ニュース
» 2021年12月17日 18時00分 公開

どうしても部活をサボりたい 「先輩、校舎の窓から落ちました!」(苦しそうな声)とウソをついた“その後”(1/2 ページ)

そうなるのか。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は番外編で「校舎の窓から落ちた(フリをした)」ときのお話を伺いました。

「2、3階から落ちたように見せ掛ければ、部活を休めるんじゃないか?」

 中学生時代、通っていた学校では部活が強制されていたのですが、私は部活がイヤで「どうにかこうにかサボれないものか」という思いが脳内に渦巻いていました。

 それで、窓から落ちたように見せ掛けたことがあります。

―― 普通にサボるのではダメだったんですか? 「今日ダルいから仮病でも使うかあ」とか。

 普通にサボっても、休めるのはせいぜい今日だけ。翌日にはまた行かなけばなりませんから。

―― あ、もう、そういうレベルでイヤだったんですね。

 所属していた部活では「役割事に各教室に集められ、そこで何時間も同じ仲間と自主練する」というのがあったのですが、冬のある日、私はまともに練習せず廊下をブラブラ散歩していると、あるアイデアが脳裏に浮かびました。

 それは「窓の外の雪に跡をつけて、2、3階から落ちたように見せ掛ければ、部活を休めるんじゃないか?」というもの。私は当時、関東地方に住んでいたのですが、このころちょうど雪が大量に降って積もっていたのです。若さからくる猛烈な無敵感などもあって、私はウキウキして、すぐさまその計画を実行しようと思いました。

 まずは「窓から落ちた理由」を作らなければ――― そう思った私は「部活に必要な紙を手に持って窓を眺めていたら、風が吹いて紙が飛ばされそうになった→紙を取り戻そうと窓から身を乗り出したら、落ちてしまった」というシチュエーションを考えました(今思うとメチャクチャバカですが当時は本気でした)。

 それから、雪に“落下の跡”をつける方法。最初は「本当に飛び込もうか」とも思いましたが、いくら積もっていようとも雪は雪。2、3階の高さから落ちようものなら最悪死にますよね。

―― 困りましたね、部活より人生の方が大事ですし。

 では、どうしようか、と。「3階の窓を開けっぱなしにした状態で1階まで降りる→1階の窓から外に出て、雪に“人間が落下した跡”を付ければいい」と思い、その通りに実行。「先輩、落ちました!」(痛そうな演技)と報告したら、他の部員まで“落下跡”を見ようとワラワラ集まってきて……。

―― うまくいったんですか?

 ハッキリ言って、大成功でした。「自分には演技の才能があるのではないか?」と思って、高校では演劇部に入ったくらいです(半年でやめました)。

 さて、体を心配された私は先生のところまで連れていかれ、親も学校に来て、そのまま病院に連れていかれたのですが、ここで一抹の不安がよぎりました。

 「病院の検査で何も出なかったら、ウソがバレるんじゃないか?」と。

―― 医療の目まではごまかせなさそうですが……どうなりました?

 たまたまヘルニアがあることが分かって、しばらく部活をサボることに成功しました。

 親もなんか納得してくれましたね。今になってみると落下とヘルニアって関係ないんじゃないかという気もしますが。

後日談

 そういわけで、部活のない自由気ままなスローライフを過ごすことができたのですが、1つ不思議なことが起こって。

 後日、友人に「実は窓から落下したフリをして部活をサボって……」と武勇伝気取りで話していたら、その友人が「え? 俺もそのとき冬練(冬場の練習)で校内を走っていて、下の廊下からお前のこと見てたけど、普通に落ちてたよね?」とポツリ。

―― 「本当は落ちていないんだ」という話をしたのに、「いや、落ちたのを見たぞ」と返してきたわけですか。

 私のドッペルゲンガーか何かが存在していたのか。それとも、友人がウソでもついていたのか。疎遠になってしまった今では、確認のしようがありません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

その他の「学校で事故った体験談

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」