ニュース
» 2022年01月18日 21時00分 公開

松任谷正隆、新型シビックでガチな“カーオーディオ論”語る 「目からウロコの着眼点」「納得感と感動しかない」(1/2 ページ)

さ、さすが……! カーオーディオの見方・聴き方・意識が変わっちゃいます。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 音楽プロデューサーの松任谷正隆さんが、モータージャーナリスト・河口まなぶさんのYouTubeチャンネル「LOVECARS!TV!」に出演。新型シビックに搭載された新しいBOSEサウンドシステムを体験し、「さ、さすがだ……!」と多くのクルマ好きが思わず目からウロコとなった“カーオーディオの在り方”を語りました。

新型シビック BOSE 松任谷正隆 「YouTubeに出るのは初めてかも」と新型シビックに乗る松任谷さん(LOVECARS!TV!より)
新型シビック BOSE 松任谷正隆 photo 新型シビック BOSE 松任谷正隆 新型シビック BOSE 松任谷正隆 新型シビック BOSE 松任谷正隆 新型シビック BOSE 松任谷正隆
松任谷正隆さん とドライブトーク! ホンダ・シビック搭載の BOSE プレミアムサウンドシステム を試聴しながら、ラブカーズTV 河口まなぶ が松任谷さんにアレコレを聞いてみた!(YouTube/LOVECARS!TV!)

 松任谷さんは言わずと知れた名音楽プロデューサー。またクルマ好きならば一度は見て通る長寿カー番組「カーグラフィックTV」(関連記事)の名司会者としても馴染み深いガチなカーマニアです。

 今回松任谷さんが河口さんと試乗したのは、2021年9月にフルモデルチェンジした「新型シビック」(関連記事)の上位グレード「EX」。このグレードには、ホンダ車への標準機能として約10年ぶり(2012年に生産を終えた4代目レジェンド以来)というBOSEによる特別なサウンドシステム「BOSEプレミアムサウンドシステム」を標準搭載します。「独自のサラウンド技術“Centerpoint”を採用し、全席でコンサート会場にいるようなプレミアムな臨場感を実現する」とうたいます。

新型シビック BOSE 松任谷正隆 (参考)新型シビックのEXグレードに標準搭載する「BOSEプレミアムサウンドシステム」(画像:ホンダWebサイトより)

 まずはクルマを好きになったきっかけ、カーグラTVをやるようになった経緯から、初めて買った愛車「カローラ・スプリンター」の思い出、トヨタ・パブリカの車名公募で「ファミリアで投稿」(後に、マツダから同車名が登場)したことなどをいつもの穏やかな口調で語ります。

 「当時はカローラとスプリンターは独立した車名ではなく、カローラの2ドアファストバック。カローラの1グレードだったんだよね」「59万円でした。今の金額と比べると安いけど、当時はすごく高かったんですよ」──。など、懐かしいクルマ歴史話で盛り上がりつつ、では、と新型シビック自慢のオーディオシステムをオンにします。

新型シビック BOSE 松任谷正隆 初めての愛車「カローラ・スプリンター」を懐かしみつつ……

 「このくらいじゃないと(ボリュームを上げないと)、全部の音は聴こえてこないです」。自身で操作してボリュームや設定を試す松任谷さん。BOSEプレミアムサウンドシステムは、車速に応じて音質を自動調整する機能「Dynamic Speed Compensation」も備えます。

 音楽は、コンサートホールの生音で聴くこともあれば自宅で楽しむこともあります。静かなところで高級スピーカーで鳴らすシーンもあれば、電車の中でスマホとワイヤレスイヤフォンで楽しむことも多いでしょう。そして、エンジン音やロードノイズ、風切り音などの雑音が多々ある意味過酷な環境で聴くシステムも。それがカーオーディオです。「だから、クルマ用の再生機器を開発するのはすごく大変だと思いますよ」(松任谷さん)。

新型シビック BOSE 松任谷正隆 低音のよさに反応する松任谷さん。プロの評価はいかに

 そうそう、松任谷さんは車内で音楽を聴くのですか? 「運転が単調になってきて刺激を入れたいときに聴くかもしれません。でも……」。

 「自分の頭の中で音楽はいつも鳴ってるから(聴かないかな)」。

 「うわー、名言キター」(河口さん)。

新型シビック BOSE 松任谷正隆 「運転しながら感じる音楽と、助手席で感じる音楽って違うんですよ」その理由は……

 「メーカーは難しい環境である“車内”で聴く音づくりをすごく意識して、苦労して作っていると思います。実は、1個だけまだ分かっていないことがあるんですよ」と松任谷さん。

 「それはハンドルからくる振動です。手のひらで感じる情報ってすごく大きくて。だから、運転しながら感じる音楽と、助手席で感じる音楽って違うんです」。

 「だから今(助手席に乗っている)僕は、ハンドルを握っていないときの音色にしたい。でもそれだとドライバーはきっと物足りないことになります」。

 「見方を変えると、クルマの中で聴くということ自体が原音忠実なんてナンセンスって話なのです。だったら、クルマの中のエンターテインメントでいいじゃない、という考え方が正しい気がしますよね。(BOSEは)クルマのオーディオとして最も向いているメーカーじゃないかなと思います。色んなものを再生しても大丈夫。“タフ”な感じというのかな。クルマの中では“自分の好きな音が鳴ればいい”、それが心地いいことだと思います」。

 シビック専用に作られたBOSEプレミアムサウンドシステムを松任谷さんは、「初代シビックを知るものとしては驚きますよ」「BOSEとシビックは、いいマッチングだと思いますね」とじっくり堪能。松任谷さんが評価した新型シビックのサウンドシステムはどれだけ心地よい音なのか、自車のカーオーディオとどれだけ違うのか、一度聴いてみたくなりますね!

新型シビック BOSE 松任谷正隆 シビックの内装の仕上がりや走りもズバッと評価していた松任谷さん

 ファンからも「音の世界は本当に奥が深いですね」「松任谷さんの音に対する感性やウンチクには納得感と感動しかない」「何がすごいって、普段思ってて言語化できなかった車内環境下のオーディオの感覚を全て言語化してたこと」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  7. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  8. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  9. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響