『ルリドラゴン』連載再開記念レビュー 「ゆるい」多様性とコミュニケーションの素晴らしさ(1/2 ページ)

大切なのはバランスなのかもしれない。

» 2024年03月24日 19時00分 公開
[ヒナタカねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 漫画『ルリドラゴン』が約1年半ぶりに連載を再開した。満を持しての復活に、SNSでは毎週歓喜の声が多数投稿されている。

『ルリドラゴン』レビュー “ゆるい”多様性とコミュニケーションの素晴らしさ 『ルリドラゴン』単行本1巻表紙

 『ルリドラゴン』は『週刊少年ジャンプ』誌上で2022年6月に連載スタート。その後、第6話までが掲載されたタイミングで、作者・眞藤雅興の体調不良により余儀なく休載に。連載開始から間もなくのストップだったものの、「このマンガがすごい!2024」オトコ編第9位にランクインするなど、休載期間中も異例とも言える存在感を放ち続けていた作品だ。

 現在は紙とデジタル版の『週刊少年ジャンプ』誌上で連載中で、4月22日からはデジタル版『週刊少年ジャンプ』および「少年ジャンプ+」での隔号連載に移行予定となっている。

 どこかのんびりしている、いい意味で“ゆるい”作風が大きな魅力となっている本作。そして、その“ゆるさ”により、多様性の素晴らしさを押し付けがましくなく示す、今の時代に必要な作品でもあると感じる。単行本1巻の内容に触れる形で、その理由を記していこう。

※以下、『ルリドラゴン』単行本1巻の内容に触れています。

見た目以外でも自身の性質を気にしてしまう心情

 高校1年生の青木ルリは、朝起きるといきなりツノが生えていて、母親から龍と人間のミックスだと明かされる。すっとんきょうな事実に戸惑いつつも「いやでもツノはえただけだしな…」と学校へと向かうと、クラスメイトからすぐに気付かれて、クラスの注目のまとになる。

『ルリドラゴン』公式PV

 そのルリのツノを見た先生のリアクションは「えー…マジで生えたの? 大丈夫なの? じゃあいいけど。まー後で詳しく聞かせて。何かあったらすぐに言ってください」以上、であった。

 「この先生本当にゆるいなー」と思いつつ(後に先生はルリの母親から話を聞いていたことも判明する)、普通に授業を受けるルリ。ところが、ルリはその後くしゃみの勢いで火を吐いて、前の席の男子の髪を燃やしてしまい、さらには自身の口の中が血だらけになってしまう。

 不可抗力で火を吐いてしまうという、他人に危害を加えかねない自身の性質。ルリは火炎の暴発を防ぐため河原で練習に励みながらも、めちゃくちゃ学校に行きたくなくなってしまう。こうした、「ちょっと嫌なこと」があって学校に行きたくなくなる心情は、誰でも理解しやすいものだろう。

ボイスコミック『ルリドラゴン』2話

面白がられることに対しての気持ちや対応のバランス

 そんなルリは、作中で描かれる“ゆるさ”(のある多様性の肯定)に救われる。休学明けに先生が、「火吐いたくらい気にすることないよ。世の中いろんな人がいるもんです」「みんなもいろいろ思うところあるかもしれませんが、まあ仲良くやっていきましょう」と言ってくれるのは、その筆頭だ。

 さらに、ルリは帰宅後、たこ焼きを食べながら「なんかわたし(学校で)生物兵器って言われてた。1週間わたしの正体考察大会だったんだって。なんかみんなあんま気にしないんだね。…いや気にはしているのかな。でも割とみんな面白がっててさ」と言い、母親から「嫌だった?」と問われると、「ううん、嫌じゃない」と答える。

 一方でルリは学校で、ほうぼうから「ドラゴン」とあいさつされることに対して「ドラゴンて呼ぶな」とツッコミを入れ、「おはドラゴン〜」と言われた時には、「せめて略すな! お前らいじりすぎ」と言い返したりしていた。

 他人の特徴について興味を持つことも、その実態を知らないまま面白がるのも、ある意味自然なことだ。そこで大切なのは、バランスなのだろう。「いじりすぎ」という一線を超えそうなものには釘を刺し、不快に思うことはちゃんと言う。ルリの立ち振る舞いは共感できると共に、社会生活における理想形と思えるほどだ。

ルリ自身が持っていた偏見への気付き

 そんなふうに、学校での他者からの見られ方を受け入れつつあるルリだが、実は彼女のほうが他人への偏見まみれだったことにもスポットが当たるようになる。

 例えば、ルリは隣の席の神代さんのことを「陽キャっぽくて怖い」と言い放つ。ところが、実際の神代さんは1週間休んだぶんの勉強を分かりやすく教えてくれるし、「あたしもルリちゃんのこと(第一印象で決めるとことか)苦手だよ」とはっきり言いつつ、ルリ本人とツノのことをかわいいと、裏表なく話してくれる好人物だった。

 そして、神代さんの「話してみて苦手がとれたらそれでいいし、苦手なままでも仲良くなりさえすれば敵にはならないじゃん」という言葉に、ルリも「なるほど」と納得する。

 今まで接していなかった誰かとコミュニケーションを取ろうとするとき、「まずは本音で話してみる」のはひとつの手段かもしれないし、それにより苦手意識や偏見がやわらぐこともある。『ルリドラゴン』では多様なキャラクターを単に登場させるだけでなく、良い意味で“ゆるい”コミュニケーションが、より良い人間関係につながるのを描いていると言っていいだろう。

簡単に分かり合えない人もいる

 そうした“ゆるさ”による人間関係の変化を描く中で、「全ての人が簡単に分かり合えて万事解決」とならないのも誠実だ。

 例えばお昼の時間に、ルリはクラスメイトから「あの…他で食べるよ。ごめん」と同席を避けられることもあった。連載中の単行本1巻以降の内容を読むと、今後さらなる波乱も予想される。

 それでも、母親からの「意外とさ、今感じていることって、普通の人間も常に感じ続けていることだったりするんじゃない? 人間の悩みってあんま変わんないよ。たとえ半分龍でも。いいんだよルリはルリで」という言葉は、現実でさまざまなコンプレックスを抱える人や、自身の特徴から差別や偏見の目で見られた経験がある人にとっても、その個性をやさしく肯定して勇気付けてくれるものだ。

 少しずつ、“ゆるく”変わっていく(だけど時にきびしい)、ルリのかわいらしく楽しい周囲との関係性を、これからも追い続けたくなるし、それは身近な誰かとのコミュニケーションにもフィードバックできるかもしれない。連載再開にあたり本作を読み返して、それが『ルリドラゴン』の大きな魅力だと改めてわかったのだ。

ボイスコミック『ルリドラゴン』読切版。連載版とは初めて火を吹いてしまう場所が異なるなどの違いがある。

逆『ルリドラゴン』のような中編実写映画もある。

 最後に、『ルリドラゴン』とは正反対の性質を持つ、だからこそ真摯に題材に向き合っていると心から思えた、日本の実写映画も紹介しておこう。現在はレンタルで配信中の「カランコエの花」だ。

「カランコエの花」予告編

 あらすじは、高校のクラスで唐突に「LGBT(Q+)について」の授業が行われ、クラス内に「当事者がいるのではないか?」というウワサが広まるというもの。「当事者ではなく周囲の人の視点」で進行し、その「過剰な配慮」が波及し暴走した先にあった結末は、「現実のどこかにある」と思えるものだった。

 39分間と短めの上映時間だが、さまざまな伏線が周到に積み立てられており、見終わってすぐにもう一度見たくなる構成も巧み。そして、悲しくつらい話であるからこそ、「こうならないためにはどうすればいいか」を反面教師的に学べるという点で、理想的な関係性の変化が見られる『ルリドラゴン』とは好対象な内容というわけだ。ぜひ併せて見てみてほしい。

ヒナタカ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」