ニュース
» 2022年06月22日 11時30分 公開

子どものホームケア、祖父母の時代と何が違う? 医師が解説する“子育て環境の変化”がわかりやすい(1/2 ページ)

役立つ情報をユーモアを交えて図解した資料が話題に。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 長野県佐久市と佐久医師会によるプロジェクトチーム「教えてドクター」が、30年間で大きく変化した子どもへのホームケアの方法をTwitterに投稿。イラストを交えたわかりやすい解説が多くの注目を集め、記事執筆時点で4000件以上のリツイートや1万7000件の「いいね」が寄せられて話題になっています。

祖父母に伝える 子どものホームケア 子育ての今 子どもを大切に思う気持ちは同じ。しかし、それぞれの世代の子育ての環境や常識は異なります

 今から30〜40年前、現在祖父母の世代が親だった時代に比べ、共働き世帯が増加。少子化や核家族化も進んでおり、子育てをする環境は大きく変化しています。

 育児の方法は時代とともに変わっているため、親子同士で話していても戸惑うことが多いもの。現役の子育て世代が祖父母からのアドバイスを「それは間違い」と“一刀両断”して親子関係が緊張してしまったり、祖父母世代が良かれと思ってした助言に現役の親世代が傷ついてしまったりと、ささいなことで摩擦が生じかねません。

 こうした世代間のすれ違いや対立をさけるため、「教えてドクター」は「祖父母に伝える 子どものホームケア 子育ての今」を作成しました。資料ではまず、祖父母世代、現役世代それぞれを取り巻く状況を解説。次に、起こりやすいとされている子どもの中毒や窒息、誤飲などの事故と予防方法の最新情報を、子育ての先輩である祖父母世代に向けて紹介しています。

祖父母に伝える 子どものホームケア 子育ての今 突然のけいれんや発熱にビックリ! いざというときのために対処方法を共有

 そして、子どもの病気や発熱、食物アレルギーへの対処方法、抱っこやおむつ替えの仕方、かつては積極的にするべきとされていた日光浴など、育児方法や栄養に関する項目を一覧表にし、時代とともに変化した点や現代の方法の根拠についてわかりやすく説明しています。

 医学や技術の進歩、事例の蓄積によって明らかになったことや、くつがえった常識があるということが一目でわかります。

祖父母に伝える 子どものホームケア 子育ての今 育児の方法や栄養についての考え方は、対立しやすいトピックかもしません

 例えば、熱熱時の入浴。昔は「避けた方がよい」という考え方が一般的でしたが、現在は「元気があるときは短時間ぬるめのお湯で入浴可」。離乳食についても、昔は「手作りであるべき。だしを取るところから気を付けなければならない」と考える親が多くいましたが、現在は「全て手作りである必要は全くない」「取るべきなのはダシより睡眠」と、月齢に合った市販のベビーフードの活用を勧めています。

 「教えてドクター」は、この資料を祖父母世代と現役親世代とが「お互い『間違い』と糾弾するのではなく、共通言語でサポートしたい」と、世代間の橋渡しのために作成したといいます。プリントアウトし目に付くところに貼るなどして、親子間のコミュニケーションのきっかけに使うと良さそうです。

 投稿へは「印刷して読んでもらうことにします」「即保存してコピーだわ」など、主に現役の子育て世代から喜びの声が寄せられました。また、「いろいろと上からガンガン言われて落ち込んだけど。義母世代のスタンダードだったのね」とすれ違いの原因に気付いた人も。

 「教えてドクター」はこの他にもTwitterFacebook、Webサイトで子どもの病気、ホームケアなどについて発信しています。また、書籍『マンガでわかる! 子どもの病気・おうちケアはじめてBOOK』も販売中。子どものホームケアや病院での受信、予防接種などについて知りたい情報を検索できる「教えて!ドクター」無料アプリ(iPhone/Android)も配信しています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」