「夏の暑い日に麦茶をくれたことはずっと忘れないよ」 マンションの管理人のおばあさんとのあたたかな縁に「素敵なお話」(1/2 ページ)

人のあたたかみを感じるお話ですね。

» 2022年09月22日 19時00分 公開
[鈴木伊玖馬ねとらぼ]

 思わずもらい泣きしてしまいそうになるツイートを、イラストともにご紹介する企画「すてきな実話」。今回はフォトグラファーのフジイセイヤ(@seiyafujii)さんと、マンションの管理人のおばあさんとの思い出です。

おばあちゃんとの思い出 一生忘れない思い出になりそうです(イラスト:野田せいぞ

管理人のおばあさんとの思い出

高校生3年生の夏のある日、実家のマンションの窓の外で汗だくになりながら掃除する管理人のおばあちゃんがいた。

部活を引退してクーラーの効いた部屋で涼んでた僕は麦茶に氷を入れ、慣れないおぼんにのせて玄関先を掃除してくれていたおばあちゃんのもとに冷たい麦茶を届けた。

その行動に強く関心してくれて、それからよく立ち話をするようになった。この時から人生の先輩と会話をすることが好きだった気がする。

管理人のおばあちゃんは自分の家から週に2〜3回マンションの掃除のためにバスを乗り継いで通ってくれていた。

進路が決まったよ、大学に入学したよと日々の自分の生活を共有していつも楽しそうに自分の孫のことのように聞いてくれていた。

それから4年が経って社会人になるとき上京が決まった。ずっと九州にいた僕にとって初めて親元を離れる気持ちがわいた。お世話になった人に飛行機に乗る当日まで挨拶回りに行った。

最後にマンションを出るとき管理人のおばあちゃんがいつものように掃除をしていたから

「今日、東京に行ってそれでそのまま東京に住みます。今までありがとうございました」

と伝えると慌てて管理人室に入り戻ってくると

「今日は小銭しかもってなくて、ごめんねえ」

とバスを乗り継いでくるために使うお財布を全部ひっくり返して僕の手に握りしめてくれた。

多分1000円くらいだっただろうか、多分帰りの分も考えず全部、嬉しくてなにかしてあげたいという気持ちが伝わってきて自分はずっと泣いていた。

「夏の暑い日に麦茶をくれたことはずっと忘れないよ」と。

東京についたその日は目が霞んで前が見えず、人は泣きすぎると視界がぼやけてひとりで歩けなくなることを知った。

あれから10年、おととい実家から連絡があって管理人だったおばあちゃんが亡くなったと知らせが届いた。

自分が生きて、生活している中でずっと忘れることなくときに思い出すくらい大切になる人はそう簡単にはできないと思う。

(フジイセイヤさんのツイートより)

 フジイさんは高校3年生のとき、マンションの管理人のおばあさんが掃除しているのを見かけ、麦茶を差し入れました。以来、おばあさんとは立ち話をするようになります。

 それから数年後、フジイさんは東京での就職が決まりました。マンションを離れる最後の日、おばあさんにそのことを伝えると、自分の財布を全部ひっくり返し、帰りのバスで使うはずのお金をフジイさんの手に握りしめてくれたそうです。

 おばあさんの「なにかしてあげたい」という気持ちが伝わってきたフジイさん。感動のあまり、視界がぼやけて歩けなくなるほど泣いてしまったそうです。

 それから10年後、フジイさんは実家からおばあさんが亡くなったと知らされました。「自分が生きて、生活している中でずっと忘れることなくときに思い出すくらい大切になる人はそう簡単にはできないと思う」。フジイさんは改めてそのことを感じたそうです。

 フジイさんとおばあさんの絆に、ツイートを見た人からは「ツイートは冥界へも届くはず」「心の繋がりはどんな時代でもご時世であっても何者にも変え難い財産だと思います」「素敵なお話をありがとうございます」などの言葉が送られました。人の縁って、やっぱり良いですね……!

人気の【すてきな実話】

 

 

 

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」