとする仰天ビジュアルに「量半端ないですってw」「笑いと共に鼻水も出ました」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/15/news007.jpg 「気が付かなかった」 実は“ガンプラじゃない”衝撃のガンダムやサザビーが話題 「これはメカメカしくて良い」
  5. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  6. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  7. /nl/articles/2407/10/news203.jpg 夫「ピザ窯作ろう!」突然のDIY宣言→まさかの30分後…… 夢が広がる最高の夕飯に「たまらなく良き」「うちにも欲しい」
  8. /nl/articles/2407/14/news005.jpg 毛糸でリメークした“ユニクロ無地Tシャツ”に「袖を編んでしまうの」「ステキ」 オシャレに生まれ変わった完成形に注目
  9. /nl/articles/2407/15/news012.jpg 2歳娘がリップをお口に塗ると……予想外の展開が330万再生 きっと笑顔になる結末に「こんなん目の前でやられたら尊死するわ…」
  10. /nl/articles/2407/12/news154.jpg コレどうやったの!? “ビンの中でボルトを締める”不思議な木工パズルが1200万再生 「クレイジーだ」「ストレステストかな?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」