ニュース
» 2022年06月07日 16時25分 公開

三浦建太郎さんの『ベルセルク』、森恒二監修で連載再開 故人の遺した言葉から“逸脱しないように構成”

6月24日発売の『ヤングアニマル』で再開とのこと。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 青年漫画誌『ヤングアニマル』の公式Twitterが6月7日に更新。三浦建太郎さんが生前執筆していたダークファンタジー漫画『ベルセルク』を、6月24日発売の同誌13号から連載再開すると発表しています。

連載再開となった三浦建太郎『ベルセルク』 連載再開が告知された『ベルセルク』(画像はAmazon.co.jpから)

 剣士にして主人公・ガッツの復讐(ふくしゅう)劇を描いた『ベルセルク』は、1989年に『ヤングアニマル』の前身である『月刊アニマルハウス』でスタート。30年以上にわたって連載後、三浦さんが2021年5月に急性大動脈解離で急逝したため、9月に掲載された364話で途絶していました(関連記事)。

 三浦さんの死から約1年たち、『ヤングアニマル』公式は「『ベルセルク』のお知らせ」と題した告知文を掲載。

 生前の三浦さんが『ホーリーランド』や『自殺島』で知られる親友の漫画家・森恒二さんはじめ、制作スタッフや担当編集にストーリーやエピソードを語っていたこと、構想メモやキャラクターデザインも見つかったことを報告し、「それらをファンの方々の誰にも伝えることなく物語を終わらせることに、強い抵抗感があります」「いま我々が持ち寄ったラストエピソード・最後の一コマまでを読んでほしいのです」と再開に至る動機を明かしています。

 ネームが遺っていない以上、生前の構想に合わせて物語を完璧に紡ぐことは「不可能」だと認めた上で、「三浦さんが話していたことから決して逸脱しないように漫画を構成していきます」と、新規制作にあたっての基本方針を読者へ向けて宣言。

 再開後のクレジットは「原作・三浦建太郎 漫画・スタジオ我画 監修・森恒二」となる予定で、単行本のナンバリングも現行の41巻から継続。途絶していた「幻造世界篇/妖精島の章」ラストまでの6話をまず掲載し、以降は新篇に入るとしています。

 最終回までのストーリーを唯一聞き知っていたという森さんも、編集部の声明に併せてメッセージを公開。故人の成した業績の大きさにどうすべきか悩んでいたところ、三浦さんのスタッフから懇願されたこともあり、自身が負った完結までの責任を果たそうと決意したとのことです。

 森さんは「なるべく詳細を思い出し物語を伝えます」「三浦が自分に語ったエピソードのみやります」と、自身による肉付けはしないと断言。スタッフの腕前に「本物です! 素晴らしい描き手です」と太鼓判を押した他、「三浦不在の『ベルセルク』に不満不服あると思いますがどうか見守っていただきたいと思います」とコメントしています。

関連キーワード

再開 | 漫画


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」