「ソウ」シリーズ4年ぶり新作「スパイラル:ソウ オールリセット」レビュー 9度目の殺人劇は“最恐”を更新したか(1/2 ページ)

みんな大好き「ソウ」シリーズの最新作。

» 2021年09月17日 20時15分 公開
[将来の終わりねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「ハロー、アダム。ゴードン博士。ゲームをしよう」

 鎖でつながれた男2人。中央に横たわる死体。ゲームの始まりを告げる不気味な人形。そして鎖を切ること“は”できない粗末なノコギリ。二転三転する視点、露悪的なグロテスク描写、次第に明らかになる真実。

 2004年、ジェームズ・ワン、リー・ワネル2人の若者を中心に製作された第1作「ソウ」は、極限状況での恐怖と人間のさまざまな感情の機微を描くことで、「ソリッド・シチュエーション・スリラー」という言葉を根付かせる要因になった大傑作だ。

 レンタル映画の棚には模倣シリーズ「JIGSAW」が並び、往年のカルト映画「キューブ」や、同じくワンシチュエーション映画の傑作「フォーンブース」等がフィーチャーされることになった。その約4年ぶりとなる新作「スパイラル:ソウ オールリセット」が9月10日から公開中だ。


 「ソウ」シリーズの魅力は大きく2点に分けられる。まず1つは、公開規模からは考え難いほどの残虐なゴア描写だ。1作目のヒット以来、年イチで更新される「観客に痛みを与えよう」と考えているとしか思えないギミックの進化、「ゲーム」のアイデア、そしてその表現を可能にしたハイレベルなCG、特殊メイク。

 そしてもう1つは物語最終盤に明かされる意外な真実、すなわちツイストを回収していく場面だ。作品中のセリフの断片がつなぎ合わされ、映像が巧みにミスリードしてきた真実がテーマソング“Hello Zepp”――同じフレーズを繰り返しながら、次第に重ね合わさり、爆発的になっていく音圧と共にクリアになっていく快感。結局のところこれがあるからこそ、本作はシチュエーションやキャラクターを変えながらも、1本の筋をもって「ファイナル」までの7作ものフランチャイズとなり得たのである。

 しかしそれにも限度がある。「ジグソウ・キラー」がいかに魅力的な殺人者であるとはいえ、その物語はあまりにも複雑になりすぎてしまったし、トリッキーなシナリオの中心部を手掛けたジェームズ・ワン、リー・ワネルの両名は早くにシリーズを離れた。結果シリーズは回を増すごとに脚本の機微を欠き、ただの悪趣味なスリラー映画との謗りを受けることになる。しかし「“シリーズを終わらせるなら彼を呼び戻すしかない”」という奇跡的なキャスティングのもと、2010年に「ファイナル」をもって完結した。


 2017年に突如新章として公開された「ジグソウ:ソウ・レガシー」から4年、本作「スパイラル:ソウ オールリセット」は再びの新作となる。監督はシリーズ過去作を複数監督したダーレン・リン・バウズマン、脚本は「レガシー」から2人が続投となった。

 タイトルを「オールリセット」としながらも、舞台はジグソウ・キラーが存在した世界であり、厳密にはリブートではない。警察官をターゲットとしたジグソウによく似た手口の猟奇殺人犯を追う刑事ジークと「模倣犯」の攻防を描いた作品となっている。

「模倣犯」から届く犯行声明

 追跡者が刑事であり、これが「ソウ」シリーズである以上、必然的に観客の視点は「殺人者は誰か」に絞られる。1作目はこのような見方を巧みにかわした舞台設定が生きた作品だったが、本作のシナリオは(「ソウ」に対するリスペクト精神を掲げたにしては)あまりにお粗末だ。少なくともシリーズを数作見た人間であれば、殺人者の正体に気がつくのは容易だろう。

 いくつかのミスリードはもちろん用意されており、クリスチャン・ベールの某名作スリラーを引用したカットには襟をただしたところもあったが、結果としては安直な結末に落ち着くところとなった。

 また「ゲーム」を行う上での思想についても不満が残る。過去シリーズでも模倣犯は登場したものの、その思想についてどう考えているかの基本線は少なくとも引かれていた。その点でも本作の終着点、「なぜこのような事件を起こすのか」という動機については、歯切れの良いものではない。今後シリーズをあらたに展開していく、という点でも、少々厳しいのではないかと思う。

 メインテーマ“Hello Zepp”(本作では“Zepp Nine”)の使い方も残念だ。結末に至るまでのシナリオの動かし方がこれまでのシリーズと決定的に異なる以上、これまでのような使い方ができないことは確かである。であるならば、「オールリセット」を名乗っていながら、これまでの人気にすがるようなとってつけた使用はいささかどうかと感じる。

 そしてシリーズの代名詞である人体破壊についても、やはり過去シリーズと比べ大きく見劣りする。シナリオの弱さを補強するかのように加速度的に露悪的になっていった過去のゲームの異質さが、ここでは残念ながら枷(かせ)になってしまっている。ゲームの始まりを告げる不気味なセリフも今回はどうにも味気なく、残念ながらシナリオ、映像共に及第点に達しているとはいえない。


 ホラー映画は不況の時代でも成功しやすい。莫大な予算を必要とせず、限られた期間・舞台での撮影が比較的容易であることに加えて、暗闇の中で怖がりたい、衝撃的な映像を見たいという客層は一定数いる。

 海外ではまさに今「キャンディマン」のリブートが記録的なヒットを飛ばしており、日本でも「クワイエット・プレイス」「ドント・ブリーズ」などをアトラクション的に観劇する、という楽しみ方が増えていることは事実だ。そのような中で再び「ソウ」シリーズを復活させようという試みはホラー映画ファンとして大いに結構、次なる傑作の出現を願ってやまない。

 しかし「ソウ」は既に成熟し切ってしまった、とも思う。いかなるホラーシリーズも作品数を重ねることで次第に行く道は歪んでいく。ジェイソンは「ジェイソンX」(10作目)にて宇宙の流れ星になり、フレディは「エルム街の悪夢 ザ・リアルナイトメア」(7作目)にてメタ作品となることでその役割を終えた。ジグソウの物語もこれで9作目。どうにかしてあと1作は文句なしのうなるものを見てみたい、と望んでしまうのは、悲しいファンの性だろうか。

将来の終わり

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」