ちゃんとお礼を言いたい! 友達から、知らない人から、されてうれしかった「気配り」を思い出してみた

温かい気持ちになる一方で、気を配ることに“疲れてしまった”人も……?

» 2024年04月01日 18時00分 公開
[PR/ねとらぼ]
PR

 突然ですが、最近誰かに「さりげない気配り」をしてもらったことはありますか?

【PR】 コカ・コーラ 紅茶花伝 / さりげない気配りに関する意識調査

 これは筆者が友人2人と食事に行ったときのこと。片方の友人が「ここのお店が気になってたんだ〜」とセレクトしてくれたレストランが、食事も店内の雰囲気もステキで楽しい1日を過ごしました。

 帰り道で「あのお店を選んでくれてありがとう」と伝えると、もう1人の友人が「別のお店も候補に挙がっていたけれど、●●ちゃん(筆者)が苦手な食べ物があるからってあの子が気づいて、このお店を選んでくれたんだ」と教えてくれました。さっきはそんな素振り見せていなかったのに! その子とは別れた後だったので直接お礼は言えなかったけれど、自分の気づかないところで配慮してくれる人がいるんだなぁ……とじんわり心が温かくなったできごとでした。

 ほかにも、レジの前でばらまいてしまった小銭を知らない人が拾ってくれたり、初めて訪れる場所の近くで道に迷っていたら「お困りですか?」と声をかけてもらったり。見知らぬ人に思いがけず親切にしてもらえたときって、とっさのことでお礼が言えずじまいに終わってしまったりしますが、心の中では「めちゃくちゃありがとう!!!!(泣)」「もっとちゃんとお礼を言えたらよかった……」と思うものです。

身近な世界は、意外とやさしさであふれている

 SNSを見ると心無い言葉を発している人が目についたり、ニュースを見ても暗い話題が続いていたり──そんなことが続くと、世の中が悲しいことばかりであふれているように思えてきて、悲観的な気持ちになってしまうこともあります。

 その一方で、先ほど述べたような「思いがけず親切にしてもらうこと」があると、やっぱりがんばろう! 自分も誰かに親切にしよう!とポジティブな気持ちになることもあります。

 知らない人が落とし物を拾ってくれたり、具合が悪いときに大丈夫ですか? と声をかけてくれたり、前に何気なくぽろっと話したことを覚えていてお祝いしてくれたり……身近な場所で「さりげないやさしさ・気配り」に触れると、すごく明るい気持ちになりますよね。

【PR】 コカ・コーラ 紅茶花伝 / さりげない気配りに関する意識調査 約7割の人が「日ごろ、人知れずさりげない気配りをした経験がある」と回答

 全国の18歳以上の男女700名を対象に紅茶花伝が実施した調査では、約7割の人が「さりげない気配りをしたことがある」と回答しました。

気付かれてないだけ? 日常の中の「さりげない」気配り

 この調査結果を見ても「そんなにやさしい人ばっかりじゃないよ!」と思う人もいるでしょう。だけどそれはもしかしたら「さりげなさすぎて」「日常に溶け込みすぎて」見逃している瞬間がある、ということかもしれません!

【PR】 コカ・コーラ 紅茶花伝 / さりげない気配りに関する意識調査 日常に溶け込む「さりげない気配り」 (出典:「紅茶花伝」 さりげない気配りに関する意識調査より)

 たとえば会社や学校で、両手がふさがっていたり重い荷物を持っていたりするときに、サッとドアを開けてくれる人がいるとすごくありがたい! ですがあまりにも一瞬のできごとで、どこの誰なのか名前も分からず、当然お礼を言う機会もないままだったり。

 あるいは風の強い日に、誰も触っていない自転車がたくさん倒れだしたとき、自分の自転車でなくても駆け寄って直してくれる人って、やさしすぎて個人的には後光が差して見えます。持ち主からお礼を言われることは基本無いどころか、直してもらったことにも気づかないのに……。

 どれも誰かに気付かれたい・褒められたいからという動機ではなく、相手のためにとっさに起こしたアクションだからこそ、してもらった方は「うれしい」「ありがたい」という気持ちで心がほっと温かくなりますよね。こういった人のさりげない気配りが、日常生活の心地よさを支えてくれているんだなぁ。

自分の意思で行動したはずなのに、なぜか感じてしまう「気配り気疲れ」

 見かけると心がほっと温かくなる、周囲を心地よくしてくれる「さりげない気配り」。その一方で同調査によると、なんと「そのような気配りについて、自分の意思でやっていることとはいえ、実は気付かないうちに疲れたと感じる」人も約3人に1人いることも明らかになりました。

【PR】 コカ・コーラ 紅茶花伝 / さりげない気配りに関する意識調査 約3人に1人は「気配り気疲れ」を感じたことがあるという調査結果

 誰かに強制されたわけではない、自発的に起こした行動のはずなのに、結果として感じてしまうことがある「気配り気疲れ」。

 同調査で「気配り気疲れ」を感じやすい時期として挙げられたのは、「期末で仕事が大変な時」(66.5%)や「季節の移り変わりの時」(62.5%)。1年の中でも大きな節目となる季節である3月のタイミングは、「気配り気疲れ」を感じる人が特に増えていそうです……。

 さりげないワンアクションだからこそ、誰にも気付かれなかったり、やった甲斐を感じられなかったりという場面も少なくないもの。ですが自分の意思で起こした行動で、褒められたくてやっているわけでもなくて……となると、この「気疲れ」とどう付き合っていったらいいのか難しいところです。

「気配り気疲れ」している心を解きほぐす! 紅茶花伝でリフレッシュタイム

 そしてそんな、さりげない心遣いや気配りにより周りの心地よさを支えてくれる人々に寄り添ってくれるのがコカ・コーラの「紅茶花伝」。2023年秋から「あなたがいると、ほっとする。」をブランドメッセージに掲げています。

【PR】 コカ・コーラ 紅茶花伝 / さりげない気配りに関する意識調査 ちょっと疲れてしまったとき、紅茶花伝で心ほどけるひとときを

 いつも周りの心地よさを支えてくれる人、でもたまには少し疲れてしまう瞬間が……。そんな人の心を“ほっと解きほぐす”新キャンペーンを3月25日から展開しています。

 キャンペーンに合わせて、マカロニえんぴつの書き下ろし楽曲を起用した新CMがスタート。CMに出演した俳優の小芝風花さんとはっとり(マカロニえんぴつ)さんが対談する対談コンテンツ「ほどけるふたり」もYouTubeで公開されます。さらに4月1日から8月28日までの毎週3回、日常のちょっとした瞬間に寄り添うオリジナルラジオ番組「紅茶花伝 presents ほどけるラジオ」がinterfmで放送される予定です。

【PR】 コカ・コーラ 紅茶花伝 / さりげない気配りに関する意識調査 紅茶花伝の特設キャンペーンサイト「ほどける COMFORT TIME」でも、心を解きほぐしてくれるコンテンツを展開中

 紅茶花伝のさりげない気配りに関する意識調査では、「気配り気疲れ」を感じたことがある人に対して、どんな方法でリフレッシュをしているかもヒアリング。「音楽を聴く」「睡眠をとる」といった回答が最も多く挙がり、その他には「温泉やお風呂に入る」「散歩をする」などの回答がありました。

 自身に合ったリフレッシュ方法は人によってさまざま異なりますが、一息ついてお気に入りのドリンクを飲むような、日常のちょっとした時間で気軽にできる気分転換が好まれているようです。

【PR】 コカ・コーラ 紅茶花伝 / さりげない気配りに関する意識調査 4月1日から8月28日の毎週月・火・水曜日 15:42〜15:47に放送予定の「紅茶花伝 presents ほどけるラジオ」。番組ナレーターは女優の深川麻衣さんが務めます

 はっとり(マカロニえんぴつ)さんが本CMのために書き下ろしたオリジナル楽曲を聴いたり、ほっとする話題の対談コンテンツやラジオを流しながらゆっくりする時間も、あなたの心を解きほぐしてくれるかもしれませんね。

 「さりげない気配り」が心温まる体験をもたらしてくれるものだからこそ、「気配り気疲れ」とも上手く付き合っていきたいもの! 季節の変わり目に「気配り気疲れ」を感じたときは、紅茶花伝を飲んだり、ステキな音楽を聴いたり……そんな体験があなたの心を解きほぐしてくれそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」

提供:日本コカ・コーラ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2024年4月7日