きらら史に残るラスボス「日常系部活ものに呪われた卒業生」が生まれた理由 『ステラのまほう』完結記念くろば・Uインタビュー(2/2 ページ)

» 2021年12月25日 20時00分 公開
[ましろねとらぼ]
前のページへ 1|2       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

たまちゃんでは、照先輩はたぶん救えない

――照先輩の存在自体は第1話からすでに示唆されていましたが、終盤はその照先輩を中心に物語が進んでいきます。この構想は早い段階からあったんでしょうか。

くろば・U:実のところ、照先輩をここまで重要なキャラクターにする予定は連載当初の時点ではありませんでした。『ゆゆ式』のゆずこみたいに、一見ふざけているように見えるけど、頭の中ではいろいろ考えて行動しているという、意外性のあるキャラクターを自分のマンガにも出したいなと思っていただけで。

――そうだったんですね。『ステラのまほう』の根幹を担うキャラクターといっても過言ではないので、最初に照先輩の設定を考えたのかも……とすら思っていました。

くろば・U:初期のころは、時々ふらっと現れては後輩たちにアドバイスを送って去っていく、お助けキャラくらいのイメージで描いてましたね。けれど物語が進むにつれて、部活動に入れ込みすぎて第一志望の大学に落ちたとか、滑り止めで入った大学も自主退学したといった要素が自然と増えていって。

――太陽のような存在として登場しただけに、深まる闇とのギャップに読者がざわめきだした時期ですね。

くろば・U:この子を動かしているものは何だろうと考えたとき、「生きる意味が見出だせないから、明日死んでも後悔しないように今日できることをする」という、行き過ぎた刹那主義が根底にあるのかなと。そこからあらためて、百武照という人間を構築し直した感じです。

どんどん正体を現していく照先輩

――照先輩がそうした考えに至ったのには、彼女の家庭環境も影響していたことが明かされます。ただ、くろば先生は数年前に「照先輩の過去は暗すぎて描けない」と仰っていたような。

くろば・U:そんなツイートしましたね……(笑)。確かに当時はそう思っていたのですが、いざこの作品を完結させようと決めたとき、最後にちゃんとした形で救ってあげたいのは誰だろうと考えたら、やっぱり照先輩だったんです。

母親を“照”らすために生まれた女の子

――ラスボスでもありヒロインでもあるというか。「ドキドキ文芸部」のパロディが本当にしっくりきますね。

くろば・U:そのため、10巻では照先輩の過去話が多くなったんですけど、照先輩が語り出すたびに枠の外が『棺担ぎのクロ。』みたいに真っ黒になるので、読者を置いてけぼりにしていないかヒヤヒヤしながら描いていました。

――最終回の直前、失踪騒ぎを起こして精神的に不安定になっていた照先輩に声をかけたのが歌夜だったのは意外でした。歌夜のときも乃々のときも、悩みを抱えている人を救ってきたのはいつも珠輝だったので。

くろば・U:あの役割は歌夜に任せようと決めていました。光属性の珠輝では、闇属性の照先輩はたぶん救えないんです。

――この前、相崎先生が描かれていた通りだったんですね……。

くろば・U:物語の後半で、照先輩と珠輝はルームシェアを始めたりして親密になりましたけど、言ってみればOGと現役生の関係なわけで。照先輩の闇を払うのは、SNS部の初期メンバーである現3年生、特に自身も照先輩との出会いによってよく笑うようになったというルーツがある歌夜でなければならなかったと思います。

「未来」を見つめるキャラクターたちの中で、照先輩だけは「過去」を見ていた

――照先輩は、暇つぶしで立ち上げたSNS部の活動に歌夜たちを巻き込んだことを後悔していて、卒業したら後腐れなく決別するつもりでいました。しかし実際は、定期的に後輩に会いに行くなど、未練を捨てきれていなかったようにも見えます。

くろば・U:照先輩のキャラクターは、『ステラのまほう』のテーマから逆算して掘り下げていきました。この作品を一言で表すと、高校生たちの行く手に広がる「未来」を描きたかったんです。

――「未来」ですか。

くろば・U:SNS部の現役生たちは、進路に対する不安や、自分の実力と理想とのギャップに悩むこともあるけれど、その先には無限の可能性が広がっていて、みんな前を向いて歩いているんです。余談ではありますが、物語の結末も、作者の僕が「あなたは将来こうなりますよ」とキャラクターの未来をひとつに決めるのではなく、読者の皆さんに想像していただくような形にしました。

物語の終盤、珠輝は将来を見据えて理系クラスに転入する

くろば・U:だけど、照先輩だけはいまだに高校時代の楽しかった思い出に縛られ続けている。「未来」へのアンチテーゼとして「過去」に囚われたキャラクターを出すのは、物語に深みを与えてくれるんじゃないかと思いました。

照先輩にとって、SNS部の存在は救いでもあり呪いでもある

瀬古口:今の話を聞いて納得がいきました。他のキャラクターに比べて照先輩が異質なのは、ひとりだけ向いている方向が逆だからなんですね。

くろば・U:だからこそ、照先輩を過去の呪いから解放して、この作品を完結させるために、SNS部は解散する必要があったんだと思います。

――部活ものの作品で、その部活を解散させて終わるとは思っていませんでした。

くろば・U:『ステラのまほう』のアニメが放送されていたころ、ある読者の方が「第1話でたまちゃん(珠輝)が入部していなかったらSNS部は解散していたのでは?」と考察されているのを見たことがあります。確かにその通りだと思ったし、別にそれはバッドエンドでもなくて、むしろ照先輩にとっては、卒業してすぐ解散してくれていたほうが幸せだったのかもしれません。

照先輩が魔法を使って立ち上げたSNS部は、本来なら彼女の卒業と同時に消滅する運命だったけれど、珠輝という別の魔法使いが現れたことで幸か不幸か存続する運びとなった。ここからどうやってSNS部を解散させつつ、物語をハッピーエンドに結び付けるかというのは、最終巻の構想を練りながらずっと考えていましたね。

SNS部解散しました

――照先輩の、「明日死んでも後悔しないように」という生き方自体は別に悪いことでもないし、理解できる部分も多いです。くろば先生も似たような考えは持っていますか?

くろば・U:わざとオーバーに描いているところもありますが、僕も10年前までは照先輩に近い考え方をしていた気がします。当時はマンガ家としても軌道に乗っておらず、未来に対する希望がまったく見えなかったので、せめて悔いだけは残さないようにしたいなって。もちろん、今はおかげさまで生活も安定してますし、そんなことは考えていませんけど。

――照先輩にとってのSNS部のように、くろば先生にとっては『ステラのまほう』という作品が支えになったんでしょうか。

くろば・U:9年間も一緒にいるのだから、もう自分の子どものようなものですよね。その子が来月から親元を離れて、僕自身にどんな変化が起きるのか少し不安もありますが……、まあ、今さらそんなに変わらないんじゃないかと。次回作についても瀬古口さんと打ち合わせしてますし、仮にマンガ家でなくなってものんびりゲームを作ったりして、明後日は何をしようかなと考えながら生きるのも悪くないと思っています。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/04/news113.jpg フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. /nl/articles/2403/04/news031.jpg 弟を出産したママをお見舞い、1歳息子が見せたけなげな姿が500万再生 かみしめる下唇に「背中から抱きしめたい」「涙腺崩壊」
  3. /nl/articles/2403/04/news068.jpg 急に片耳がたれたワンコ、慌てて病院にいった結果…… 「こんな可愛い診断結果初めて見たよw」「笑っちゃった」と反響
  4. /nl/articles/2403/04/news086.jpg 明治のキャンディー「チェルシー」3月に終売 「販売を終了せざるを得ない状況」で53年の歴史に幕
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2205/10/news146.jpg フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  7. /nl/articles/2403/04/news021.jpg 6歳娘「ママはどうしてパパと結婚したの?」 かわいい質問に隠された真意と軽快なトークに「人生何周目なん!?」「終始爆笑w」
  8. /nl/articles/2403/04/news096.jpg 辻希美、長女&長男の珍しい“年頃コンビ”ショット すっかり大人びた姿に感慨「16年前は想像も出来なかった」
  9. /nl/articles/2310/12/news116.jpg 1歳息子に付き合う柴犬、困惑しながらアンパンマンカーに乗り…… 優しい兄犬に「ワンコの表情w」「癒やされました」
  10. /nl/articles/2403/04/news016.jpg 眠る弟に膝枕する兄、カメラ目線で「し〜っ、だよ」と教えてくれた次の瞬間……! 衝撃の展開に「面白すぎる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」