ニュース
» 2022年04月06日 07時30分 公開

幼稚園の送り迎え、ママ友の輪に入るか悩んだけれど…… 「ママ友との距離を考えた」4年間の記録に共感の声が集まる(1/2 ページ)

いい距離感で過ごしたいものです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 「ママ友との距離を考えた」という体験漫画がTwitterに投稿され、「まさに今直面してる問題です」「適度な距離感で付き合えるって理想ですね」といった共感の声が寄せられています。

ママ友との距離を考えた

 この漫画を描いたのは、8歳と4歳の女の子のママであるようみん。(@imoyamayoumin)さん。ようみん。さんは、長女ちゃんの出産後、特にママ友を作ることなく幼稚園入園を迎えたといいます。

ママ友との距離を考えた 長女ちゃんが幼稚園に入園したママさん

 生まれたばかりの次女ちゃんを抱っこして長女ちゃんを幼稚園に送っていくと、そこにはママ友の輪が。会話に加わるとあっという間に時間がたつのですが、ようみん。さんは抜け方が分からなかったといいます。

ママ友との距離を考えた ママ友の会話に加わると
ママ友との距離を考えた 抜け方が分かりませんでした

 悩みの種はお迎えの時間にも。長女ちゃんが行きたがるので帰りに公園に寄ったところ、そこにもママ友の輪ができていて、会話に加わると1時間が経過していました。

ママ友との距離を考えた 幼稚園の帰り、公園で遊びたいという長女ちゃん
ママ友との距離を考えた すぐ帰るはずが1時間たっていました

 長女ちゃんを見ながら会話に加わるのはようみん。さんにとっては大変なこと。2人の子は夕方になると泣くことが多く、帰宅時間が遅くなることで夕飯の準備やお風呂にもしわ寄せが出てしまい、次第にしんどいと思うようになっていました。

ママ友との距離を考えた 帰宅してからの夕飯準備やお風呂にシワ寄せが
ママ友との距離を考えた ママ友との会話に疲れを感じていました

 モヤモヤした気持ちの中、世の中はコロナ禍に。長女ちゃんの幼稚園は休園しているうちに卒園を迎えていました。次は次女ちゃんが入園する番。ようみん。さんはある決心をします。

ママ友との距離を考えた コロナ禍で幼稚園が休園しているうちに卒園
ママ友との距離を考えた ママさんは、ある決心をします

 いよいよ次女ちゃんが入園する日。幼稚園に行くと、やはり次女ちゃんと同じ学年のママ友たちが輪になっています。

ママ友との距離を考えた 次女ちゃんが幼稚園に入園すると
ママ友との距離を考えた 次女ちゃんの学年のママ友たちを発見

 こちらに気付くとあいさつをしてくれるママ友たち。ようみん。さんが「私、先に行くね〜 じゃ、また」というと、ママ友たちは「うん、またね」と応えます。

ママ友との距離を考えた 声をかけてくれます
ママ友との距離を考えた ママさんが「先に行くね〜」というと
ママ友との距離を考えた ママ友は「うん、またね」というあっさりした反応

 ようみん。さんの決心とは、ママ友たちが会話をしていても立ち止まらず、そのまま立ち去ること。「それだけ?」と思われそうですが、ようみん。さんにとってはすごく勇気がいることだったのです。

ママ友との距離を考えた 立ち止まらず去ることは勇気がいりました

 それからは基本あいさつだけして帰宅するようになったというようみん。さん。次女ちゃんはそれほど公園に行きたいタイプではなく、立ち寄る機会も減りました。

ママ友との距離を考えた それからは基本あいさつだけして帰宅するように
ママ友との距離を考えた 幼稚園の後、公園に行く日も減りました

 ある時、ママ友たちが何時間も話していたことを知ったママさん。話すのが好きな人にとっては幼稚園での会話がストレス発散になっているんだろうな……と考えます。

ママ友との距離を考えた ママ友の中には何時間も話している人も

 ようみん。さんは人と話すより、自分のペースで過ごす方がストレス発散になるタイプ。幼稚園のママ友には「すぐ帰宅する」と思われた方が楽だといいます。

ママ友との距離を考えた 話すのが好きなママさんにとってはストレス発散になっているようですが
ママ友との距離を考えた ママさんは「すぐ帰宅する」と思われた方が楽なタイプ

 無理して付き合って疲れていた頃より、今のように程よく離れている距離感が合っていると感じているようみん。さん。それぞれが良好な関係であればいいのかな……と書いています。

ママ友との距離を考えた それぞれが程よい距離感でお付き合いできるといいですね

 この漫画には「私も最初の子のとき、お喋りからの抜け出し方が分からず四苦八苦しました」「人と話すことでストレス発散になる外向タイプと、1人の時間を過ごすことが好きな内向タイプがいるので付き合い方はさまざまですよね」といった声が。「私は長女入園までママ友が居なかったので情報交換できるママさんたちに本当に助けられました」という体験談も寄せられました。

 ようみん。さんはイラストレーターで、子育てのエピソードなどを漫画にしています。Twitterの他、Instagram(mamayoubi)でも情報を発信しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声