ニュース
» 2021年11月05日 18時00分 公開

アトピーを放置したら死にかけた 彼氏と彼女の「感染性心内膜炎闘病記」(2)(2/2 ページ)

[てんもんたまご,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

発症から16日目

 「あさって手術をします、今しかないと判断しました」。だいぶリハビリも進んだころに、主治医から突然の手術宣言をされました。

 僧坊弁(心臓の弁の1つ)の説明や、感染性心内膜症の歴史、手術に関する説明は、実は理系の私には大変興味深かったです(たぶん目を輝かせて聞いていました)。話を聞くのは楽しかったですが、厳しい現実もあります。

 「死亡のリスクは8%です」

 手術中に脳出血が起きた場合、後遺症や死亡のリスクがあるとのこと。今までのリハビリも水の泡になってしまうかもしれません。この8%という数字をどう捉えるべきか考えながら、手術の同意書にサインをするときは手が震えました。

 このころは「食欲がなくても食べなきゃ」と無理やりラーメンや牛丼を胃に流しこんでいたのですが、味を感じませんでした。しんどいときって、本当に味がしなくなるんですね。

発症から17日目(手術の前日)

 この1週間、いろいろな手術待ちの家族に会いましたが、いよいよ私の番か、とふと待合室で仕事する手を止めて考えていました。明日、ずっとそわそわしているのか、それとも落ち着いて仕事をしているのか、全く想像できなかったです。

発症から18日目(手術当日)

 いよいよ心臓の外科手術当日! 菌の巣窟となった心臓弁を切り取り、修復、あるいは人工弁に置き換えます。その日は8時半に病院へ。ツツジがきれいに咲いている朝でした。

 手術前に彼氏に会って、手術室へと連れて行かれる彼氏を見送りました。そして朝9時から手術は始まったのです。手術の予定時間は5時間。

 そのころ私はどうしていたかというと……バリバリねとらぼの記事を書いていました。というか、何もしないで待つ方が無理な話で、仕事をしている方がよほど楽だったのです。でも予定の5時間を過ぎるとさすがにそわそわして待つのが辛くなってきました。授業中の最後の3分間が延々と続いているような、どうにも落ち着かない感じです。

 結局、手術は7時間にも及びました。「もう待っているのはいろいろ限界!」という気持ちになっていた16時10分に手術が終了し、私はICUに呼ばれたのです。

 生まれて初めて入るICUは……とても怖かったです。

 リアルに包帯でぐるぐる巻きになってる人から小さな子どもまでいて、痛々しい姿の他の患者さんたちを見ないようにしていました。

 手術後の彼氏は、自発的に呼吸もせずに手術前よりもたくさんの管につながれ、いろいろな機械類に囲まれていました。輸血パックと真っ赤な管につながれている彼氏の姿を見ると、口の中がひどく乾いて、心臓がばくばくして吐き出しそうになりました。

「大丈夫です、手術は成功してます。手とか握っていいですよ」と外科医にいわれても、身の回りが異常すぎて気が狂いそうだったので早めにICUを出ました。

 手術が成功した実感もあまりなく、ひどく重くなった自分の身体をひきずりながら、なんとなく自分の限界を感じました。ああ、日常が恋しい。

 話によると3日くらいはICUにいるらしいのですが、私はその後の2日間、病院に行けず、ふさぎ込んでしまいました。

【続き】発症21〜57日目

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」