ニュース
» 2021年09月23日 18時00分 公開

「スイートプリキュア♪」10周年 震災の年に描かれたシリーズ屈指の“優しいラスト”サラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

「#キボウレインボウ#」は、プリキュアソング史に残る名曲なのですよ。

[kasumi,ねとらぼ]

 2021年は「スイートプリキュア♪」放送開始から10周年の記念すべき年です。

 その割に、世間では「ハートキャッチプリキュア!」と「トロピカル〜ジュ!プリキュア」のコラボ映画が話題になるなど、「スイートプリキュア♪10周年」があまり盛り上がっていない感じがあるのですよね。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 「スイートプリキュア♪」の4人(画像はAmazon.co.jpから)

 ですので、せめてここでは「スイートプリキュア♪」のお話をしたいと思います。「スイートプリキュア♪」は東日本大震災の年に描かれた「悲しみを消すのではなく、受け入れ未来へ進むプリキュア」を描き切った、プリキュア史にも残る超々名作なのですよ。

※記事後半に「スイートプリキュア♪」のラストについての描写があります。未見の方ご注意ください。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。


スイートプリキュア♪

 「スイートプリキュア♪」は、2011年放送のプリキュアシリーズ第8作目。「音楽と友情」をテーマとし、キュアメロディ、キュアリズム、キュアビート、キュアミューズの4人のプリキュアが音楽の国メイジャーランドを救うため、妖精ハミィとともに幸せのメロディを不幸のメロディに変えようとするマイナーランドと戦いました。

 前半は北条響(キュアメロディ)と南野奏(キュアリズム)の2人の友情を中心にストーリーが展開し、何度もケンカしながらもお互いの気持ちが近づいていく姿が描かれます。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 前半は北条響(キュアメロディ)と南野奏(キュアリズム)を中心としたストーリーが展開される(画像はAmazon.co.jpから)

 物語中盤では敵の幹部だったネコ型妖精のセイレーンが「キュアビート」へと変身、妖精ハミィの「友達を信じぬく姿」が描かれ、後半戦に入ると「キュアミューズ」の正体と、その家族たちに焦点が当てられる物語構成となっています。

大きなお友達の評価

 ただ、当時の状況をリアルで体験して感じていたのは「スイートプリキュア♪」は、いわゆる「大きなお友達」の評価は例年以上に分かれていたのは確かなのですよね(※プリキュアにおいて「大きなお友達の言葉」は何の意味もないことは承知の上です)。

 2019年に行われた「NHK全プリキュア大投票」の作品部門でも、全15作品中でトップ10外になるなど、やや不遇な扱いを受けることも多いシリーズです。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 序盤のケンカ回の連続が不評だった?(画像はAmazon.co.jpから)

 自分の周りでも前半戦で脱落しちゃった人が多数観測されました。

 ファンから見れば「あの序盤のケンカ回があったからこそ、終盤の神展開につながるんだろうが!」と言いたい気持ちもわかるのですけど、リアル時間で約2カ月間ずっとケンカばかりしていた(ように見える)のを見ていた人の気持ちもわからなくもないのですよ。

中盤から加速度的に面白くなっていく

 でね、この「スイートプリキュア♪」、前半戦は確かにやや遅めな展開なのは否めないのですけど、中盤に入ってからが、本当に神がかった面白さなのですよ。

 スイプリの後半戦見ないで脱落しちゃった人、本当にもったいない!

 第21話でのキュアビート加入、そしてキュアミューズの正体が判明する第35話あたりからのストーリー展開はプリキュアシリーズでも屈指のスピード感で怒涛(どとう)の展開が続き、本当に毎週目の離せない面白さだったのです。

 ラスボス「ノイズ」との激闘とその結末は今もなおプリキュアファンに伝説として語り継がれています。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 中盤で加入する「キュアビート」は元敵幹部のセイレーン。ハミィとの友情が描かれた(画像はAmazon.co.jpから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる