ニュース
» 2021年10月14日 18時00分 公開

芸能界入りたった1年で「リュウソウジャー」主役の一ノ瀬颯 ヒーローが抱え続けた“コンプレックス”(1/4 ページ)

大河、月9への出演と怒涛のスピードで芸能界を突き進む一ノ瀬さん。

[のとほのか,ねとらぼ]

 2021年に45周年を迎え、若手俳優の登竜門としても知られるスーパー戦隊シリーズ。そんな戦隊ものでデビューを飾ったのが、俳優の一ノ瀬颯(いちのせ はやて)さんです。

一ノ瀬颯 リュウソウジャー 騎士竜戦隊リュウソウジャー ナイト・ドクター ドクターX 蟻原涼平 撮影/じゅげむ

 大学の入学式でスカウトされてから1年もたたずに2019年放送のスーパー戦隊シリーズ第43作目「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系)で主役のコウ/リュウソウレッド役をオーディションで勝ち取り、その後は大河ドラマ「麒麟がくる」の足利義栄役として出演。さらに「ナイト・ドクター」で月9への出演、10月14日からは「相棒」や「科捜研の女」に並ぶテレ朝の看板ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第7シリーズへ研修医の蟻原涼平役として新たに参加するなど、順調すぎるスタートダッシュを切っています。

 一方、スカウト前、合格した大学への入金手続きミスで進学できなくなってしまったというのは、ファンの間では有名なエピソード。「自分には勉強しかなかった」――芸能界入りしてからたった1年でヒーローと呼ばれた一ノ瀬さんの遠回りな人生、抱え続けたコンプレックスとは。

動画で見る

スカウトからたった1年でヒーローに

一ノ瀬颯 リュウソウジャー 騎士竜戦隊リュウソウジャー ナイト・ドクター ドクターX 蟻原涼平

 一ノ瀬さんがデビューを飾った「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、凶悪な敵・ドルイドンから地球を守るために戦うリュウソウジャーの姿を描いた作品。オーディション当初、一ノ瀬さんはヒーローへの憧れを抱きつつも「受かるわけない」と演技経験のない自分に期待していなかったとのこと。

「戦隊が決まったときは、子どもの頃から見ていた作品ですしすごくうれしかったです。オーディションを受けるときは『経験経験!』と思って受けたのですが、合格を告げられたときは鼻水涙手汗が止まらなかった。すぐには実感は湧きませんでしたが、イベントのトークショーで初めて視聴者さんや子どもたちを目の前にして、皆さんの顔を見たとき、自分がやっていることを実感しました。現場での立ち振る舞いや演技の根幹の部分など、全ての土台を作ってくれた作品ですし、ずっと自分の宝物だと思っています」

一ノ瀬颯 リュウソウジャー 騎士竜戦隊リュウソウジャー ナイト・ドクター ドクターX 蟻原涼平 撮影/じゅげむ

 しかし、経験ゼロの状態で挑んだ演技はだいぶ苦戦したようで、当時の印象深いエピソードについてこう語ります。

「師匠と別れのシーンを撮影しているとき、監督から『違う! もう一回』『違う! もう一回』と言われ続け、40テイクも撮り直したことがあります。自分でも何が違うのか全然分からない状態で、いろんな人に迷惑をかけているので申し訳ない気持ちから泣きそうになりながら最後のテイクで『それだよ やればできるじゃん』と言っていただけたことは今の自分を支える成功体験になっていると思います。これから先そこまで時間をかけてもらえる機会もなかなかないでしょうし、すごくいい経験させてもらえました。現在の演技に対する向き合い方であったり、役を大事にするというところにつながっています」

 もともと俳優業には興味があり、在学中の期間限定で挑戦してみようかと憧れを抱いていた一ノ瀬さん。実際に俳優としてデビューし、今後も俳優業を続けるかどうかを悩んだ際、「リュウソウジャー」への出演が大きく背中を押しました。

「在学中、この仕事をどこまで続けるか、これからどうなるのか考えたときに、自分が小さいときに見ていた戦隊ものに今度は自分が見られる側になるんだという使命感や責任感を肌で感じて、これから頑張っていけるかもしれない、と考えるきっかけになりました。(俳優業は)在学中ならと言っていた両親が今も応援してくれているというのは、最初に戦隊という大きい作品に出演させていただいたということも後ろ盾になっていると思います」

 芸能界入りからたった1年で若手俳優の登竜門とも言われる戦隊ものでデビューし、その経験を成長の糧に、大河から月9にも出演。一ノ瀬さんの純粋な演技力が評価され、次々と話題作への出演が決定する好調な滑り出しを見せています。しかし、それまでの人生は“遠回り”だったといいます。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙