ニュース
» 2021年11月03日 11時00分 公開

「残さないといけない文化だと思った」 廃業の危機にあった書店、小説家が経営引き継ぐ その思いを聞いた(1/2 ページ)

事業継承に名乗りを上げたのは時代小説家の今村翔吾さん。その背景などを聞きました。

[新谷翔,ねとらぼ]

 廃業のピンチに陥っていた書店の経営に人気作家が名乗りを上げた――そんな話題がTwitterで注目を集めています。なぜ経営を引き継いだのか、どんな店にしていくのか、聞いてみました。

 経営難で廃業の危機に陥っていたのは、大阪府箕面市にある書店「きのしたブックセンター」。1967年創業で、最盛期には4店舗あったものの、全国的な書籍の売り上げ減の中で1店舗に減っていました。

 その経営に名乗りを上げたのは、『羽州ぼろ鳶組』シリーズ(祥伝社)などで人気の、滋賀県に住む時代小説家、今村翔吾さん。今村さんが10月に書店の経営を引き継ぐことをTwitterで明らかにすると、「応援します」「感動しました」など反響がありました。

 「きのしたブックセンター」は今村さんが出資することで、事業の継続を実現し11月1日にリニューアルオープン。作家が書店の経営をするという驚きの事態に至ったいきさつや思いを今村さんに聞いてみました。

オープン前日の様子(左から2番目が今村さん) 画像提供:きのしたブックセンター

―― 経営を引き継ぐことになった決め手は?

今村さん 中高時代の友人から「買い手が見つからない潰れそうな本屋があるが経営に参加してみないか」という相談を受けて、面白そうだったので実際に店舗に赴いてみました。

 すると雨の中、おばあさんとお孫さんと思われるお客さんが来ていて、絵本を選んでいる場面に遭遇しました。その時にこれは残さないといけない文化だと思ったのがきっかけです。また、地域で唯一の本屋だったこともありますね。

―― 経営にどんな形で携わっていくのですか?

今村さん 作家事務所の完全子会社として出資した上で、作家業と平行して経営に携わります。本と出会うことのワクワク感をどうすれば演出できるか現場に立って考えていきます。作家の目線と読者の目線の両方に立った売り場作りをしたいですね。経営の「飛び道具」として作家のサイン会や、イベントの開催も提案していきます。

―― 新しい店はどんな店になりますか?

今村さん これまでの在庫は1万冊程度でしたが、まずは本の量を増やします。最終的には2万冊に近づけたいですね。店舗も全面改装を行い、本を見るには明るすぎた照明の光量を改善したり、お客さんの動線や従業員の働きやすさを考えた配置などに改善したりしました。

 屋号は変えず、従業員の雇用も維持した上で引き続き文化のインフラとしての地域の書店を目指します。従業員は私が経営に乗り出すと聞いたときに「ああ、これでクビになる」と思ったらしいですが(笑)。

―― 書店の経営に携わることになって気がついたことはありますか

今村さん 書店の経営に乗り出したのは縮小し続ける出版業界にいる者として「何もしないより、何かしたほうがいい」という考えからです。デビューしてまだ日は浅いですが、本を広める現場に立つことで私を育ててくれた出版界に恩返ししたいという思いが強くなりました。

 かつての自分がそうであったように、本との出会いは人生を変えます。もっといいものを書きたいというモチベーションにもつながっています。

―― 今村さんにとって書店の魅力とは

今村さん 街の本屋の良さは雑多に多世代が集まることができる場所であることだと思います。コミュニティーとしての魅力がそこにはあります。ネット通販では実現しません。この文化を残すことが大事なのだと思います。

 本との出会いは人の出会いに似ていて人生の交差点です。箕面の人たちにそういった人生を豊かにする場を提供できるように頑張っていきます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」