小学生の憧れの人、3位は「アーニャ」、2位は「お母さん」、1位は? 小学生意識調査の結果が興味深い(1/2 ページ)

外出・イベント自粛の緩和や、「推し活」ブーム、「平成レトロ」ブームの影響も。

» 2022年12月29日 09時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 ベネッセの小学生向け通信教育講座「進研ゼミ小学講座」が、2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査を実施。「進研ゼミ小学講座」の小学3〜6年生の会員を対象に、11月11日〜24日に調査を行い、1万3816人(女子9238人、男子3691人、性別無回答887人)が回答。憧れの人や印象に残るニュース、なりたい職業、流行語などを明らかにしています。

 2020年から開始された小学生対象の意識調査ですが、動画投稿サイトやアニメが強く支持される一方で、自粛が緩和され外出やイベントの機会が戻ってきたことにより、友だちとの交流や学校での出来事の影響が見られる結果もありました。ベネッセは調査結果をトップ10のランキング形式で発表しています。

「憧れの人」にはリアルで身近な人が多数ランクイン

 憧れの人を自由に答えてもらったところ、1位に「友達」、2位に「お母さん」、9位に「好きな人」がランクイン。ベネッセは、身近な人が上位に入る傾向について、今年になり外出やイベントの自粛が緩和されたことで身近な人と交流する機会が戻ってきた影響だと推測しています。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「キミの憧れの人は誰かな?」(自由回答)

 憧れている理由には「友達」は勉強やスポーツが得意なところ、「お母さん」は優しさや毎日がんばっている様子が多く上げられていました。

 一方、2020年は5位、2021年は9位だった「お父さん」さんですが、今年はトップ10圏外に。新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた2020年と比べると、在宅勤務や家族みんなで在宅で過ごす時間が減ったことが影響している可能性もあるとのことです。

 アニメのキャラクターもトップ10入りしており、「SPY×FAMILY」は3位に「アーニャ」が7位に「ヨル」と2人がランクイン。「アーニャ」については、人の心が読めるところやかわいさが理由で憧れているという声が多くありました。

子どもも時事ニュースについて真面目に考えた1年

 今年最も印象的だったニュースとして、小学生は「安部元総理銃撃」(1位)_、「ウクライナとロシアの戦争」(2位)など時事ニュースを多く回答。「自分と同世代の子ども達が戦争で苦しんでいるのを見て平和の大切さを知った」と社会情勢を子どもなりに切実に捉えたり、「円安についてお母さんがぶつぶつ言ってました」と家族との会話でニュースを知ったりなどの実態がうかがえるコメントが寄せられていたとのことです。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「今年もっとも印象的だったニュースは何かな?」(自由回答)

 芸能ニュースでは3位に「King&Princeのメンバー脱退」、8位に「BTSの活動休止」がランクインしています。

学校行事や身近な人との交流にわくわく

 今年最もわくわくしたことで最も多く挙げられたのは「修学旅行」で1254票。2位の運動会(514票)と大きく差が付いています。3位には「誕生日」、4位に「キャンプ・旅行」がランクイン。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「きみが今年もっともわくわくしたことは何かな?」(自由回答)

 学校行事に加えて、家族や友だちと過ごすイベントが多くトップ10に入っており、身近な人たちとの交流や外出の機会が回復していることがうかがえる結果になりました。

小学生は「推し活」「ゲーム」に夢中

  今年小学生が夢中になったことを知るために「○○しか勝たん!キミにとって○○は何?」とたずねてみたところ、「推ししか勝たん!」という回答(702票)が最も多く、小学生にも「推し活」が浸透していることがうかがえる結果に。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「〇〇しか勝たん!キミにとって○○は何?」(自由回答)

 また、ゲームの人気が顕著で、「スプラトゥ―ン」の他「ゲームしか勝たん!」という回答が516票もあったことから、ベネッセは「生活に欠かせない楽しみとなっている」としています。ゲームそのものに加えて、ゲーム実況も人気で動画サイトで実況する「カラフルピーチ」が8位にランクインしています。

流行語1位は、あの一言!

 小学生にとっての「今年一番流行った言葉」で、1位は「それってあなたの感想ですよね?」。使用場面としては「友達が言い訳をしてきた時」「好きな動画チャンネルでアンチコメントを見た時」「先生や友達に『テストの点数が悪いな』と言われた時」が挙げられています。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「今年一番流行った言葉は?」(自由回答)

 ひろゆきさんの真似をしながら言い合うのが流行しているようですが、言った後ケンカになったり、怒られたりしないのか心配になりますね。

 2位は共感を示す相づち「それな」。ベネッセは「すとぷり」のメンバーなど小学生の間で人気の人物がよく使っていることが影響しているのではないかと見ています。3位には「ギャルピース」がランクイン。中高生や大学生同様、小学生にも平成レトロブームが到来しているようです。

 SNSで発生したと言われる「草」(5位)、「ぴえん」(7位)も引き続き流行しているのに加え、「草越えて森越えてユニコーン」「ぴえん越えてぱおん」とさらに感情を強調する言い回しも使われているとのことです。

「ユーチューバー」などクリエイティブ職業が上位に

 「将来やってみたい仕事は何ですか?」で最も多い回答は「ユーチューバー」。調査を開始した2020年から3年連続首位を守っています。そのほか、2位に「漫画家・イラストレーター・アニメーター」、3位に「芸能人」、4位に「ゲームクリエイター プログラマー」がランクインし、上位を動画、漫画やアニメ、芸能などのエンタメ関連の職業が独占しています。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「将来やってみたい仕事は何ですか?」(複数の選択肢から1つ選ぶ択一)

 その結果をベネッセは、自宅で過ごす時間が長くなった結果、子どもにとって身近なエンタメが、将来挑戦してみたい仕事として意識されるようになったと考察。またトップ10をクリエイティブ系の職業が6つも占めており、動画配信サイトやSNSなどからクリエイターの表現にふれる機会が広がっていることが背景にあるとしています。

 「漫画家・イラストレーター・アニメーター」(2位)は2021年から「芸能人」を上回り人気が続いています。「SPY×FAMILY」「ONE PIECE」「僕のヒーローアカデミア」など小学生が好む作品のバラエティが広がり、漫画やアニメがさらに小学生にとって身近な存在になってきたと捉えることができます。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「将来やってみたい仕事は何ですか?」(男子)

 男子のランキングで「野球選手」(3位)が「サッカー選手」(4位)をわずか12票差で上回ったことにも注目。これは2020年からの3年間で初めてのことで、メジャーリーグの大谷翔平選手や、日本で史上最年少の三冠王に輝いた村上宗隆選手の活躍から、小学生男子の憧れとなった可能性もあるとしています。

2022年の出来事や将来に関する小学生の意識調査 質問「将来やってみたい仕事は何ですか?」(女子)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評