ニュース
» 2022年07月14日 19時00分 公開

いよいよ放送開始、アニメ「5億年ボタン」菅原そうた監督インタビュー 今も語られ続ける伝説的漫画は“原作者本人”の手でどう生まれ変わったか(1/3 ページ)

トレパネーション、スワンプマン、哲学的ゾンビ、水槽の脳……出てくる単語にゾクゾクさせられます。

[たまごまご,ねとらぼ]

 7月14日からスタートするアニメ「5億年ボタン 菅原そうたのショートショート」公式サイト)。「5億年ボタン」の名前自体をどこかで聞いたことがあるインターネットユーザーは多いかもしれません。というのもインターネットの歴史の中で、常にどこかで都市伝説的に語られ続けてきたからです。

 今回アニメ化するのは、その原作を2002年に描いた本人、菅原そうた。「gdgd妖精s」などの作品で知られる彼は、コメディータッチのアニメーションの中に哲学的要素を含める作家です。今回菅原そうた監督本人に「5億年ボタン」アニメ化のいきさつや、新たな挑戦についてインタビューしました。

5億年ボタン 菅原そうた監督インタビュー ネットの都市伝説的ネタとして有名な「5億年ボタン」が、原作者である菅原そうたによってアニメ化!
この予告編を見るだけで、ただのかわいいアニメじゃないのがビンビン伝わってきます。

 

世代を超えて知られている「5億年ボタン」

―― 昔から今もなおインターネット上で「5億年ボタン」が、都市伝説的に語られている状況自体が面白いと思っているんですよ。

菅原そうた監督(以下・菅原):ほんとですよね。もともとぼくが『週刊SPA!』の連載で描いたのは2002年です。その当時はみんな「ん?」って感じだったんですけどね。20年たった今の人にピントがあっていたのかーと。

―― まだYouTubeがない時代ですね。

菅原:そうなんですよ。当初は2ちゃんねるみたいなところでちょっと流行った感じだったんです。今の小学生は、YouTuberがネタにしてくださった「5億年ボタン」を見ているので、いろんな世代の方がこの話を知ってくれています。

フェルミ研究所がアップしている「5億年ボタン」。このようなオマージュ創作がYouTubeにはたくさん存在しています

 

―― 今回アニメはどのように作り始めたのですか?

菅原:コロナが始まったころからずっと作っていました。今まではみんなで分散して半年から1年で作っていたんですけれども、声優さんや音楽以外は「自分で全部担えるな」と思って、3年間かけて作ったものです。「5億年ボタン」自体がインターネットで流行した、いわばみんなのものみたいなところがあるので、今来ているVTuber・VSinger文化に合わせてKAMITSUBAKI STUDIO幸コ(※コはしめすへんに古)さんと理芽さんにオープニングとエンディングをお願いしました。

―― 3年間お一人で作っていたんですか?

菅原:そうですね。朝4時からお昼12時までのサイクルで毎日毎日ずっと作ってました(午後は仕事はしないで子どもと散歩&サウナの時間です)。多分コロナがなかったら一人で作ることにはなっていなかったです。

 

3人いれば社会が生まれる


5億年ボタン 菅原そうた監督インタビュー トニオちゃんは20年以上前に菅原そうた監督が産んだキャラクター。声は野沢雅子

―― トニオちゃんが20年前に生まれたのはどういう経緯だったんですか?

菅原:ぼくはもともと絵が下手で、美術部とか入っても30人のうち下から2番目とかだったんです。一番下は来てない不良。漫画家になりたかったけど諦めていたとき、3DCGを触り始めたんですよ。球を組み合わせてドラえもんのモデルを作ったら友達に「めちゃくちゃうまい」って褒められて。うれしくなって作ったのが、球体を組み合わせたキャラのトニオちゃんだったんです。オリジナルで作った初めてのキャラだったので、へその緒みたいに一生持っておこうと思っています。当時は3DCG自体が異世界みたいで魅力的に見えたので、真っ先にMacではじめて、のめりこんでいました。2000年前後は3DCGとインターネットが同時に伸びた時期ですね。トニオちゃんのデータは全部MOディスクに入っているので、今取り出してます。

―― 2000年前後はインターネットをやっている人自体そんなに多くなかったですね。

菅原:インターネットやってること自体がオタク扱いされていた時代でしたね。PC使ってるやつはオタク、って漫画とかでネタにされてましたよ。今は全員やってるじゃん!(笑) オタクのほうが先取りしているんですよ。

―― 新キャラが増えていますが、彼女たちはどういう経緯で生まれたのでしょうか?


5億年ボタン 菅原そうた監督インタビュー 気が強い少女ジャイ美。真っ先に5億年ボタン押しそう

菅原:ジャイ美はジャイアンのような、気の強い涼宮ハルヒのような「あんたのものは私のもの」みたいな考え方の女の子キャラに憧れがあって生まれた、リア充の無敵キャラです。


5億年ボタン 菅原そうた監督インタビュー 深く考えるスネ子。この作品の良心になるか……?

菅原:スネ子はどちらかというと主役になれない女の子で、共感しやすいキャラの方向で生まれました。「私は主人公じゃない」って思っている人たちが「分かる、私はこっち側だ」と感じてもらえたらうれしいですね。


5億年ボタン 菅原そうた監督インタビュー 思考実験の人・井上博士。謎。

菅原:井上博士は綾波レイと初音ミクとコロコロ(※)の中間を狙ったような、天才女の子キャラクター。思考実験の話ができる存在がほしかったんです。

※菅原そうた監督作品「gdgd妖精s」のキャラクター。ぼそぼそっと不思議なことを言って周囲を驚かせる

―― 3人というバランス感は「gdgd妖精s」のときからずっとこだわっていますね。


かわいさとシュールさとアドリブが入り乱れる内容で大いに話題になった、菅原そうた監督の「gdgd妖精s」

菅原:ぼくの中で崩せない最小限の単位ですね。スリーピースバンドとかも好きです。人が1人いたら個人、2人いたら対面になって、3人いたら社会になると思うんです。だから3人で物語を作ると生かしやすいんですよね。最初はトニオ、ジャイ美、スネ子の3人姉弟で回していこうと思ったんですけど、禁じ手を持ち込むキャラとして博士を入れました。一方のアドリブコーナーではトニオが抜けて、3人が回す。常にどういう3人にするかのパターンを考えています。

―― トニオの声が野沢雅子さんなのは、ビジュアルとのギャップもあって驚きました。どういう経緯で決まったのですか?

菅原:以前お仕事で、野沢雅子さんにNiziUのダンスを踊らせたいと言われたので、ぼくは3DCGで野沢雅子さんをスキャンして踊らせたことがあるんです。今回野沢雅子さんに「ぼく『5億年ボタン』ってアニメ作ってるんですけど出てもらえませんか?」って聞いたら、「いいわよ!」って二つ返事で言ってもらえました。いいんだ!? って(笑)。子どものころから「ドラゴンボール」とかで野沢雅子さんが一番好きな声優さんだったので、これで夢がかなっちゃいましたね。

 

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/17/news027.jpg いきがる新人子猫が兄猫に向かっていくと…… 優しくポンッとする姿に「手加減たまらない」「何度見ても笑っちゃう」
  5. /nl/articles/2208/16/news167.jpg アルピー酒井、2カ月10キロ減で中年太り克服 腹筋バキバキの肉体美に「かっこよすぎ!」「めっちゃ痩せてびっくり」
  6. /nl/articles/2208/16/news160.jpg 「にじさんじ」周央サンゴ、ついに志摩スペイン村から公式オファー 園内貸し切りで“限界突破”する激アツ動画に「言葉に表せない感動がある」
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2208/17/news093.jpg 坂口杏里さんの夫、離婚発表から初めての長文投稿 「皆が温かくて涙が止まらない」「ありがとうしか言えない」
  9. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  10. /nl/articles/2208/16/news134.jpg 「5x+6=y」をxについて解け 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【算数・式の計算編】

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい