ニュース
» 2022年07月08日 19時00分 公開

車椅子なのにドリフト走行 “オムニホイール式”車椅子の映像に大きな反響、もともとは「超人スポーツ」のために開発(1/2 ページ)

「みんなで一緒に遊びたい」 そんな思いから開発。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 滑るようになめらかにドリフト走行する「オムニホイール式車椅子」の動画がTwitterに投稿され、5万9000もの「いいね」が寄せられるほど、注目を集めています。

Sli de Rift 車輪の形が変わった車椅子のようですが……

 「オムニホイールの車椅子めっちゃおもろいな」というコメントとともに動画を投稿したのは、大阪大学の助教、川節拓実さん(@takumi_k_jpn)。今年(2022年)5月に北海道で開催された「ROBOMECH2022(ロボティクス・メカトロニクス講演会)」(公式サイト)でのデモ走行の様子を撮影したものです。オムニホイールとは、前後だけでなく真横方向にも移動できる特殊な車輪のこと。

 動画では車椅子に乗った男性が、床の上を滑るように走行。通常の車椅子の動きとは異なり、ドリフトするような動きを見せたり、慣性にまかせて横にスライドするように移動したりと、なめらかな動きがなんとも楽しそうです。動画の男性も「慣れると歩くのだるくなってくるんですよ」と言っており、確かにこれは実際に乗ってみたくなります。

Sli de Rift 近くで見ている人もビックリ?
Sli de Rift 車椅子が横に進むなんて! 乗り心地はどうなんでしょう

 この「オムニホイール式車椅子」は車椅子はどうやって誕生したのか。制作したスライドリフト開発チームに開発の経緯などを聞いてみました。

 

障害の有無にかかわらず楽しみを共有したい。「超人スポーツ」の中で生まれた車椅子

 この車椅子はもともと、ドリフト走行などの技術を競う「Sli-de-Rift(スライドリフト)」公式サイト)という競技のために開発されたもの。スライドリフト開発チームは、安藤良一さん(AXEREAL代表)、上林功さん(追手門学院大学准教授)、大林勇人さん(日本電気)、片桐祥太さん(日本大学助教)、佐藤勇人さん(日軽メタル)によって構成される開発チームで、人間の身体能力をテクノロジーで補い、拡張することで、年齢や障害などによる身体の差に関わらず参加できる「超人スポーツ」公式サイト)のプロジェクトの中で新しい競技のアイデアが生まれ、結成されました。

「もともと、人間に新たな能力を付与しスポーツ競技を作れば、車椅子レースや義足短距離走ではなく、みんなが一緒に参加できるようになるのでは? という発想がありました」(開発チーム)

下肢状態に関わらず(脚や足に障害があっても)参加できるスポーツ「スライドリフト」
Sli de Rift 元パラスイマー の矢嶋志穂(まろえもん)さんも「スライドリフト」に挑戦
Sli de Rift 年齢や性別、障害の有無に関わらず参加できます

 そして2016年9月、慶應義塾大学で開催された、新しい「超人スポーツ」のアイデアを競う「第3回超人スポーツハッカソン」(公式サイト)に出場。鋳造メーカー「CASTEM」(広島県福山市)から技術協力を受け、車椅子用の大径オムニホールの機構にインホイールモーターを組み合わせたスライドリフトのプロトタイプを実質2日間で制作し、最優秀賞受賞を受賞します。

第3回超人スポーツハッカソン
Sli de Rift 制作に携わった佐藤さん

 その後、車椅子ダンサーのかんばらけんたさんやパラアスリートの上原大祐さん(パラアイスホッケー)、佐藤琢磨さん(元F1レーサー)などが試乗し、2017年以降は日軽メタルをはじめ企業の協力を得てレースモデルの開発が始まるなど、さまざまな人や企業が関わるプロジェクトに成長。2018年には運営組織としてAXEREALが設立され、今もスライドリフトの改良は進められています。

Sli de Rift かんばらけんたさんによるパフォーマンス
Sli de Rift 日軽メタルの協力を得て制作した新型フレーム、レースモデル「RAY」(2017年)
Sli de Rift ヤマハ発動機の協力を経て制作された2台目のレースモデル「RAY(白)」(2018年)

 

まだまだ「みんなで一緒に遊べる」とは言えない、スライドリフトが目指す進化

 オムニホイールが特徴的なスライドリフトですが、フレームから設計されているので、加速した時の安定性を保つためのロングテールや、障害の重さや場所など多様な下肢の状態の人に対応するカップラーバー、着座台など、通常の車椅子と異なる点は複数あるそうです。そんなスライドリフトを制作するのに掛かったコストについて、開発チームからは次のように回答がありました。

「制作コストについてですが、総額は不明です……。善意の協力がほぼ90%を超えるので、金額的な評価は困難だと考えております。同じものを決まった通りに作れるのであれば100万から150万円で再生産は可能です」(開発チーム)

Sli de Rift 特殊な車輪を使うだけでなく、フレームから作っています

 スライドリフトの実用性について、横移動が可能なことによりエレベーター内での切り返しや、屋内通路でのすれ違い、介護用自動車から車椅子への乗り換えが快適になると考えているとのこと。同時に、こうも語ります。

「『みんなで一緒に遊びたい』という遊び心からできたものなので、『Sli de Rift』の機体そのものの実用化は正直あまり考えていません」(開発チーム)

Sli de Rift 片桐さんによる「多様性に係るコンセプトスケッチ」(2017)。ダンスから一般向けの娯楽、「超人スポーツ」やプロスポーツまで多岐にわたる用途が考えられています

 スライドリフトやそれを使った超人スポーツについては、新しい技術の実証実験の場(サンドボックス)であると考え、その中で発見された便利な機能や能力が、今後、日常をより豊かにすることを期待していると言います。そして、開発当初の思いを実現するには、まだスライドリフトには課題があると考えているようです。

「現在多様な下肢状態でも乗ることができる仕組みは担保できたわけですが、まだまだみんなで一緒に遊べる、とは言えません。まずは上肢の制約(腕や手の障害の状態)を超え、より多くの人々と一緒に等しく遊べるような競技と媒体の制作を進めたいです」(開発チーム)

「Sli de Rift」はスポーツだけでなく表現の可能性も広げています

 さらに、新型コロナウィルスなど新しく登場した感染症が私たちの身体と社会との関係性を変化させたことを踏まえ、スライドリフトをメジャーアップデートさせたいと考えるスライドリフト開発チーム。障害者・健常者の壁を超えて、自由に遊びや気晴らしに使えるエンターテインメントとして開発していきたいとのことでした。

 冒頭で川節さんが投稿した動画には大きな反響が。「すごい。これどうなってんだ一体…」「不思議なカッコよさがある」と驚く人や、「乗ってみたいな〜」「楽しそう 一般普及したらいいのにね」と関心を持つ人などがいました。また、「イニシャルDできそう」などドリフト走行を見て『イニシャルD』を連想した人も多くみられました。

※関係者の所属する企業、大学は2022年6月現在のものです
画像・動画提供:川節拓実さん、AXEREAL 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい