80年代人気俳優、寄付募りつつスーパーボウル親子観戦で炎上 プラチナチケット購入で「一般人に金をせびる大富豪」と火に油(1/2 ページ)

特に高額だった今回のチケット。

» 2024年02月14日 11時29分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 映画「コマンドー」(1985年)やドラマ「チャームド〜魔女3姉妹〜」などで知られる米俳優アリッサ・ミラノが2月11日、息子とスーパーボウルを観戦する写真をInstagramへ投稿し批判殺到。先だってアリッサは息子の野球チーム運営費用の寄付を募っており、高額なスーパーボウルのチケットを購入することとの矛盾を指摘されています。

息子とスーパーボウルを観戦するアリッサ・ミラノ 息子のマイロとスーパーボウルを観戦するアリッサ(画像はアリッサ・ミラノのInstagramから)

もともと野球好きで知られるアリッサ「野球は人生、チームメイトは兄弟です」

 アリッサは1月25日、クラウドファンディングのプラットフォームGoFundMeで「野球は人生、チームメイトは兄弟です」と12歳の息子マイロが所属する野球チームが「(ニューヨーク州の)クーパーズタウンまで遠征する費用」として、1万ドル(約150万円)の寄付を募り、X(Twitter)で拡散しました。寄付された資金は遠征費の他ユニフォームや家族の会費、ピンバッジやノベルティグッズなどの記念品を購入する可能性もあるとつづられていて、記事執筆時点では目標額の1.5倍となる1万5000ドルの寄付金が集まっています。

 アリッサはその後、メディアから「彼女自身は野球チームへ金銭的に貢献しているか」との質問を受けたとしてX(Twitter)で回答。チームのユニフォーム代やチームメイトの誕生日会の開催、月謝を払えない子どものスポンサーになっていると明かしました。また、チームの子どもたちも洗車をしたり映画の上映会を開いたりと資金集めをしているとし、寄付をしてくれた人たちへ謝辞を述べました。

例年以上の高額チケットとなった2024年のスーパーボウル

スーパーボウルを観戦するアリッサ・ミラノ かなり良い席でもある(画像はアリッサ・ミラノのInstagramから)

 一方で2月11日、テイラー・スウィフトが東京公演後に応援に駆け付け、恋人トラヴィス・ケルシーの所属するカンザスシティ・チーフスの優勝で大盛り上がりとなった第58回スーパーボウル。例年、入手困難なチケットが今回はテイラー効果でいつも以上に米国中が熱い気持ちで見守ったこともあってか、過去最高額を更新し最も安い席でも日本円で100万円近くするプラチナチケットとなっていました。

 アリッサがInstagramへ投稿したのはエンドゾーン裏の席で、フィールドを背に息子とにっこり笑う2ショット写真。「マイ・バディ」とコメントを添え、「#mothersonlove(母と息子の愛)」「#mothersonbond(母と息子の結び付き)」「#superbowl(スーパーボウル)」とのハッシュタグも付けています。

そもそもクラファンへの批判的な意見も

 この投稿へ、「ワオ、寄付金はかなり集まったに違いないね」「このためのクラウドファンディングだったんだね!」とクラウドファンディングで集まった寄付金を不適切に使用しているのではとの邪推、さらに「GoFundMeは見返りもなくお金をせびるもの。それは子どもたちに何も学ばせない」「彼女は、入会金や用品代、練習や試合へ行き来する交通費が払えなくてプレーできない子どもたちが大勢いることを理解してない」と安易にクラウドファンディングで寄付を募ることへの批判が殺到。

 一方、「集まったお金は息子のためじゃない。費用を払えない家庭のためのものだ」「募金活動はチームの一員としての活動だ。それは子どもたちにコミュニティーというものを教えるためで、リッチな俳優に請求書を渡し費用を払わせるというのは違う」「彼女は自分の払いたいものにお金を払う権利がある。みんなのものを彼女が払う必要はない」など、アリッサにお金があるからといってチームメイトの費用を払う必要はないという声や、クラウドファンディングは月謝などを捻出できない家庭のためだと擁護する声もあがりました。

 しかしこれに対しても、「一般人に金をせびる大富豪をかばい続ければいいよ」「“みんなのものを払う”って言ったって、彼女は文字通り息子のスポーツ費用を“ほかのみんなに払わせた”んだろう。スーパーボウルに行く余裕もない人たちに。まさに白人特権の典型だろ」など、みんながうらやむスーパーボウルに行けるアリッサが寄付を募ることへ不公平さを感じる人々からの批判が多数寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」