レビュー
» 2022年01月23日 12時00分 公開

ギリギリで生活している人たちの強い味方 同人誌『半分寝ながらでも作れる限界飯』が教えてくれる“めんどう”との戦い方司書みさきの同人誌レビューノート

現代社会を生きる戦士たちへ。

[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 慌ただしい年末年始のあれこれをこなしてきたはずなのに、なぜかまだ忙しい……むしろ忙しさが加速しているのでは? というときに、自分好みのあたたかいごはんを食べると、ほっと力が抜けます。今回は、いろいろと立て込む前に知っておくと味方になってくれそうなご本です。

今回紹介する同人誌

『半分寝ながらでも作れる限界飯』B6 44ページ 表紙本文インク替え色刷り

著者:ばんちょ


同人誌の表紙 お茶碗からめらめらと立ち上る闘気? 限界具合を感じます

「半分寝ながらでも作りたい」ごはんとキッチン回りお役立ち集

 今回の同人誌のタイトルは『半分寝ながらでも作れる限界飯』です。なるほど、限界と感じる状況でも簡単に作れるレシピ集なのかな? と手に取りました。しかし、ページを開いた第一印象は「あっ、これちょっと手が掛かってますね!?」でした。例えばカット済みの野菜とウインナーを炒めるレシピ。包丁を使わずにフライパン一つでできるのがありがたく、味付けのポイントになる粒マスタードがおいしそうなんです。ただ、粒マスタードを常備してたかな? と自宅の調味料棚の層の薄さが頭をよぎってしまいました……。

 いえ、ご本のレシピは「絶対にこうしなさい」という指示はないんです。極力手順が少ないシンプルな作り方なんです。でもおいしそうに描いてあるからその通りにやってみたい気持ちと、そもそも限界のときには炒めることすらせず、“買う”を選んでしまうかも。いや、がんばって“あたためる”かな……と自らのやる気のなさを振り返って、気付きました。そうか、このご本は、限界でもごはんを“作りたい”人のご本なんだと!

同人誌の本文 菜の花とウインナーに粒マスタード。おいしそう

そこ面倒ですよね! のありがたい共有感

 「限界のときに料理できないかも……」と自分のやる気のなさを感じつつちょっと遠い目になっていたのですが、ご本を読み進めるにつけ、「これは知っておいてうれしいかも」「これは限界のときじゃなくても試してみたいな」という気分になってきました。だんだん「できないなぁ」が「知ってるとうれしいな」へと気持ち向かっていった要因の一つは、そこここに表れる面倒くささとの戦いが率直に描いてあることでした。

 ご本には簡単なレシピと、キッチン回りの便利グッズのご紹介などが載っています。そのページに踊る「待っていられないので」「洗い物めんどう」の文字。それにどう立ち向かったかのアイデア、「こうしたら良かったよ」という体験が惜しみなくイラストとコメントで共有されています。すっぱいフルーツに当たったときの対策、軽くてフタ付きの食器の紹介、と言った味覚や体感を直接サポートする情報から、めん類はゆで時間が短い方がいいからなんでも細いものを選ぶ、など、気持ちのつらさを解消できそうな案も、1ページごとにコンパクトにまとまっています。

同人誌の本文 率直な気持ちからの判断

「できるかも」をためていく優しさ

 絵柄の力の抜け方、さらりと読めるのに必要な情報がちゃんとまとまっている構成、さまざまな色で刷ってある装丁、それらがミックスされて、できたらうれしいかも、な気持ちがじわじわとたまっていきました。

 時々登場してコメントをくれる犬っぽい生き物は、忙しいときにごはんを食べるときの虚無の顔も、作ったおかずがおいしかったときのうれしい顔も、よそ行きの誰かに見せる表情ではなく、自分のためだけの完全に力の抜けたお顔です。

 限界を感じるとき、外向きの表情にするだけでもエネルギーがいるものです。そんなとき「できたらうれしいこと」をためておけたら、少し、限界に立ち向かう気持ちが楽になるかもしれません。限界だからこそキッチンに立ちたい人にも、限界が来たらキッチンには立たないかもしれない人にも、どちらの人にも「できるかも」は来るべき“限界”の緩和につながるのではないでしょうか。半分寝ながらキッチンに立つようなお顔のイラストは緩くそれを応援してくれているようです。

 1ページごとに違うインクで刷られた本文は、くっきりとした明るい色合いもあれば、薄く淡くクラフト紙になじんでしまうようなページもあります。この違いを楽しんで、じっくり目を凝らしながら、「できるかも」がたまっていくうれしさを感じました。

同人誌の本文 フルーツは博打(ばくち)、そんな不安からの解放がうれしい

サークル情報

サークル名:ゆるにがおえ屋さん/極彩色モノクローム

Twitter:@b13c88

入手できる場所:BOOTH

次回イベント参加予定:関西コミティア(開催日:2022年1月23日、会場:インテック大阪)、参加サークル名「ゆるにがおえ屋さん」(D-47)※参加はTwitterで告知


今週の余談

 限界を超えないよう、みなさまおいしいものいっぱい食べて、手間を減らして、ゆっくり寝ましょうねー。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」