ニュース
» 2022年06月30日 18時00分 公開

「失敗来い、のメンタルでありたい」 俳優・鈴木亮平が失敗を糧につかんだ内なる変化 「バズ・ライトイヤー」公開インタビュー(1/2 ページ)

「バズみたいによくある勘違いをしていた時期があった」と鈴木さん。

[Yuka, 小西菜穂,ねとらぼ]

 ディズニー&ピクサーによる「トイ・ストーリー」シリーズ最新作「バズ・ライトイヤー」が7月1日から全国公開。日本版では、鈴木亮平さんが主人公バズ役の声優を務めています。

「バズ・ライトイヤー」日本版本予告 7月1日(金)公開!

 同作は「トイ・ストーリー」シリーズで描かれてきたアンディ少年の“おもちゃ”としてのバズではなく、アンディが夢中になった映画の主人公で、“人間”のバズ・ライトイヤーがスペース・レンジャーとして活躍する作品。ワクワク満載の冒険映画としての側面だけでなく、NASAが協力した細かな考察要素も備えていて、心理描写の面でも人間バズの苦悩をしっかりと描くことで、大人にも楽しめる内容となっています。

「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平 鈴木亮平さん

 日本語吹替でバズを演じる鈴木さん自身もシリーズ全作を鑑賞した「トイ・ストーリー」ファン。これまでのシリーズでバズ役を演じていた所ジョージさんの演技について「マネできない、あの声の表情は素晴らしいと思います。バズといえば僕の中ではあの声」とリスペクトを強調しています。先人のイメージが強く残る中、鈴木さんはどうやって“バズ”の声を作り上げたのか。若かりしころのエピソードと合わせて聞きました。

「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平 「バズ・ライトイヤー」 「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平 「バズ・ライトイヤー」 「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平 「バズ・ライトイヤー」 「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平 「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平 「バズ・ライトイヤー」

「所さんってちょっと特殊」 抜け感に強さを足して生まれた“鈴木亮平のバズ”

 オリジナル版でバズ役を務めるのは、「キャプテン・アメリカ」でも知られるクリス・エヴァンス。かねて出演作は見ていたという中で、あらためてクリスの芝居をじっくり研究することは「同世代の俳優をここまで真剣に研究したことはなかったので非常に面白かった」と役作りの過程を話しています。

―― 鈴木さんにとって2度目の声優挑戦で、初の吹替となる同作。今回はビジュアルからのアプローチができない状況でバズの“声作り”はどのように行われたのでしょうか。

鈴木亮平(以下、鈴木) バズがどういう人間かを内面から考えました。彼はなぜスペース・レンジャーになり、人生で何を求めていて、何を成し遂げようとしているのか。

 作品へのアプローチは基本的には他の作品の場合と一緒なんですが、日本版ということで、自分の演技解釈に固執するよりは、クリス・エヴァンスさんの演技を日本語に解釈するという翻訳に近い作業もありました。

―― 例えば「無限の彼方へさぁ行くぞ」というおなじみのせりふひとつ取っても、さまざまなバリエーションで演じていましたね。

鈴木 僕らの知っている所さんの「無限の彼方へさぁ行くぞ!」とは違うものにしないといけない。でも違和感があってもいけない。さらにクリス・エヴァンスさんの英語版を聞いてからは、人間のバズは「あっ! こんなリアルに言うんだ」という驚きも含めなければと考えました。

 他の言語のバズに比べて、所さんってちょっと特殊だと思うんです。抜けてる感があるというか。だから僕の場合はほんのちょっとだけ強さを足しました。英語だと母音がバァッと乗るんですけど、日本語は声にある程度の力を入れないと成立しない言語なので、何ミリか強めに「さぁ行くぞ」って。

「バズ・ライトイヤー」 「無限の彼方へさぁ行くぞ!」
「バズ・ライトイヤー」鈴木亮平 「スペース・レンジャーっぽいポーズを」との要望にはこのポーズで

―― 英語が堪能な鈴木さんならではの微調整ですね。実写で演じることと、声のみで演じることに違いはありましたか?

鈴木 実写の作品ではいつも役の解釈を声だけで表現しないようにしています。嫌みといいますか、すごく大げさなお芝居になってしまうので。でも今回は逆に、声だけでやらなきゃいけない。バズは今どういう気持ちなのか、前半と後半のバズはどう違うのか、せりふでつなげなきゃいけないんですよね。

 かといって、いわゆるアニメっぽい表現をしてしまうと、リアル志向のバズには合わなくなるのでそこが難しかったです。

 面白いのが、収録後に違う映像作品でお芝居をしたらアニメみたいなお芝居になってしまって、「(芝居がかったいい声で)なんだって!?」みたいな(笑)。あぁいかんいかん、捨てていかないとと思いましたね。やはり声優と俳優は似ているようで違う部分もあるから面白いなと。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい