ニュース
» 2022年07月29日 19時00分 公開

最高の環境、最高の形で、最高のメーカーが拾ってくれた! 「メタルマックス」サイゲームス移譲でシリーズファンが期待すること

30周年で死を覚悟した「メタルマックス」が最高の会社に拾われた!

[するめ(以下)マン,ねとらぼ]

 角川ゲームスの事業承継に名前がなく、完全に見限られてしまったのだと、ため息とともに「メタルマックス」ファンがシリーズを諦めかけてすらいた2022年7月29日。自分も元ファンとして思いのたけをぶちまけるような記事を書き、もはや失望していたそんなシリーズに、突如として寝耳に水、いや寝耳にオイルとナマリ茸を流し込んできたような驚きのニュースが飛び込んできました。

 なんと、あの「グランブルーファンタジー」や「ウマ娘 プリティダービー」で有名な大ゲーム会社・Cygames(以下、サイゲームス)が、KADOKAWAおよび角川ゲームスから「メタルマックス」IPシリーズの関連事業を譲り受けた発表したのです

ライター:するめ(以下)マン

プロフィール

ファミコン、スーパーファミコン時代からRPGを遊び続け、多くの消えたシリーズに想いを馳せるゲームライター。今回の「メタルマックス」シリーズ復活に驚き過ぎて、思わず「もしかして、ここはパラレルワールドなのか」とカレンダーや空の色を確認していた。



 

 しかも、シリーズの生みの親である宮岡寛氏もサイゲームスに移籍。サイゲームスのプロデューサーである高木謙一郎氏のもと、「メタルマックス」シリーズを最高のコンシューマータイトルとすべく、ガチでリブートするという発表までありました。

 本気だ。サイゲが本気で「メタルマックス」を救う気だ! ウマだけじゃなくて戦車にも本気だ!

 私はこの話を知って、真っ先にサイゲームスがある渋谷ガーデンタワーの方角に向けて深々とお辞儀をしました。スナザメくらい地面に潜る勢いで、深々と頭を下げました。なぜなら、敬意をいくら表しても足りないくらいの衝撃だったからです。

 正直に言って完全に諦めていました。近年の「メタルマックス」が抱えていた問題点や迷走は以前の記事でも書きましたが、それを“メタルマックスシリーズの開発がやりたいこと”まで実現したうえで解決するには、予算や開発力などの問題で不可能だと諦めていたからです。

 ふがいなさとやるせなさと、そしてまだ頑張って欲しいという一縷(いちる)の望みをかけて前回の記事を書いてはみたものの、半分以上はシリーズの追悼をしている気分でした。もはや、それだけ絶望的な状況に見えたのです。ゲーム自体の今後も。IPも。シリーズの展開も、近年のアレコレも……。

 しかしながら、その問題が一気に解決する超改造級のニュース! 近年のメタルマックスが陥っていた欠点をつぶし、補い、最高の解決方法を出せる会社がIPを獲得したとあっては、こんなの驚かないわけがありません。すごい! 宮岡さん、おめでとうございます!!

メタルマックス 従来のシリーズ特設サイトも既にサイゲームス版仕様に

 

こんな開発者にもファンにも都合のいい話あるの!?

 とはいえ、これはもちろん「メタルマックス」というシリーズ自体に魅力があったということに他なりません。サイゲームスが、宮岡さんを含めて「メタルマックス」シリーズをまとめて引き受けて救ってくれるだけの価値を見いだしてくれたことは、とても大きいでしょう。

 私は以前「良さを引き出せる外部の目が必要だった」と書きましたが、その外部の目として最高の目が見てくれていたのです。こんなにうれしいことはない。現時点では今後のシリーズ展開は未定ですが、予算や開発の面で妥協をせずにすむだろうという意味でも、サイゲームスがIPを獲得したことにこれ以上の喜びはありません。脳内にBGMで「50年の散歩」が流れ続けるくらいウキウキしました。

 サイゲームスから戦車でバンバンじゃなくて、戦車のゲームがバンバン出るかもしれない。ウソでしょ!? パラレルワールドでしょココ。そんな開発者にとってもファンにとっても都合のいい話が、今のゲーム業界であるの!? サイゲだと思ったら、デスクルスだったりしない?

 こちらはサクセスなので開発も販売元も違いますが、「メタルマックス」とは兄弟作である「メタルサーガ」シリーズも、最新作「叛逆ノ狼火」の情報を出しています。サーガの方も期待がもてますね。「メタルマックス」と「メタルサーガ」のどちらも期待できる。まさか、そんな日がすぐに来るとは思わなかった……。思わなかったですよ……!

 サイゲームスの手で万人にバリバリ売れる内容や、メタルマックスの良さを引き出せるディレクションがなされるであろう「メタルマックス」シリーズの復活に、私はもう涙が止まらなくなりそう。本音を言うと、近年の地に足がついてないまま暴走し続ける展開に8割くらい見限っていましたし、2割くらい怒っていたのも事実です。もう、これはダメだなとあきれてすらいました。

 予算や開発力はどうしようもなく、ユーザーとのズレも仕方がない部分はあるでしょう。現実的にどうしようもないのは作る側も分かっているはず。それでも1ユーザーとして、近年のグダグダな展開には言いたいことが腐るほどありました。しかし、いくら言っても時既に遅し。そう思っていたら、これまでの弱点を全てつぶして超改造するくらいの理想的な形で復活したのです。

 ユーザーにとっても、開発者にとっても最高の環境で、最高の形で、最高のメーカーが拾ってくれました。ありがとう、ありがとう、サイゲームス。

 

やっぱり「メタルマックス」は最高にしぶといぜ!

 新作はもちろん、サイゲームス傘下ならこれまで出てこなかった過去シリーズの移植やリメイクだって期待できそうですよね。順当に「2リローデッド」あたりから、過去シリーズをうまく現代によみがえらせてくれそう。まだ何も分かってないし、何が今後あるのかも具体的には不明ですが、既にメタルマックスシリーズが生き生きと復活する未来が見えるようですよ。「ワイルドウェスト」どころか「ワイルドアイズ」が……そのままだと既に他の作品にネタを回していて難しいところはあるかもしれませんが、かつて開発中止になったものも人気が出れば復活する可能性はゼロじゃない。メタルマックスが、超有名IPになるかも!?

メタルマックス 6月に開発中止が発表された「メタルマックス ワイルドウェスト」

 ありがとう、高木謙一郎プロデューサー。ありがとう、宮岡寛(ミヤ王)ディレクター。ありがとう、サイゲームス。ありがとう。感謝の言葉をいくら述べてもつきません。

 ガチでリブートされるという「メタルマックス」シリーズ。そして、「メタルサーガ」シリーズの今後に期待しています。やっぱり、メタルは死ななかった! 最高にしぶといぜ!!

 

するめ(以下)マンのこれまでの記事

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい