ニュース
» 2021年09月23日 18時00分 公開

「スイートプリキュア♪」10周年 震災の年に描かれたシリーズ屈指の“優しいラスト”サラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

「#キボウレインボウ#」は、プリキュアソング史に残る名曲なのですよ。

[kasumi,ねとらぼ]

 2021年は「スイートプリキュア♪」放送開始から10周年の記念すべき年です。

 その割に、世間では「ハートキャッチプリキュア!」と「トロピカル〜ジュ!プリキュア」のコラボ映画が話題になるなど、「スイートプリキュア♪10周年」があまり盛り上がっていない感じがあるのですよね。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 「スイートプリキュア♪」の4人(画像はAmazon.co.jpから)

 ですので、せめてここでは「スイートプリキュア♪」のお話をしたいと思います。「スイートプリキュア♪」は東日本大震災の年に描かれた「悲しみを消すのではなく、受け入れ未来へ進むプリキュア」を描き切った、プリキュア史にも残る超々名作なのですよ。

※記事後半に「スイートプリキュア♪」のラストについての描写があります。未見の方ご注意ください。

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。


スイートプリキュア♪

 「スイートプリキュア♪」は、2011年放送のプリキュアシリーズ第8作目。「音楽と友情」をテーマとし、キュアメロディ、キュアリズム、キュアビート、キュアミューズの4人のプリキュアが音楽の国メイジャーランドを救うため、妖精ハミィとともに幸せのメロディを不幸のメロディに変えようとするマイナーランドと戦いました。

 前半は北条響(キュアメロディ)と南野奏(キュアリズム)の2人の友情を中心にストーリーが展開し、何度もケンカしながらもお互いの気持ちが近づいていく姿が描かれます。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 前半は北条響(キュアメロディ)と南野奏(キュアリズム)を中心としたストーリーが展開される(画像はAmazon.co.jpから)

 物語中盤では敵の幹部だったネコ型妖精のセイレーンが「キュアビート」へと変身、妖精ハミィの「友達を信じぬく姿」が描かれ、後半戦に入ると「キュアミューズ」の正体と、その家族たちに焦点が当てられる物語構成となっています。

大きなお友達の評価

 ただ、当時の状況をリアルで体験して感じていたのは「スイートプリキュア♪」は、いわゆる「大きなお友達」の評価は例年以上に分かれていたのは確かなのですよね(※プリキュアにおいて「大きなお友達の言葉」は何の意味もないことは承知の上です)。

 2019年に行われた「NHK全プリキュア大投票」の作品部門でも、全15作品中でトップ10外になるなど、やや不遇な扱いを受けることも多いシリーズです。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 序盤のケンカ回の連続が不評だった?(画像はAmazon.co.jpから)

 自分の周りでも前半戦で脱落しちゃった人が多数観測されました。

 ファンから見れば「あの序盤のケンカ回があったからこそ、終盤の神展開につながるんだろうが!」と言いたい気持ちもわかるのですけど、リアル時間で約2カ月間ずっとケンカばかりしていた(ように見える)のを見ていた人の気持ちもわからなくもないのですよ。

中盤から加速度的に面白くなっていく

 でね、この「スイートプリキュア♪」、前半戦は確かにやや遅めな展開なのは否めないのですけど、中盤に入ってからが、本当に神がかった面白さなのですよ。

 スイプリの後半戦見ないで脱落しちゃった人、本当にもったいない!

 第21話でのキュアビート加入、そしてキュアミューズの正体が判明する第35話あたりからのストーリー展開はプリキュアシリーズでも屈指のスピード感で怒涛(どとう)の展開が続き、本当に毎週目の離せない面白さだったのです。

 ラスボス「ノイズ」との激闘とその結末は今もなおプリキュアファンに伝説として語り継がれています。

プリキュア アニメ ニチアサ スイートプリキュア♪ 中盤で加入する「キュアビート」は元敵幹部のセイレーン。ハミィとの友情が描かれた(画像はAmazon.co.jpから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  2. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  3. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  4. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  5. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  6. /nl/articles/2208/15/news030.jpg 犬「頭なめさせて!」父「なめないで!(汗)」 ゴールデンレトリバーと父の攻防がどっちも必死で笑っちゃう!
  7. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  8. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  9. /nl/articles/2208/14/news014.jpg 拾ったときはシャム猫柄だったのに→「気付いたら全身黒くなっていた」 保護猫のビフォーアフターに「どっちも好き!」の声
  10. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい