西野七瀬、初のポケモン原案ドラマで主人公 ファンは乃木坂46が紡ぐドラマバトンに胸熱「よだせまるの繋がりは不滅」(1/2 ページ)

よだせまるのつながりは熱い。

» 2023年08月30日 21時16分 公開
[よーちゃんねとらぼ]

 「ポケットモンスター」をテーマにした初めてのオリジナルドラマ「ポケットに冒険をつめこんで(略称:ポケつめ)」が放送決定。テレビ東京系の「木ドラ24」枠で10月19日より放送スタートします。元乃木坂46で俳優の西野七瀬さんが主演を務めることと合わせて8月30日に明らかになりました。ゲーム好きの西野さんにピッタリ!

西野七瀬 (C)「ポケットに冒険をつめこんで」製作委員会

 1996年に初代ゲームソフトが発売されて以降、アニメやカードゲームなど幅広くメディアミックスを展開し、子どもから大人まで根強い人気を誇るポケモン。そのオリジナルドラマが、この度テレビ東京と株式会社ポケモンのタッグで制作されることとなりました。

西野七瀬 (C)「ポケットに冒険をつめこんで」製作委員会

 西野さんが演じるのは、学生時代から憧れていたクリエイターを目指し、東京の小さな広告代理店「ADventure」に転職する主人公・赤城まどか。夢を追いかけ上京したものの、待ち受けていたのは想像していたキラキラした世界とは無縁の毎日。ひょんなことから、会社の命運を握るプレゼンを引き受けてしまった時に、実家の母から子どもの頃に遊んでいたゲームボーイポケットと「ポケットモンスター 赤」のソフトが届き、そこからまどかの生活に小さな変化が訪れます。

 幼少期からほとんどの「ポケモン」シリーズを通ってきたという西野さんは、「『いつか、ポケモンに関するお仕事をしてみたい』と友達に話していた数日後に、このお話をいただいたので驚きでした」と素直な気持ちをコメント。まどかを演じるにあたり「私が演じる赤城まどかは、自分から行動を起こし、周りからの刺激もしっかりと受けとめて成長していけるような人。最初にプロデューサーの皆さんとお話ししたとき『“主演”ではなく、“主人公”と打ち出したい』と仰っていて素敵だと思ったので、その意識を持ちながら撮影をしています」と意気込みを語っています。

与田祐希 ドリームクレイジーの社長・璃子を演じる乃木坂46の与田さん(画像はryosangatariko公式Instagramから)

 またネット上で話題となっているのが、同じ「木ドラ24」枠で現在放送中の乃木坂46・3期生である与田祐希さん主演のドラマ「量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」の制作チームが「ポケつめ」にも携わっていること。2人で旅行を楽しむ仲でもある与田さんと西野さんがつなぐドラマのバトンに「与田ちゃんからなぁちゃんへ」「量産型リコの次が西野七瀬さん主演のポケモン題材ドラマなのなんかすごいな」「よだせまるの繋がりは不滅」などの反響がX(Twitter)上に寄せられています。

木ドラ24「ポケットに冒険をつめこんで」

【放送局】 テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送

【放送日時】2023年10月19日スタート 毎週木曜深夜24:30〜25:00

※BSテレ東、BSテレ東 4Kでの放送は2023年10月24日スタート 毎週火曜深夜24:00〜24:30

西野七瀬コメント(赤城まどか役)

「いつか、ポケモンに関するお仕事をしてみたい」と友達に話していた数日後に、このお話をいただいたので驚きでした。

初代から最新作まで、ほとんどのシリーズを遊んできて、ポケモンと一緒に大人になった世代の一人なので嬉しい気持ちでいっぱいです。

私が演じる赤城まどかは、自分から行動を起こし、周りからの刺激もしっかりと受けとめて成長していけるような人。最初にプロデューサーの皆さんとお話ししたとき「“主演”ではなく、“主人公”と打ち出したい」と仰っていて素敵だと思ったので、その意識を持ちながら撮影をしています。

まどかが働くADventureの皆さんはとても居心地がよく、現場でも控え室でもよく笑っています。

一人一人の個性は強くありながら、合わさると絶妙にバランスが良くて、頼もしい!

まどかの言葉を借りていうところの、“少数精鋭”なメンバーだなぁと思います。

タイトルにもある通り冒険がテーマになっているので、冒険の中で進化していくまどか達を見守っていただきつつ、「ポケモン」をプレイしたことがある方なら「懐かしい、、」「これは!」と思えるような小ネタも散りばめられているので、楽しんでいただけると思います。

プロデューサー・漆間宏一コメント(テレビ東京)

全世界で人気の「ポケットモンスター」。

色々なコンテンツとのオリジナルドラマの企画を行ってきましたが、まさかポケモンのドラマが実現するとは思っていませんでした! 感謝です!

今回のドラマは27年前に発売された、ゲーム「ポケットモンスター 赤・緑」が題材になっています。西野七瀬さん演じる主人公赤城まどかが、久々にポケモンに触れることで、ちょっとずつ仕事や自分の周りが変わっていくというヒューマンストーリーです。

私自身、子供の時に団地の階段で同級生とゲームをした経験もありますが、そこにはゲームを中心としたコミュニケーションがありました。

ドラマでもそんな人と人のコミュニケーションを大事にして、主人公のまどかが仲間と共に日々を冒険するというストーリーになっております。

いざポケモンのドラマというと認知度が高い分、皆さんにお届けするのに緊張する部分もありますが、脚本作りの時にチームでポケモンあるあるを話して楽しんだことや、西野さんに初めてお会いした時にポケモンの話で盛り上がった!など、まさにドラマのように、ポケモンを介して世代を超えて仲間になっていけることを実感しております。

赤・緑に触れてなくても、他シリーズを経験していると分かる内容ですし、もちろんゲームをしたことない方にも、ヒューマンドラマとして楽しんでもらえる内容を目指しております!

仲間と冒険と成長の物語を楽しんでいただけると嬉しいです!!

企画・脚本・プロデュース 畑中翔太コメント(BABEL LABEL)

今から27年前の発売日当日に、町のゲームショップで「ポケットモンスター 緑」を買ったことを今でも覚えています。

1作目の緑から最新のスカーレットまでずっと遊んできた、ゲーム「ポケモン」を原案にした初の実写ドラマを企画・脚本できる日が来るとは思っていませんでした。

このドラマは、20年ぶりに眠っていた「ポケットモンスター 赤」を見つけた主人公の赤城まどかが、久しぶりにプレイするポケモンのゲームから“人生の小さなヒント”をもらい、毎日が少しずつ“冒険”へと変わっていくお話。

タイプ、育成、進化、交換…「実はポケモンのゲームの中には、人生にとっての大切な教訓が詰まっているのでは?」という妄想から生まれた、“ポケモンヒューマンドラマ”です。

主人公のまどかを取り巻く個性豊かな登場人物たちにも、「ポケモン」の様々なキャラクターを背景に重ねていたり、ドラマの至るところにファンの皆さんが楽しめる要素があって、きっとこれまで見たことのない作品になると思います!

主演は西野七瀬さん。初めて企画の説明でお会いした時、企画の話よりみんなで好きなポケモンの話ばかりしていたのが印象的で、「赤城まどか」という主人公を西野さんにお願いしてよかった!とその時に確信しました。

キャストの皆さんから監督、脚本家、プロデューサーまで、“ポケモン好き”が集まったスタッフ陣が、子どもの頃に戻ったような気持ちでつくりあげた「ポケットに冒険をつめこんで」にぜひご期待ください!


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」