サラリーマンが竪穴住居を30日かけて手作り 週末だけ縄文人生活をするYouTuberに話を聞いた「石斧は革命的」(1/2 ページ)

現代の道具や材料を一切使わず、“野原にあるもの”だけで実現。

» 2022年09月02日 10時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 竪穴住居を自力で建て、週末に泊まっては縄文時代の生活に挑むYouTubeチャンネル、「週末縄文人(@wkend_jomonjinYouTube)」の活動が「わくわくする」「憧れる」と注目を集めています。

 

 週末縄文人さんは「都会のサラリーマンが週末を使ってゼロから文明を築くことはできるか」検証する、2人組のYouTuber。ある山の土地を借りて、火を起こしたり魚を取ったり、原始的な生活に挑戦しています。

 そのコンセプト上、服装こそビジネススーツですが、現代の道具は一切不使用。使えるものは主に“手”と“そのへんの木切れや石”で、軍手すらないのが地味につらそうです。

週末縄文人 野にある材料と、原始的な道具だけで建てられた竪穴住居
週末縄文人 内部も整っていて、案外暮らしやすそう

 竪穴住居作りに要した期間は30日。地主の許可の下に周囲の木を石で切り倒し、芯は柱に、はいだ皮はロープにと、最大限に活用しています。

週末縄文人 何もないなかで、石斧(せきふ)を自作して効率を高める工夫も
週末縄文人 周囲の木とその皮だけで骨組みを作っている

 屋根は大量のクマザサをすき間なく結わえ付けた“笹葺(ぶ)き”。雨で浸水しないか、湿気が大変なのではと、はた目には心配な造りですが、台風到来時並の大雨でなければ問題なく、湿気についても室内で火をたけば快適に過ごせるのだそうです。

 竪穴住居にはのちにリフォームを施し、松の葉のベッドで大人2人が十分寝泊まりできる空間に。週末縄文人さんは竪穴住居を拠点にさらなる体験へ挑んでいきます。

「石斧でも革命的なスピードに感じる」

 編集部では週末縄文人さんに、苦労や今後の展望などについて聞きました。

──「文明をゼロから築く挑戦」を思い立ったきっかけを教えてください。

週末縄文人さんいろいろあるのですが、1つはコロナ禍が始まってすぐのころに感じた、「都会のライフラインが断たれるかもしれない」というリアルな危機感です。そのとき、この文明の不安定さや、そこに頼り切っている自分の足腰の弱さが見えた気がしました。

 そこで、同じ危機感を持っていた同期同士で、人類の文明をゼロから作り直して、強い足腰を手に入れようということで始めました。仕事が暇になったので、「何か楽しいことしようぜ」というノリもあります!

──竪穴住居や土器などの作り方などはどうやって調べていますか。

週末縄文人さん基本的には、本や考古館の土器、復元住居などを観察して学んでいます。とはいえ、そもそも縄文時代の技術について詳しく説明された資料はなかなか見つからないため、トライアンドエラーで自分なりにやり方を見つけていくことが多いです。

 作れたときの喜びが大きいので、結果的に自分なりのやり方を見つけるほうが良かったと思っています。今はあえて事前に勉強しすぎないことも意識しています。

──これまでの挑戦で特に大変だったことは何ですか。

週末縄文人さん一番大変だったのは、笹を採って屋根に結びつける作業です。14日かけて2万本の笹を集めて結んだので、さすがに気が狂いそうでした。ただ、基本的にすべての作業が大変なのですが、その大変さを発見することが楽しくもあります。

──大変さを発見することが楽しくもある?

週末縄文人さん例えば、石斧(せきふ)だと直径5センチ程度の木を切るのに10分ほどかかります。チェーンソーを使えば10秒なので、現代人の感覚からすればとんでもなく時間がかかるように思えますが、僕らは石斧を作れるようになるまで手で石を持って切っていました。

 そのときは30分ほどかかっていたので、石斧でも革命的なスピードに感じます。「石斧すげえ!」と思えるんです。少し文明批判的な意味で始めた側面もあったのですが、やればやるほど文明へのリスペクトが湧いてきています。

 それに、石斧だと木の生命力にも気付かされます。切ろうとすると木の抵抗を感じるので、簡単には切りたくないと思うようになりました。木に対するありがたさや畏敬の念のような感覚といいますか……。社会学者の見田宗介さんが「存在するものたちに対するデリカシー」という言葉を使っているのですが、その感覚が強くなったと思います。

──竪穴住居についても教えてください。住居内の湿度について、「火を起こせば大丈夫」とコメントされていましたが、夏の暑さや冬の寒さはどうでしょうか。

週末縄文人さん不思議なことに、室内で火をたくと湿度が下がる分、体感的には涼しく感じます。火も小さく、計ったことはないですが、室温自体もそこまで上がっていないのだと思います。完成したのが6月なので、冬の寒さはこれから体験します。怖いですね(笑)。

──今後どんなことに挑戦する予定ですか。

週末縄文人さん土器を作って海水をためて、蒸発させて塩を作りたいです。以前の動画で、手作りの網でヤマメを取って食べたことがありますが、そのときにめちゃくちゃ塩が欲しいと思ったので。

 それと、いつか製鉄もしてみたいです。なんだかんだ石斧で切るのは大変なので、鉄器を手にしたときの自分の感覚の変化も気になります。そうなったらもはや「週末弥生人」になってしまうかもしれませんが(笑)。

動画提供:週末縄文人(@wkend_jomonjinYouTube)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」