ニュース
» 2021年10月27日 13時10分 公開

「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に(1/2 ページ)

切ない!

[幸田彩華,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「納言」の薄幸(すすきみゆき)さんが10月26日にTwitterを更新。収録のためテレビ朝日に行ったところ、警備員に怪しまれて局内に入れてもらえなかったというせつなすぎるツイートを投稿して話題となっています。

 薄さんは、薄暗い部屋でベンチにひとり座る写真をアップし、「テレ朝で収録だったんだけど、なぜだか全然入れてもらえなかった」と悲報を報告。警備員に“牢獄みたいな薄暗い部屋”へと連れていかれ、しばらく閉じ込められていたとのことで、「釈放後のシャバの空気は旨かったです。世の役に立てる様に更生、頑張ります」とやっとの解放となった際の悲しい思いを語っています。

納言 薄幸 すすきみゆき お笑いコンビ テレビ朝日 警備員 テレビ局 「納言」左・安部紀克さん、右・薄幸さん(画像は太田プロダクション 公式サイトから)

 警備員が局の出演者を知らなかったともとれる事態に、ファンからは「お勤めご苦労さまです」「なんででしょうね」と首をかしげる声に加え、薄さんが主にライダースジャケット衣装を着たヤンキーの女性キャラクターを演じている関係上、「どんな格好だったかアップしてほしい」と当日の服装に注目を寄せる声もみられました。

納言 薄幸 すすきみゆき お笑いコンビ テレビ朝日 警備員 テレビ局 薄幸さんのInstagram(画像は薄幸さん Instagramから)

 なお、警備員に止められる有名人といえば、「いきものがかり」のリーダー・水野良樹さんやシンガー・ソングライターの岡崎体育さんもよく知られています。水野さんの場合、NHK「紅白歌合戦」やTBS「日本レコード大賞」の会場入口で、警備員に毎年止められていたことを自身のTwitterで報告していたため、もはや年末の恒例ネタとなっていました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声