ニュース
» 2021年12月06日 18時02分 公開

「娘の誕生日祝いに動画を作って」クリエイターを狙った詐欺の手口が巧妙 実際にだまされそうになった報告が恐ろしい(1/2 ページ)

もらう側が取られる側に。

[ケンゾー,ねとらぼ]

 知らない人からSNSで仕事の依頼を受けたら、お金をだまし取られそうになった――アメリカ在住でドキュメンタリー作品を撮っている椎木透子さん(@tokophotoko)が引っ掛かりそうになったInstagram経由の詐欺がかなり巧妙な手口です。今回のケースは日本ではなじみのない電子小切手を使った手口でしたが、米国在住、または米国に移住される方はもちろん、「お金を振り込んでもらうはずがいつの間にか自分が支払う側になっていた」という還付金詐欺と似たものがあり、日本に住むわれわれも注意が必要です。

詐欺師のいらすと 要注意です(画像は「いらすとや」より)

 椎木さんによると、相手はまず自身のInstagramのダイレクトメッセージ(DM)で「娘の誕生日の為に、スライドショウの編集を依頼したい」と連絡してきました。報酬額は300ドル(日本円で約3万4000円)。スライドショーで使う写真と「オリジナルの曲」だという音楽も送ってきました。

 椎木さんがその音楽を聴くと、体が弱い娘を持つ、母親の愛情が伝わってくるような歌詞だったといいます。人の良心を利用し、応じやすくするための手口と見受けられます。写真も30枚程度と膨大な量ではなかったため、椎木さんは受けることにしました。

 しかし、メールでやりとりする段階になって、椎木さんは変だと思いました。相手のメールアドレス上の名前がInstagramで名乗っていた名前とまったく違ったからです。ただ「誰かのメールを使っているのかな」と椎木さんは考え、依頼通りスライドショーの動画を作成。相手に送りました。相手は「気に入りました!」という文章とともに、報酬額を電子小切手で送ると返事してきました。

 数日後、相手から「どうやら間違って10倍の金額を記入し小切手を作成してしまった。そのまま受け取ってもらって残額を送り返してほしい」という内容のメールが届きます。椎木さんは、電子小切手でないといけない理由が分からず、「あなたを信じている」と電子小切手を受け取ったうえで返金するよう執拗に迫ることなどから「めっちゃおかしい!」と感じたといいます。

 そこで調べると、換金できない偽の小切手を送って「過大に金額を送ったので返金してほしい」と促し、送金させるという詐欺があることが判明。そして「もしかして……」と思い、送った動画のリンクの履歴を調べると、ダウンロードしていないだけでなく、一度も動画を見ていないことが分かりました。見もしないで気に入ったと言っていたならやはり詐欺だろうと思いました。椎木さんが「誕生日プレゼントだと思って受け取ってください。お金はいりません」と伝えると連絡が途絶えました。椎木さんは「落ち込み頭をぶつけ、痛いし馬鹿だなと悲しいし」と投稿しており、金銭的な被害こそなかったものの、精神的なダメージは大きかったようです。

詐欺の構図 相手のいうことを信じてはいけません(画像は「いらすとや」より)

 リプライ欄では、「とんだ災難でした。。。 ほんと、あの純粋な気持ちを返せ!!ですよね」「ホントに人様のお金を騙し取ろうとする輩は、悪知恵が働くものなんですね 怖いわぁ」というコメントなどが寄せられています。

 騒動後、あらためて椎木さんにお伺いしました。

――どこで違和感を覚え、どこで詐欺と確信しましたか?

椎木さん  完成した動画を送るために、相手にメールアドレスを教えてもらったときです。Instagramでは女性の名前だったのですが、メールアドレスは男性の名前になっていて、「あれ?」と感じたのが最初の違和感でした。

 あとは今にして思えばなのですが、送られてきた写真や動画のファイル名が、いかにもFacebookなどからダウンロードしたような機械的な文字列になっていて、「どうせならSNSなどに載せたものではなく、元の画像を送ってくれればいいのに」とも思っていました。

 ほかに手段はあるのに、電子小切手を使わないといけないのはなぜなのかも疑問でした。相手は、「電子小切手しか使えない、間違えた小切手をマネジャーがまだ送らずに保管している」と説明していました。でも、そもそも金額を間違えた小切手をまだ送っていないのなら、キャンセルすればいいんです。そのうえ、「電子小切手を受け取って返金してほしい。あなたを信じているから」とかなり勧めてくるので「おかしい」と思い、送った動画のリンクをチェックしたら観ることもダウンロードもされていなかったので疑いが確信に変わりました。

――電子小切手は一切振り込まれなかったのでしょうか?

椎木さん 先方の話を私が拒否したので、最終的には送られてきませんでした。

――「e小切手(電子小切手)」はアメリカでは一般的なのでしょうか?

椎木さん e-check(電子小切手)を使っている人はまわりではあまりいません。通常の小切手を使う人はいまでもいます。

――なぜ相手は小切手にこだわったと思いますか?

椎木さん 銀行で小切手を換金して自分の口座にお金が入るまでには数日かかります。(偽物の小切手でも)正式な小切手と同じようにいったんは銀行に受理されるので、先方から「お金が必要なのですぐに多く払ったものを返金してほしい」と催促されれば、まだ現金の受け取りが確認できていないのにすぐに送金してしまう人もいるかもしれません。 特に小切手は日本では使わないので、そのことを知らないと引っかかってしまう人はいるかもしれないなと思いました。

――米国に住んでいてこうした手口に遭わないために気を付けていることなどはありますか?

椎木さん  まず、電話なら切って今後受け取らないようにし、メールやショートメッセージも今後受け取らない設定にします。まったく知らない人からSNS経由で依頼が来た場合は詐欺か疑う方がちょうどいいかもしれないですね。また、本来なら契約書をつくってから仕事に入るのですが、小一時間でできる簡単な仕事なのでそれも飛ばしてしまいました。もしかしたらうその名前でサインされていたかもしれないですが……いずれにしても証拠として手元に残るものは多い方がいいですね。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」