永遠のファッショニスタ、アイリス・アプフェルが102歳でこの世を去る 「伝説よ!」「アイコンの中のアイコン」と賛辞あふれる(1/2 ページ)

生涯現役を貫いたアイコン。

» 2024年03月04日 18時37分 公開
[城川まちねねとらぼ]

 ファッション界のスタイル・アイコンであり実業家のアイリス・アプフェルが現地時間3月1日、102歳で亡くなりました。本人のInstagramで公表され、アイリスの財産管理者も米The New York Times紙でアイリスが米フロリダ州パームビーチにある自宅で息を引き取ったことを認めました。

アイリス・アプフェルが102歳で逝去 自宅で亡くなったアイリス・アプフェル(画像はアイリス・アプフェルのInstagramから)

個性的な装いで愛されたファッションアイコン

 2011年、米The New York Times紙へ「他の人と同じような装いをしなければ、他の人と同じように考えなくてもよい」と語ったアイリス。自身の言葉通り、大きな眼鏡フレームと盛りに盛った大振りのアクセサリー、蚤の市で発見した数々の小物、カラフルで騒々しく時に下品ともいわれるようなアイテムとオートクチュールとのミックスは、誰かに批評させる隙をも与えないまさに彼女だけのスタイルでした。

 ニューヨーク大学でアート史を学んだのちウィスコンシン大学のアートスクールに通ったアイリスは、Women's Wear Daily紙でコピーライターとしてキャリアをスタート。1948年に結婚した夫カールと1950年にテキスタイル会社「Old World Weavers」を設立し、ヴィンテージの織物の販売・修繕・複製の買い付けなどで成功を収めました。会社を売却し、1992年に引退したのちもコンサルタントを務め、その自由で制限のないスタイルは年を経るごとにファッション界や社交界で存在感を増していきました。

 アイリスの名を一躍有名にした出来事は2005年、メトロポリタン美術館が企画していた展覧会が中止になり、代わりに開催された彼女のアクセサリーやワードローブのコレクションを展示する「Rara Avis: Selections From the Iris Apfel Collection」。「メットでショーをするためには死んでいなければいけないと思っていた」とアイリス自身がコメントしたように、同美術館で存命の人物に関する展覧会が企画されるのは非常にまれで、ましてや個人のコレクションを展示するのは初めての試みでした。

 この展覧会にはカール・ラガーフェルド、ジョルジオ・アルマーニなど、ファッション界のカリスマが訪れ、写真家のビル・カニンガムも米The New York Times紙での連載「ON THE STREET」で話題にし、世界中で絶賛、大成功を収めました。

 アイリスはその大きなエネルギーで生涯仕事へ全力投球し、2018年には96歳で史上最高齢のバービー人形になり、翌年は世界的エージェンシーIMGとモデル契約を結びました。2022年にはアパレルメーカー「H&M」とコラボレーション。英美容ブランド「シアテロンドン」とメイクコレクションも発表しました。

死去前日にハーフバースデーを祝った矢先に

アイリス・アプフェルが102歳で逝去 前日には「102歳と半年」バースデーを祝っていたばかり(画像はアイリス・アプフェルのInstagramから)

 2014年、アルバート・メイスルズが制作したアイリスのドキュメンタリー映画「Iris(原題)」が公開され話題に(日本では「アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー」の邦題で2016年公開)。作中、アイリスがデパートチェイン「ローマンズ」の創業者フリーダ・ローマンから「お嬢さん、あなたのことを見てましたよ。あなたは美人じゃないしこれからも美人にはならないでしょう。でもそんなことはどうでもいい。あなたにはもっといいものがある。あなたにはスタイルがある」とアイリスの力の源を言い当てるような言葉を掛けられたことも回想しています。

 2015年には68年連れ添った夫カールが、101歳の誕生日数日前に死去。8月29日生まれの彼女は亡くなる前日、2月29日にInstagramへ「102歳と半年」を祝うハーフバースデー投稿をしていた矢先の急逝でした。

 コメント欄には、「彼女は前日にこれを投稿して、そして翌日にいなくなった! ワオ! あなたはいつまでも私のスタイル・アイコンです。ファッションとスタイルをありがとう。伝説よ!」「あなたの最後の投稿が、人生への賛辞であり生きてきた時間への祝福だったらって、想像してみて。彼女はスタイルとともに生き、スタイルとともに去った。どうかスタイリッシュにお眠りください。アイコンの中のアイコン、ここにいてくれたこと、ありがとう」など鮮やかな彼女の生涯を讃える声が多数寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」