ニュース
» 2022年04月15日 21時30分 公開

うぉぉ、700万円(!)の「NAロードスター」にびっくり まさかロードスターにもこんな値が付く日が来るとはー!(1/2 ページ)

もちろん理由を聞けば納得、一見の価値大ありの感動モノです。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 旧車・ヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル 2022」(幕張メッセ/2022年4月15〜17日開催)に、何と700万円(!)という驚きの値が付いた「マツダ・ロードスター(初代NA型/当時はユーノス ロードスター)」が販売されていました。ひぇぇ、NAもか。うそ、だろー!

700万円のNAロードスター うひゃひゃー、NAロードスターが何と700万円(!)
700万円のNAロードスター 600万円のNAロードスター 700万円のNAロードスター 700万円のNAロードスター 600万円のNAロードスター NAロードスター 600万円のNAロードスター

 オートモビルカウンシルは「自動車文化と歴史を称える、伝えていく」をテーマにした旧車・ヘリテージカーのイベント。一般的なモーターショーとは少し趣が違い、「ヘリテージカー」を扱う全国の自動車販売店もたくさんブースを構えます。その展示車の多くは“売り物”。買う気があれば「その場で商談→買う」こともできてしまうのがこのイベントの面白いところです。

 数あるヘリテージカーの中でも負けない輝きを放っていたNAロードスターは、広島の自動車販売店・セイコー自動車によるものです。1台は真っ白ボディーの1.8リッター仕様でお値段600万円、もう1台は見た目は整備途中……? な状態のVスペシャル。お値段は何と700万円!

600万円のNAロードスター こちらは600万円のNAロードスター(NA8)
700万円のNAロードスター 700万円のNAロードスターVスペシャルは、レストアでどれだけきれいによみがえるのかが分かるよう、展示用に右:作業前、左:作業後で分けていた。販売はもちろんビシッときれいに完成させてからとのこと
700万円のNAロードスター ひゃぁぁぁ! シートやダッシュボードもまるで新車みたいだー。ちなみに、今回の展示車の価格差はエンジンの完全レストアメニューの有無とのことです

 このびっくり価格はなぜなのでしょう。

 理由は聞けば納得、「ばっちりフルレストア済み」の車両だからです。

 NAロードスターは2022年4月現在もカーセンサーなどで探せばまだ意外と数があります。例えば同世代のR32 スカイラインGT-R(関連記事)のような「もう絶対無理ー!」なほどヤバい価格にまで高騰しているわけでもありません。もちろん、状態のよい個体はそれなりに高くはなってきていますが……。

 セイコー自動車は、マツダのお膝元・広島にあるお店。「ロードスター再生ファクトリー」を掲げ、NA/NBロードスター専門のレストアとメンテナンスを手掛けています。

600万円のNAロードスター ホワイトボディー状態に全バラして、ボディーのレストアもビシッと施すことで「あと30年は乗れる」よう再生するという

 NAロードスターは、特に日本で使われた個体は「ボディーのサビ/劣化」が“ずっと乗り続けたい人”の大きな課題。エンジン、駆動系、足回りパーツも重要ですが、肝心のボディーがヨレヨレになってしまってはもうあの頃の軽快な走りを取り戻せません。同社のレストアはここの再生・リフレッシュが強みとうたいます。

 ちなみにマツダ本家も、乗り続けたいオーナーに向けたNAロードスターの補修・リフレッシュサービス「NAロードスター レストア」を用意しています。メーカー自身によるメーカーならではのレストアサービスをスタート500万円前後から状態・内容に応じて提供します。その半面、受け付けには車体の現状を勘案した条件があり、依頼すれば必ず引き受けてくれるものではないそうです。「これはさすがに困難です……」と泣く泣く断られる理由は「ボディーのサビ、劣化」とセイコー自動車は説明します。

NAロードスター (参考)新車販売時のNAロードスター(画像:マツダ)

 以前、日産自動車がガチな本気を出して伊藤かずえさんの「平成シーマ」を新車同様にレストアしました(関連記事)。あのシーマもそういえばNAロードスターと同世代の仲間。掛かった時間と価格は「約8カ月。参考として、当時の新車価格(約500万円)は優に超えている」。これはPR・CSR活動の一環なので本来そんな金額では全く足りないことも想像できますが、「ホワイトボディー状態までバラバラにしてレストアするコスト」がどれだけ必要かも伺えます。

 ……というわけで、全部バラしてホワイトボディー状態にして、エンジンや内装、足回りもじっくりていねいにレストアして、さらに30年は元気に走れるほどにまでばっちり再生。これがこの子たちです。

600万円のNAロードスター こんなつやつやピカピカなNA、久しぶりに見たよ……

 そう考えると、何だかすごくかわいく愛おしく感じてきませんか。また30年は元気に走り続けられる、ある意味幸せなNAロードスター。古い世代や同世代の、価格が高騰しすぎでもう手が届かなくなった名車の数々とともに、NAロードスターも「大切に残していくべき、この価格を支払うべき価値があるヘリテージカーだった」を再認識してしまいました。

再生中のロードスター/エンジン整備作業の様子(YouTube/広島のロードスター再生ファクトリー)

 あと30年乗れるNAロードスターが欲しい人、以前NAロードスターに乗っていた人は会場に足を運んでぜひ実車をチェックしておきましょう。ピッカピカで感動しますよ。「今乗っているNA/NBロードスターを“再生”したい人も遠慮なくどうぞ!」(セイコー自動車)とのことです。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響