アトピーを放置したら死にかけた 彼氏と彼女の「感染性心内膜炎闘病記」(3)(1/3 ページ)

退院後に感じた「ここまで回復できたのは本当に運がよかった」。

» 2021年11月05日 18時00分 公開
[てんもんたまごねとらぼ]

 みなさん、突然ですがアトピーや虫歯を放置していませんか?

 アトピーも虫歯もとても身近な病気ですし、わざわざ病院に行かなくても……と思ってしまうのも仕方がないのかもしれません。私の彼氏さんも病院嫌いでアトピーをほぼ放置していましたが、それが原因で一時は重篤に。そして、死亡リスク8%の心臓の手術を受けることになったのです。

 これから書くのは、天涯孤独の彼氏さんが「感染性心内膜炎」にかかって退院するまでの、そしてそれをそばで見ていた私、てんもんたまごの闘病記です。

連載一覧

発症から21日目

 夕方にICUに向かうと彼氏はおらず、なんと前日の夜に一日早く出ていたそうでした。

 苦手なICUに行かずに済んで、ちょっとほっとする私。病室につくと彼氏にはペースメーカーがついていました。初めて見るペースメーカーに興味を抱きつつも、「これは一生つくの? それともいつかは卒業できるものなの?」と不安がよぎります。

 この日の夜、つらい気分を変えたくて、生まれて初めて自分でマニキュアを塗ります。帰りにドラッグストアに寄ってマニキュアを購入。爪をパステルカラーのピンクと黄色に塗りました。

 なぜ急にそんなことをしたかというと「よく目に入る爪の色が明るかったらもうすこし頑張れるかな」と考えたからです。実際、かわいく塗れた爪を見て、少しだけ癒されました。

発症から22日目

 この日はポケモンお見舞いイラストで看護師さんの推し「スターミー」を描いて喜ばれました。看護師さんは大喜びで「毎日見に来ます!!」と元気に言われました。

 彼氏は理学療法士さんとリハビリを再開。がんばって歩いてみるも10メートルでギブアップしてしまいました。

発症から23日目

 今日は50メートル歩きました。いきなり昨日の5倍の距離を歩いたので「人間の回復力ってすごいな」と心底驚きました。

発症から25日目

 スターミー推しの看護師さん、今日担当じゃないのに本当にスターミーを見に来てくれました。

看護師さん「スターミーに癒されにきました!」

私「!? よかったらこの絵、差し上げます!」

看護師さん「家宝にします!」

私「!?」

 家宝になるかはおいておくとして、すごく喜んでもらえたようでうれしかったです。

発症から26日目

 彼氏はリハビリが進み、車いすでトイレに行けるようになりました。そして「マイクラしたい!!」と言うくらいにまで回復しました。

 彼も私もゲームが好きです。「少しでも脳のリハビリになるといいな」と思いつつ、翌日、携帯ゲーム機のPS Vitaと2DSを差し入れます。ターン性のゲームならリハビリ中でもゆっくりプレイできるだろうと思って、ソフトは彼の好きなクロノトリガー、ポケモンなどを持っていったのを覚えています。

 また、「マンガを読むのも漢字などを読むリハビリになるかなあ」と思って彼の大好きなマンガ「ダイの大冒険」も差し入れました。私が同作を読むのはこのときが初めてだったのですが、すっかりはまってしまいました。

 このころの不安はなんといっても「生活保護が降りるかどうか」でした。

 手術費・入院費などはまだ請求されていませんが、介護おむつや嚥下(えんげ)用のとろみ調整剤などの生活雑費が多く、金銭的にきびしかったのです。彼氏は天涯孤独だし、今の状況では仕事どころか日常生活も厳しい状況。「きっと大丈夫」とは思っていたのですが、それでも不安でした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」