ここで言えない何かがある劇場版『攻殻機動隊 SAC_2045』 田中敦子、大塚明夫、山寺宏一のオリジナルキャスト3人に聞く本音(2/3 ページ)

» 2021年11月11日 18時30分 公開
[西尾泰三ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

オリジナルキャストが明かす劇場版のポイント

―― 劇場版でのポイントを。過去の『S.A.C.』シリーズでも主軸のエピソードを再構成していましたが、基本的にはそれと同じ形のようですね。追加のシーンはシーズン2につながるものといったところなのかなと予想しました。

田中 ポスト・ヒューマン関連のエピソードを編集し1つの作品として見やすく作っていただいているのは神山監督が今までも取り組まれてきた手法ですね。おっしゃるとおり今回の劇場版はシーズン2への橋渡しにもなっています。それを劇場の大きなスクリーンで観られるのは私たちにとっても魅力的で、楽しみな作品です。Netflixさんで配信されたものとは別の作品、別の視点で楽しんでいただければと。

大塚 シーズン1の配信を観てくださった方も、劇場版を観ておくとおさらいできるし、観ていなかった方も、12話観るのが大変だという方もこれを観ておけば、シーズン2に入りやすいんじゃないかなと。シーズン2の導入部みたいなところもちらほらと出ているので、期待をどんどんくすぐってくれるんじゃないかなと。観た方がいいです。

山寺 全く同じですね。あれだけのクオリティーですから、大画面/大音響で観るのは素晴らしい体験になるんじゃないかと。Netflixさんは全話同時に配信されてぜいたくですが、視聴環境はそれぞれ異なります。劇場で観るのとはまた違うと思います。

 明夫さんがおっしゃったように、劇場版はより分かりやすい縦軸になっていて、ポスト・ヒューマンが一体何なのかがすっと入ってくると思います。シーズン作品とは別な魅力と、しかも今回は藤井道人監督が編集なさって新たな切り口になっているので、そこも見どころです。ぜひ劇場で。

―― シーズン2に期待してほしいところを教えてください。

田中 シーズン1の最後は、トグサが消えてしまうところでぷつりと終わっていて……。

―― トグサの姿がバトーには見えず、タチコマは見えているように振る舞うのに、引き止めるそぶりも見せず明るく送り出すシーンで幕引きとなる奇妙な終わり方でした。

田中 あそこから物語がどのように帰結していくのか。シーズン2はトグサくん大活躍となっていると思いますので、楽しみにしていただきたいです。

山寺 シーズン2に関しては、あんなモヤモヤな感じで特にトグサどうなっちゃったのと思うでしょうけれど、そう思ってる方はとにかくシーズン2に期待していただきたいし、そんな方にこそ劇場版を見てほしい。ここで言えない何かがあるので。

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 田中敦子 大塚明夫 山寺宏一 素子 バトー トグサ 劇場版 インタビュー 劇場本予告ではシーズン1では確認できない新カットも。「生きてるってだけでこんなにも世界は美しいのか……」とつぶやくトグサ

シマムラタカシを演じる林原めぐみのすごみ

―― ここからは、今作での新キャラについて。まず津田健次郎さんが演じたスタンダード。シーズン1の中盤で離脱しますが、また戻ってきてもおかしくない描かれ方でした。スタンの出番はシーズン2でもあるのでしょうか?

大塚 この話言ってもいいのかな……? (周囲のスタッフが苦虫をかみつぶしたような表情になる)

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 田中敦子 大塚明夫 山寺宏一 素子 バトー トグサ 劇場版 インタビュー

―― なるほど。今の反応が雄弁に答えを語ってくれました。では、次にプリンです。内務省保安局所属のキャラですが、なぜか配属前からバトーのファンだったり、ポスト・ヒューマンとは人間の脳がネットにつながることから起きた人類の進化なのかと嬉々として問うなど、違和感を覚える箇所が多い描かれ方でした。シーズン2のポスターでもプリンはタカシより大きく描かれていて、極めて重要なキャラと位置づけられている印象です。この理解は当たらずとも遠からずでしょうか?

大塚 イエス……。

―― 言いにくいであろうことをギリギリのラインで表現してくださってありがとうございます。プリンはバトーとの絡みが多くなるだろうと私は予想しているので、大塚さんのお答えでいろいろ察しました。

山寺 ねとらぼさん深いんだよ(笑)。よく分かってる。

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 田中敦子 大塚明夫 山寺宏一 素子 バトー トグサ 劇場版 インタビュー

―― (山寺さんねとらぼ見てくれている……)ありがとうございます。では最後に再びシマムラタカシについてです。攻殻機動隊において、私は公安9課が相対する存在も重要と考えています。『S.A.C.』シリーズでいえば笑い男をはじめ、クゼ・ヒデオや合田一人、傀儡廻などです。

 『攻殻機動隊 SAC_2045』では、ポスト・ヒューマンに覚醒した14歳の少年・シマムラタカシがその役割を果たしています。シーズン1での登場話数は多くないですが、後半の見どころになるのは彼で、林原めぐみさんが演じていらっしゃいます。

 林原さんが『S.A.C.』シリーズに出演するのは初ではないものの(編注:2nd GIGにアサギ・ルリコ役で出演)、役への入り方、理解力、表現力などはさすがだと感じます。林原さんがシマムラタカシを演じられることが皆さんにどんな刺激をもたらしたか教えてください。

大塚 彼は……彼じゃないか。彼女の芝居ってすごくて、役をどうこねくりまわして作っていくかではなく、意志がそのまま音になるようなせりふを話す。第二次性徴を迎えた14歳の男の声でなかったとしても何の違和感もなく、脳で考えたことが音として言葉になっていて、シンプルにクリティカルヒットしてくる。それこそが彼女のすごみ。すごむだけが敵じゃないし、かえってすごみが増す感じがします。

田中 本当に今大塚さんがおっしゃったことそのままで、彼女は幼いころと14歳のタカシの両方を演じ分けられていらっしゃいますけど、幼いころのタカシ、14歳のタカシ、ポスト・ヒューマンとしてのタカシを、作ることなく自然に演じられているところが素晴らしいなと。私もシーズン2でタカシと会話をするシーンがありますが、本当に自然に演じられていましたね。

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 田中敦子 大塚明夫 山寺宏一 素子 バトー トグサ 劇場版 インタビュー

―― タカシの前に登場したポスト・ヒューマンは、「既存の社会構造の転倒」をそれぞれのレイドで達成しようとします。劇中、究極の民主主義とされる“シンクポル”というタカシにとってのレイドは、結果的にタカシを絶望で包んだようですが、その後、郷愁を誘うプログラムを残し、トグサがそれにあてられることで話が進んでいきます。

 そういう意味ではタカシとトグサの関係が見ものですが、山寺さんは『カウボーイビバップ』のスパイクとフェイのように林原さんとの共演も多いですよね。先に出てきた言葉で表現すれば、林原さんも“きょうだい”と言えそうですから、山寺さんの林原さん評もうかがいたいです。

山寺 林原さんは……林原さんって言ったことないんだけど(笑)、親友というか、一番共演が多いのですが、天才だといつも思っていて。プライベートでは怒られてばかりな間柄なんですけれども。ここまで『攻殻機動隊』の世界観を分かっているのがすごいなと。そういう話は本人とはしていないですが。

 シーズン1では一緒に録れなくて、今回もコロナでなかなか一緒に録れなかったんです。タカシが結構しゃべっているときに僕は別班で、一緒だった明夫さんが(アフレコブースから)出てきて「すげぇぇぇぇ」って言ってて、やっぱりそういうことなんだなって。

 あの人、ちょっと化け物っぽいところがあって、「(キャラが)降りてくる」みたいなこと言っていて。だから、「サスティナブル・ウォーとか全世界同時デフォルトって本当に分かってんの?」って聞いてみたかったです。そんなところでマウントとってどうすんだって自分でも思うけど(笑)。

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争 田中敦子 大塚明夫 山寺宏一 素子 バトー トグサ 劇場版 インタビュー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」