ニュース
» 2022年05月11日 07時30分 公開

子どもが100円玉を飲み込んだ!?→ママの対応は…… 実録漫画「3歳が硬貨を誤飲した話」が参考になる(1/3 ページ)

もしものときに子どもを守るため、知っておきたい。

[Kamihara,ねとらぼ]

 3歳の息子が硬貨を誤飲してしまい、無事に排出されるまでの経緯をブロガーのチカ母さん(@Chika_mother)が漫画に描いて自身のブログ「抱っこだ立つんだ揺れるんだ」に公開しています。誤飲は幼い子どもによくある事故のひとつ。もしものときに子どもを守るため、親として知っておくべき対処法は何でしょうか。

3歳が硬貨を誤飲した話の画像 「ずーえんごくんした」と言う3歳の息子ヒナくん

 小学1年生の娘・チカちゃんと、3歳の息子・ヒナくんを育てるチカ母さん。ある日、買い物から帰って片付けをしていたチカ母さんは、ヒナくんから「ママ、いたーい」と呼びかけられました。「どこかぶつけたかな?」と思いヒナくんに話を聞くと「ずーえんごくんした」とのこと。

3歳が硬貨を誤飲した話の画像 え、十円食べた……?

 「ずーえん……じゅうえん?」「十円食べた……?」と驚くチカ母さんですが、ヒナくんが十円玉を口に入れるところは見ておらず、無造作に小銭を置くこともないため、このときは半信半疑でした。しかしすぐに、先ほどの買い物でヒナくんにおつりの百円玉を持たせたままだったことに気付きます。ヒナくんのポケットを見ると、預けたはずの百円玉が入っていません。「これはもう百円飲み込んだな」と思った瞬間、冷や汗がワっと出るチカ母さん……。

3歳が硬貨を誤飲した話の画像 救急車を呼ぶべきか迷い、「救急安心センター事業(#7119)」へ電話

 真っ先に思い浮かんだのは、119番に電話をかけることでした。しかし、ヒナくんは既にいつもと変わらない様子。苦しむことも咳き込むこともなく、顔色も表情も問題がなかったので、かかりつけの小児科に電話することにしました。

 ところが、小児科は午前の診療を終えて昼休みに入ったばかりで、すぐには診てもらえません。チカ母さんは焦りながらも、救急車を呼ぶか迷ったときの相談窓口があったはずだと思い出し、救急安心センター事業(#7119)へ電話をかけます。

 救急安心センター事業(#7119)とは、「すぐに病院へ行った方がよいか」や「救急車を呼ぶべきか」で迷ったときに、専門家からアドバイスを受けられる電話相談窓口です。

 すぐに電話がつながり、チカ母さんが電話口で状況を説明すると、まずはヒナくんの現在の様子について聞かれました。痛がっているか、ぐったりしているかなどの質問に答えていくにつれ、チカ母さんはヒナくんの様子がいつもと変わらないことにあらためて気付き、徐々に冷静さを取り戻していきます。

3歳が硬貨を誤飲した話の画像 救急で受け入れ可能な病院を教えてもらいました

 「これはもしかしてかかりつけの小児科の午後診療を待っても良いのでは?」とすら思えてきましたが、電話口で「救急でこの時間受け入れ可能な病院をお調べしてご案内いたします」と回答があり、再び冷や汗がたらり。

 電話で3件の病院を教えてもらい、家から一番近い病院へ問い合わせたところ、運よく診てもらえることになりました。チカ母さんはヒナくんとチカちゃんを連れて、急いで病院へ向かいます。

3歳が硬貨を誤飲した話の画像 レントゲンを撮ると百円玉がバッチリ写っている……!
3歳が硬貨を誤飲した話の画像 百円玉が自然に便で出てくるのを待つことになり、ようやくホッとしました

 病院で血圧と心拍数を測り、レントゲン撮影をしたヒナくん。レントゲン写真には、飲み込んだ百円玉がバッチリ写っていました。

 診察を終えた医師からは「もう胃まで送られているので、このまま自然に便で出てくるのを待ちましょう。ここまで行ってしまえばまず間違いなく出てきますから大丈夫ですよ」とのお話が。特に処置も必要ないということで、チカ母さんはようやく胸をなでおろしたのでした。

 1週間たっても百円玉が便とともに排出されたのかどうか分からなかったため、再度レントゲンを撮ると、ヒナくんの体内にあった百円玉はちゃんとなくなっていたということです。本当に良かった……!

 子どもは、時に大人が思いもよらぬ行動をとるもの。子育て中のパパやママは、居住エリアの緊急時の相談体制について、いま一度確認しておくとよさそうです。

 チカ母さんが今回利用した救急安心センター事業(#7119)の実施エリアは、総務省消防庁の公式サイトから確認できます。また、地域によっては、#7119以外の番号で救急電話相談などを行っている場合もあるようです。もしものときに慌てないために、日頃から情報を得ておくのが良いですね。

 チカ母さんは、この他にもかわいらしいタッチで育児絵日記を描き、ブログ「抱っこだ立つんだ揺れるんだ」Twitterで公開しています。

ブログ名:抱っこだ立つんだ揺れるんだ

ブロガー名:チカ母さん

URL:https://dakota2.blog.jp/

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響