「きれいな先輩に失恋した話」、視点を変えると…… 認知の違いが浮かび上がる漫画に「リアリティがエグい」「視点の変化でこんなにも感情が変わるものなのか」(1/3 ページ)

前半と後半で印象ががらりと変わります。

» 2024年02月18日 09時00分 公開
[林美由紀ねとらぼ]

 自分の感じたことや認識が、相手と同じとは限らない。同じできごとを2人の視点で描いた漫画「先輩は綺麗な人だった」がX(旧Twitter)で話題を呼んでいます。最初の投稿には10万以上のいいね(記事執筆時点)が付き、読者の考察も盛り上がっています。 

先輩は綺麗な人だった16 2人の目線で語られることで明らかになる「認知の違い」

 漫画を投稿したのは、理系女ちゃん(@rikejo_chan)さんです。自分が思う自分、他人が思う自分……あなたには物事が客観的に見えているでしょうか。

先輩は綺麗な人だった01
先輩は綺麗な人だった03

 物語はまず、「先輩はきれいな人だった」という描き出しから、後輩の男子学生である「僕」の視点で語られます。彼は、黒くて長い髪に白い肌、すらっとした体型の先輩のことが好きでした。でも、彼はそのステキな外見を好きになった訳でなく、先輩の研究熱心なところや、ネガティブなことを言うと叱ってくれたり、実験や院試についても親身に指導してくれたりといった、内面に惹かれていたといいます。

 そして、先輩に認められようと、院試に合格したり、学会で賞も取ったりと研究に励んだそうです。彼が「全部先輩のおかげです」と言うと、先輩も喜んでくれたようです。

先輩は綺麗な人だった06

 しかし、先輩と付き合うことはかないませんでした。「先輩と付き合うのに自分は未熟だった」と感じた「僕」は、「この気持ちをずっと忘れない」と考えます。最後に「僕」が手にしたスマホには、「こんなに痛いけど、きっとまた人生をやり直すことになっても、また浪人して、また同じ大学に入って、先輩に会うと思う」という投稿が……。

先輩は綺麗な人だった09

 一方、漫画の後半は「先輩」の視点に切り替わります。先輩の目に映る「僕」は「ちょっと危なっかしかった」ようで、「これまでちゃんと対人関係を積んでいない人」に見えていたことが分かります。それでも先輩は「彼が全部悪いわけではない」「ちょっと変わっているけど研究に真面目な男子」だと考え、面倒を見ていたと語ります。

 しかし、先輩のもとにはやがて頻繁にLINEが届くようになり、返事をしないとさらにたくさんのLINEが送られてくる状態に。先輩はだんだんと後輩(僕)を「怖い」と思うようになったようです。そのことを周囲に相談すると、「何をしでかすかわからないから」と先輩が1人にならないよう守ってくれるようになったといいます。

先輩は綺麗な人だった11
先輩は綺麗な人だった13

 そして卒業を控える中、先輩は後輩に呼び出されます。先輩には、後輩が「長い謝罪のような何かを言っていた」ように見えており、「どう返すのが正解かわからなかった」ため「……ごめんなさい」と口にしたことが明らかになります。

 先輩は「何をされるかわからず怖かった」と感じたものの、「彼だけが悪いわけではない」「いつか、彼も変わるかもしれない」と考えます。それでも「もう彼に会いたくない」と先輩は思うのでした。最後のコマには前半のラストと同じSNSの投稿が映り込みます。

 同じ出来事でも視点人物によって大きく認識が異なることが分かる構成になっており、表情や振る舞いばかりではなく、容姿までもが違って見えているのが印象的です。また、前半で「告白か?」と思われるシーンも、後半と並べてみると、2人の気持ちや考えが全く別のところにあることが見えてきます。

 理系女ちゃんさんの漫画を読んだ人たちからは「リアリティがエグい」「ぞぞぞ。これ、女性視点バージョンと男性視点バージョンで特に後輩男のルックスが全然違うのが細かくて良い。認知の歪みか」「本当の客観的事実って思ったほど拾えなくて一方に肩入れせず公平に見るって生半可じゃ務まらないよなー、という作品」といったコメントが出ているほか、さまざまな視点で漫画の考察が行われています。

 この漫画を描こうと思った背景などについて、理系女ちゃん(@rikejo_chan)さんにお話を聞きました。

――この漫画を描くきっかけはあったのでしょうか

理系女ちゃんさん:大学院の研究室で人間関係のトラブルがあっても組織の性質上それが解消されにくい現状に問題意識を持ったためです。

――描くにあたって気を付けたところはありますか

理系女ちゃんさん:2人の学生のどちらかを客観的に肯定または否定するような描写を避けることで、特定の解釈を促さない内容になるよう気をつけました。

――漫画のどこに注目してほしいですか

理系女ちゃんさん:2人の心理描写の差異です。この漫画は理系大学院を舞台としていますが、理系大学院に関わらず同じようなケースはどこでも起こりうることだと思います。

――漫画への反響について感じたことをお聞かせください

理系女ちゃんさん:引用リポストで色んな方が各々の解釈や意見を投稿されているのを読むのが楽しいです。

画像は理系女ちゃん(@rikejo_chan)さんの投稿より

※本アカウントに投稿している漫画のエピソードに関しては物語はフィクションであり、実在の人物、団体、事件とは一切関係ありません。
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」