ニュース
» 2021年10月08日 12時00分 公開

マツダ、2022年以降の新車種拡充計画を発表 中型SUV5種、“ロータリー”エクステンダー搭載車もいよいよ

SUVをガツンと拡充、ロータリーエンジン搭載EVも〜!

[ねとらぼ]

 マツダは10月7日、2022年以降の新モデル拡充計画を発表しました。「5車種」の中型クロスオーバーSUVをはじめ、ロータリーエンジンをレンジエクステンダーに用いるEV、EV専用プラットフォーム車を順次投入し、2030年までに全モデルの電動化を完了させる計画です。

マツダ 新型車 EV ロータリーエンジン 現行の3列シートSUV「CX-8」(画像:マツダ、以下同)

 2022年から順次投入を計画する5車種のミドルサイズSUVは、Cセグメントクラスの「CX-50」、2列シートの「CX-60」、ワイドボディー2列シートの「CX-70」、3列シートの「CX-80」、ワイドボディー3列シートの「CX-90」の5車種です。

 CX-50は米国市場を主要ターゲットに、米国アラバマ州にトヨタと設立した合弁新工場で2022年1月に生産を開始します。

 この他の“ラージ商品群”も想定市場の需要に応じて、2列シートクラス/3列シートクラス/各ワイドボディーのボディー仕様、パワートレインも直6ターボエンジン/プラグインハイブリッド/クリーンティーゼル+マイルドハイブリッドなど、電動化の拡充を想定した多用な組み合わせを用意します。

マツダ 新型車 EV ロータリーエンジン 現行の中型SUV「CX-5」(画像:マツダ、以下同)
マツダ 新型車 EV ロータリーエンジン 2022年以降に投入予定の新型SUV5車種と想定市場

 また、「ロータリーエンジン」を充電機として活用して航続距離を伸ばすREマルチ電動化技術を搭載したモデルも2022年前半に導入します。既存の量産EV「MX-30」(関連記事)の拡販とともに、2025年に「EV専用」プラットフォームの製品群を市場投入し、2030年までに全モデルの電動化を完了させるとしています。

マツダ 新型車 EV ロータリーエンジン BEVモデルも追加した小型SUV「MX-30」。BEVの課題となる航続距離を補う、発電用ロータリーエンジンを積んだレンジエクステンダー搭載モデルが加わると想定される
マツダ 新型車 EV ロータリーエンジン
photo あの「VISION COUPE」を体現する直6エンジンFR車の計画も……?


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10