ニュース
» 2019年10月17日 12時30分 公開

「ロータリー復活もある!?」 マツダ、「初の量産EV」をチラ見せ 東京モーターショーで披露【写真20枚】 (1/2)

「ロータリーエンジン復活」にも期待〜!

[ねとらぼ編集部, 鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 マツダが、第46回東京モーターショー2019(2019年10月25日〜11月4日)の出展概要を告知。同社初となる「新型EVを世界初披露」する他、MAZDA3(関連記事)、CX-30(関連記事)などの新世代アーキテクチャを採用した2019年登場の新型車、ロードスター(関連記事)、CX-5などの主力市販モデルを出展します。

東京モーターショー マツダ EV マツダ初の量産EVを東京モーターショー2019で公開

 注目はやはり世界初披露する新型EVです。

 マツダは海外で、CX-30の車体をベースにした「e-TPV」と呼ばれるEVのプロトタイプを公開していました。デザインもそれと近い無難なSUV系なのでしょうか、それとも全く異なるテイストなのでしょうか。「ティーザー動画」で、高速道路SAなど各地に設置されるDC急速充電規格「CHAdeMO」に対応すること、内装に使う素材、シフトレバー部、どこかの部品と思わしき意味深なデザインスケッチなどをチラ見せしています。

東京モーターショー マツダ EV マツダの「新型EV」10月23日に初披露
東京モーターショー マツダ EV
東京モーターショー マツダ EV シフトレバーとロータリーコマンダーの様子
東京モーターショー マツダ EV インテリアに使う素材だろうか
東京モーターショー マツダ EV シートかアームレスト辺りと思われる革素材
東京モーターショー マツダ EV ファブリック素材だろうか
東京モーターショー マツダ EV シート背面だろうか
東京モーターショー マツダ EV コルクも使うようだ。どこに使われるのだろう
東京モーターショー マツダ EV
東京モーターショー マツダ EV 意味深なデザインスケッチ
東京モーターショー マツダ EV レンジエクステンダーにロータリーエンジンを用いたEVの独自開発を進めていることを公言していた(2018年10月)
東京モーターショー マツダ EV 小型軽量で省スペース、レイアウトの自由度が高いロータリーエンジンの利点を生かす

 新型EVはMAZDA3、CX-30に続く「新世代車の第3弾に位置付ける」としていることから「近く市販するモデル」なのでしょう。併せて、EVのレンジエクステンダー(発電用エンジン)としてではありますが、「ロータリーエンジンの復活」にも昭和〜平成世代のスポーツカーファンとしては期待したいですね。



 展示ブースは東京ビッグサイト有明エリア南展示棟の南2ホールです。

東京モーターショー マツダ EV 出展車一覧
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.