ニュース
» 2021年12月13日 18時00分 公開

【うっかりおうちで死にかけた】アニメを見ていたら意識消失 約20年前、ポケモンショックで倒れた子どもの“いま”(1/2 ページ)

テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てね。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事を伺う企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は1997年に起こった通称「ポケモンショック」の体験談を伺いました。

※ポケモンショック:アニメ版「ポケットモンスター」第38話「でんのうせんしポリゴン」(1997年12月16日放送)で発生した放送事故。激しい画面の点滅により光過敏性発作などを起こす子どもが全国で現れ、同作は数カ月にわたって放送休止となった。アニメ番組の放送時に「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てね」といった注意喚起が一般化したのは、このトラブル以降のこと。


我が子の死を覚悟したポケモンショック

 もう20年近く前の話なので、覚えている限りでの話になります。

 当時、私は小学生高学年。確か、その日はポケモンが唯一見られるテレビ番組だったので楽しみにしていました。見終わったところで母親から「今日の勉強をしてね」と言われたのですが、次気付いたときには、私は病院のベッドの上にいました。

 次回予告のあたりで、めまいで前後不覚になった記憶があるのですが、その後、翌朝まで意識を失っていたようです。

―― だいたい放送終了後から半日くらい記憶がないことになりそうですね。

 親からの伝聞になりますが、父の車で総合病院に向かったところ、私は車内で意識がないまま吐いたり、けいれんしたり。母は、我が子はもう助からないかもしれないと覚悟を決めたと聞いています。

 ですが、翌朝、病院のベッドの上で目覚めたときには意識もハッキリしていて、めまいもなくて。看護師さんに「どうして倒れたの?」と聞かれたとき、「ポケモンを見ていて倒れました」というのが恥ずかしくて、「ちょっとテレビを見ていて……」とごまかしたことを覚えています。当たり前ですがバレていましたw

―― その後、どうなりましたか?

 取りあえず意識は戻って「一応大丈夫そうだ」となったものの、念のため1週間入院することに。検査のために、暗い部屋で明滅する赤青の光を見る再現実験が行われました。脳波かなにかを調べていたのだと思うのですが、頭に機械を装着していた覚えがあります。

 一方、母に聞いた話では、自宅にはテレビ局の方が見えたり、その後の様子を尋ねるアンケートのようなものが数年にわたって送られてきたりしていたそうです。

―― この一件以降、注意するようになったこと、しなくなったことなどはありますか?

 お医者様からも言われたので、暗いところで明滅する光を見ることは極力避けるようになりました。でも、ポケモンが嫌いになったかというと、全然そんなことはなくて。

 例えば、ポケモンショック後に登場したゲーム版「金・銀」(99年発売)は色違いポケモンを集めたり、セレビィを裏技で手に入れようと頑張ったりするくらいには遊んでいました。

 アニメ版ポケモンもさすがに放送再開直後はちょっと離れていましたが、飽きる年頃になるまで普通に見ていました。具体的に言うと、オレンジ諸島編(99年放送)くらいまではちゃんと見ていた気がします。

 結局、アニメやゲームが好きなまま大人になりましたねw

 今では自分の子どもがポケモンにハマっていて、一緒に「Let’s Go! ピカチュウ」を遊んだり、今放送しているアニメ版を見たりして家族みんなで楽しんでいます。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

その他の「うっかりおうちで死にかけた体験談

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」