石田祐康監督、難産の「雨を告げる漂流団地」で抱いた決意 キャラの衝突を避けたら「いい部分が引き立たない」(1/3 ページ)

「すれ違いからもう一度わかり合えたときの気持ちよさを描いてみたかった」。

» 2022年09月16日 17時00分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 スタジオコロリドの長編劇場アニメ第3弾となる「雨を告げる漂流団地」が9月16日に全国公開されます。

 石田祐康監督が「ペンギン・ハイウェイ」(2018年)から4年ぶりに手掛けた同作は、小学6年生の少年少女が体験するひと夏の不思議な冒険を描いたファンタジー作品。

 夏休みのある日、クラスメイトとともに取り壊しの進む「おばけ団地」に侵入した幼なじみの航祐と夏芽たち。しかし、ひょんなことから団地ごと大海原が一面に広がる異世界に迷い込んでしまい、ときには支え合い、ときには激しく衝突してのサバイバル生活を繰り広げていきます。

 石田監督にとっては、「陽なたのアオシグレ」(2013年)以来、約10年ぶりとなる劇場オリジナル作品。“本当に難しかった”と制作を振り返る石田監督に、「漂流団地」誕生までの複雑ないきさつや、同作に込めたというちょっとした願いなどをじっくりとうかがいました。

「雨を告げる漂流団地」を手掛けたスタジオコロリドの石田祐康監督 石田祐康監督

団地へ実際に移り住んで生み出した作品

―― 「雨を告げる漂流団地」は、団地を重要な要素に据えた作品です。石田監督が発表したステートメントでも「縁の下で人を支えようと頑張る存在」とありましたが、作品の完成前後で団地に抱くイメージはどのように変わりましたか?

石田祐康監督(以下、石田) 最初のころは、自分の少ないながらもある程度持っていたイメージや、「シンプルな構造をしたものが海に浮いていたら面白いな」といったアイデア、団地の見た目がちょっと好きで作り始めたところもありました。

 団地に実際に住むようになってからは、住んでいる方たちとの交流もあったりして。同じ団地に住んでいらした「公団ウォーカー」の照井(啓太)さんと家族ぐるみで交流しながら作品を作っていったといういきさつもあり、完成後の実感としては大きく変わっています。

―― 実感、というと?

石田 特にヒロインの夏芽がそうなんですけど、団地を巡る思い出のいい部分だけでなく、ちょっとつらい部分にも踏み込んで書かなければならないところがあります。団地で過ごした過去が自分の血肉となっているからどんなことも切り離せない。それは作り手としても、同じ時間と体験をもってしないと感じられないものだと。

 もう少し具体的には、コロナ禍でもあったので、リモート制作という人のつながりが希薄で気持ちのよりどころのない状況を通して作品を作っていたからか、夏芽ほどではないですけど、当時のつらかったこと、しんどかったことが団地での記憶と混ざり合ってしまって……今後の人生においては切り離せないかもしれない、と。

 だから、最初にただ漠然と良いイメージを抱いていたころ、「団地ってなんかいいな……」と発想して作り始めたころとは別なんですよね。

―― キャラクターと同じような苦しさに身をおくことで、感情をいっそう込めやすくなったのでは?

石田 気持ちを込めやすくなったのは確かです。制作においては込められれば込められるほどいいという点も確実にありますし、今までの作品も全部そうしてきました。

 自分の生活環境が変わったタイミングで、すぐ団地に移り住むという思い切った決断に踏み切ったこと、なかなか引けない状況に首を突っ込んでいってしまったこともあって、気持ちの入り方がまた一段違った感覚がありましたね。

さまざまな困難を乗り越えて完成した「漂流団地」、当初と異なるポイントは

※以下では、「雨を告げる漂流団地」のネタバレを含みます。

―― 「漂流団地」は、脚本も手掛けたということで、「一つの挑戦」ともおっしゃっていました。今うかがったお話でも相当の困難があったようですが、最も難しかった点はどこにあったのでしょうか?

石田 まさにその脚本の箇所だと思っています。どの作品もそうですが、胸を張って「これが自分の作品です」といえないといけないので。原作のあるなしに関わらずそうなんですが、オリジナル作品となると責任は余計にあります。だから、気持ちの込め方の部分が何よりも大事だろうと思っています。

 物語においてどういった感情を一番のよりどころにするのかは、なかなか他の方に頼めるタイプの話ではありません。そのため、脚本の根幹部分というのは、こちらが考え抜かなきゃいけないことなんだろうなと。映画を最後まで描くのは自分ですし。

―― 軸をぶらしてはいけないという話ですね。脚本ですが、当初案と大きく変化した部分はあったりしたのでしょうか?

石田 団地が大海原を行くイメージボードを最初に提示したちょうど同時期に作っていたものが、基本的には現在のものに近かったのかなと。

 メインキャラとなる航祐と夏芽の原型にあたる子がいて、自分たちの思い出の場所である団地が壊されることに抵抗を持っている点は同じですが、団地に最初は立てこもっちゃうんですよ。

「雨を告げる漂流団地」の主人公・航祐と夏芽 夏芽と航祐

 主人公たち以外の部分でも、子どもたちが飛ばされた先が団地の持つ「意識の世界」になっていて。のっぽ君も当初、人間の男の子の姿ではなく、団地自体が意思を持ち、会話もできるという設定にしていました。

 団地は航祐と夏芽に未練を抱いているので、あの手この手を尽くしてなかなか現実世界へ帰してくれない。最終的には、団地の暮らしで良かったとき、すてきだったときを幻影として見せてくるんです。

―― 最終部あたりで一部近いシーンが確かにありました。

石田 そうでしたね。

 夏芽の目には前のお父さんと楽しく暮らしていたときの光景が映し出される。今では新しいお父さんと暮らすようになって、そこでつらい目に遭ってしまってる分……迷いが生じちゃうんですけど、最後は2人して団地に「ありがとう」って伝えて元の世界に戻ってくる。根幹の部分は今のものと結構似ています。

 住人同士が「家族」として生活する中で生まれたさまざまな思い。時代の変化と一緒に、そうしたものとも別れなくちゃいけなくなるんですが、一人ひとりがどう折り合いをつけるのか、どう飲み込むのかっていうところが主題として最初からあったんでしょう。

 その後は団地自体にキャラクター性、人物の姿を与えた方がいいということになったので、のっぽ君という1人の男の子を設定して、その子との別れの話にしたらいいんじゃないかという方向に落ち着きました。そこからの紆余(うよ)曲折が一番大変だったのですが、それはまた別の話で。

「雨を告げる漂流団地」ののっぽ 当初は存在しなかったというのっぽ

―― 他のキャラも当初からいたのでしょうか?

石田 航祐や夏芽ほど具体的ではなかったですけど、令依菜みたいなタイプの女の子は最初からいました。他のキャラはその後の段階で一気に出てきた感じです。

―― 話をうかがっている限りでは、のっぽが出てきたり、キャラ一人ひとりのカラーがハッキリしたことで物語にかなりの広がりが出てきた感じがします。

石田 確かに。苦労こそしたものの、結果的に「いつかはやってみたかった」と感じていた群像劇をある程度やれたのかもしれないです。

 また、当初から目指していた航祐と夏芽を描くということ、そこは何とか一貫することができたのでよかった。先ほどもお話しした、企画が途中で紆余曲折したというのはまさにそこだったんですよ。

 航祐と夏芽じゃなくて、夏芽とのっぽ君の話にしようとか、もしくはもっと全然違う方角へ向いた作品。あるいはキャラそのものの感情より作品の世界観を具体的に見せていく作品の方がいいんじゃないかとか、会議では本当にいろいろな意見が出まして……。

「雨を告げる漂流団地」の主人公・航祐と夏芽 「おばけ団地」とともに漂流することとなった子どもたち
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  2. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
  3. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  4. /nl/articles/2403/02/news015.jpg 生後2カ月赤ちゃん、ミルクを飲むとなぜか“信じられないほどカメラ目線”に かわいすぎる目力に「懐かしい〜」「たまらん!」
  5. /nl/articles/2308/13/news007.jpg 脱皮に失敗したセミを助けたら…… “ありえない姿に大変身”した姿に感嘆の声「驚きました」「貴重な映像」
  6. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  7. /nl/articles/2403/01/news028.jpg 伝説の魚・タキタロウと出会い“人生が狂った”学生、驚きの現在が117万表示 数奇な運命に「ロマンだ」「釣りキチ三平世代には憧れ」
  8. /nl/articles/2309/27/news019.jpg 最大2キロ超の“高級カニ”が千葉で大発生!? 浜名湖の名産を都会のドブで「開始1分」採取、食す様子に反響
  9. /nl/articles/2403/02/news023.jpg 世界を旅する女性サックス奏者、外国の路上で演奏していたら…… 驚きの超展開が560万再生「音楽に国境はない」「すごい出会いと巡り合わせ」
  10. /nl/articles/2403/02/news008.jpg 赤ちゃんに、パパが本気で「モンスターズ・インク」のサリーのまねをしたら…… “100点満点”の反応が「めっちゃ可愛い」「そっくり!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」