ニュース
» 2021年08月15日 12時00分 公開

114年間、伝統の製法が受け継がれる小田原の「鯛めし」東華軒「鯛めし」(830円)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは東華軒の「鯛めし」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 鯛めし 東華軒「鯛めし」(830円)
駅弁 鯛めし 駅弁 鯛めし 駅弁 鯛めし 駅弁 鯛めし 駅弁 鯛めし 駅弁 鯛めし

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

新橋〜横浜間の鉄道が生まれてまもなく150年。その日本最初の鉄道をルーツに持つ、東海道本線の沿線では、いまも老舗の駅弁屋さんが、伝統的な駅弁を製造しています。小田原を拠点とする東華軒の「鯛めし」もその1つ。明治時代の製造方法が受け継がれ、いまも小田原駅・熱海駅などで販売される駅弁の人気ナンバー1を誇っていると言います。小田原名物もしっかり入った「鯛めし」に迫ってまいりましょう。

駅弁 鯛めし E261系電車・特急「サフィール踊り子」、東海道本線・大船〜藤沢間

東海道「鯛めし」紀行・東華軒編(第2回/全5回)

長年、多くの特急・急行列車が行き交ってきた東海道本線。現在の東京〜熱海間の主役は、湘南・伊豆方面への特急列車となっています。昨年(2020年)にデビューしたE261系電車の特急「サフィール踊り子」は、全車グリーン車指定席の快適な観光列車。なかでもプレミアムグリーン車は、いわゆる在来線版グランクラス。懐かしさを込めて言えば、昭和30年代の東海道特急にあった1等車・パーラーカーのような存在でしょうか。

駅弁 鯛めし 鯛めし

昔のビジネス特急「こだま」が行き交ったころよりはるか前から、東海道の旅人たちを見つめてきた駅弁といえば、東華軒の「鯛めし」(830円)です。誕生は明治40(1907)年のこと。今年(2021年)で114年の歴史を誇ります。東海道本線が御殿場回りだった時代、国府津では補助機関車の連結で列車が長く停まり、「鯛めし」を買い求めた乗客も多かったことでしょう。いまも東華軒ではトップの人気を誇り、名物駅弁の1つとなっています。

駅弁 鯛めし 鯛めし

【おしながき】

  • 茶飯
  • 鯛おぼろ
  • ゆず大根漬け
  • 梅干し
  • わさび漬け
  • あさり佃煮
  • 蒲鉾
  • ちくわ
駅弁 鯛めし 鯛めし

東華軒によると、いちばんのこだわりは茶飯の上に載った「鯛おぼろ」。明治時代の誕生以来、調理場で脈々と受け継がれている伝統の調理法で、ほんのり甘く仕上げられていると言います。もちろん、小田原名物の蒲鉾は地元の業者のもの。あさりの佃煮や竹輪といった素朴なおかずやピリ辛のわさび漬け、香の物でアクセントを付けながらいただいていくのが、本当に楽しいひとときです。

駅弁 鯛めし E257系電車・特急「踊り子」、東海道本線・根府川〜真鶴間

金目鯛ゆかりの海・相模湾を望みながら、全車指定席になったE257系電車の「踊り子」が伊豆を目指します。東海道本線屈指の海が見える“絶景”区間で駅弁をいただくのは、やっぱり格別。しかも、明治・大正時代に御殿場回りで東海道を旅した人たちは、この景色は見られなかったことを考えると、丹那トンネルの難工事に従事した人たちへの感謝の気持ちも生まれます。そんな東海道の歴史にも思いを馳せていただきたい鯛めしです。

(初出:2021年6月25日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


「駅弁膝栗毛」バックナンバー

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」