レビュー
» 2022年02月27日 12時00分 公開

出土品、掘り出したそのあとって? “遺跡発掘調査事務所”の作業員が描く同人誌マンガ『遺物整理ピープル』司書みさきの同人誌レビューノート

展示室に運ばれるまでの道のりを追います。

[みさき,ねとらぼ]
司書みさきの同人誌レビューノートのサムネイル

 地域の図書館は、公民館やその他、地元の情報施設と併設されているのを見掛けることがあります。ある図書館を訪れたときは、すぐとなりが埋蔵文化財の展示施設でした。郷土資料として地元の歴史を書物にして収集する図書館のそばで、文字ではなく物で歴史を物語る品々に触れられて、とても感慨深かったのを覚えています。

 そして、そのときも思ったんです。「土から出てきたものって、どうやって取り扱っているの?」と。今回は遺跡の発掘調査に携わる方の同人誌です。

今回紹介する同人誌

『遺物整理ピープル』189×13mm 30ページ 表紙2色刷り・本文1色刷り

著者:今井しょうこ


同人誌『遺物整理ピープル』 実物はぷくぷくのニス盛りの線に、薄いトレーシングペーパーがかけられているのが、やわらかくかわいい表紙です

掘り出したそのあとで……遺跡発掘その後の整理をマンガで

 遺跡の発掘って、お日さまのもとで地面を探っていくイメージがあります。暑い日も寒い日もこつこつと野外で続けていくような……と思いつつ、その先の展開となると想像はもやもやと霞がかり、次に頭に浮かぶのは博物館や郷土資料館でガラスケースに入れられた出土品の晴れ晴れしい姿や、本に掲載されたところです。出土からお目見えまでの間ってどうなっているの? このひび割れた器は誰が、どうやって組み合わせたのかな? この展示室にやってくるまでにどんな手順を経てるんだろうと気になっていたんです。

 こちらのご本では、発掘された土器や遺構を記録し、洗い、復元、計測などを行う現場にいらっしゃる作者さんの体験記がマンガで描かれています。整理に関わるようになったきっかけや感じたことも、ほのぼのとした線で描かれ、「あああ、そうだったんだ! こんな手順だったんですね!」とするりと遺物整理の世界に入っていきました。

同人誌『遺物整理ピープル』 おうちの食器と“縄文さんちの器”。遠い昔の生活が今につながっていますねぇ

博物館級のお宝が見つかるかも? いえいえ日常の整理もこんなに面白い

 土器や出土品というと、つい「大発見!」な大ニュースを思い浮かべてしまいますが、世の中に紹介されるのはほんの一端で、作中で「わりと見慣れた感じの土器」と表現されるほど、それ以外のたくさんの出土品たちがこつこつと整理されていく様子が、場面を追って描かれます。

 例えば、出土品に記された整理のための情報の書き込み。時々、博物館の展示などで、出土品に記された手書きの筆跡が見えることがあるのですが、書かれているということは、書いた人がいるはずで。でも誰が、どんなタイミングで? とずっと不思議でした。このご本ではそんな現場での作業がコミカルに紹介されます。そうですよね、“作業”ですもの、うまかったり苦手だったり、ボコボコの表面に筆を入れるのは勇気がいりますよね……と、整理する人たちの空気が楽しく伝わってきます。

 そうそう、一緒に作業される方たちとの会話が織り込まれているのも楽しい気持ちを盛り上げてくれるんです。手順紹介だけでなく、いろんな人がいて共に取り組んでいるからこそのやりとり、気付きが描かれていて、ふふっと笑顔になりながら作業のあれこれが腑に落ちていきます。発掘の現場はさまざまな状況があるかと思いますが、お一人の体験が分かりやすく示され、どんな風に感じたかを合わせて知らせてくれることで、未知の世界への視界がさっとカーテンを引かれて、明るく見えたような気持ちです。

同人誌『遺物整理ピープル』 適切に記入できる技……かっこいい!

足元にある遠い時代を手のひらに届けてくれる

 遺跡は一度発掘されると元の姿には戻らず、記録しておくことで“保存”とする場合もあるそうです。せっかく出てきたものを全て取り出しておけないのは残念なような気持ちにもなりますが、誰かが声を上げなかったら埋もれたままだったものを、光にあて、整理することで遠い遠い過去の姿を、いま知ることができることは、ともあれとてもうれしいことです。

 そしてまた未来へつなげていくためには、“保存”の方法はさまざまにあった方が良いこともあるのかもしれません。そんなことを、作中で「当時の情報がフリーズドライから蘇るような新鮮な感覚に包まれる」言葉から連想して考えました。

 地中に埋まっているものは、深いところほど古い時代のものなんですって。でも地下から取り出されてもなお謎な出土品たちについて同人誌にして読むことで、遺物が手のひらに近づいてきたように思います。遺跡楽しい、整理も楽しそう! と足元からの声を届けてくれるご本です。

 なお、こちらの同人誌がもとになり、創元社より『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』というご本も出版されています。『遺物整理ピープル』の内容は未収録ですので、どちらもご覧になると、きっと興味倍増では!

同人誌『遺物整理ピープル』 土器の接合は壮大な3Dパズルとのこと。呼び合ううれしさ、すてきですね

サークル情報

サークル名:たぬき穴LAB

Twitter:@tanu_ima

note:https://note.com/shokorunrun

入手できる場所:BACE


今週の余談

 ちょっと不思議だなぁと思っていたことが、ご本をきっかけにそうなんだ! となるの、うれしさひとしおです。あの日、北の図書館に併設された埋蔵文化財展示スペースで土器のレプリカを恐る恐る触っていた自分に、もっと楽しくなるよ! と呼びかけたい気持ちになりました。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  7. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声