衣装はお母さんの手作り! フリーレンやアーニャの姿で舞うコスプレ少女スケーターが華麗 衣装製作のこだわりを聞く(1/2 ページ)

スピンでふわりと広がるスカートがきれい!

» 2024年06月28日 19時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 スケートリンクのコスプレイベントに参加した女子小学生の演技がすてきです。『葬送のフリーレン』や『SPY×FAMILY』のキャラクターが華麗にスピン!

コスプレスケートコスプレスケート フリーレンがくるっとスピン。円盤状に広がるスカートがきれい
コスプレスケートコスプレスケート 衣装を変えて今度はアーニャに
コスプレスケートコスプレスケート そして妹さんはいばら姫(ヨル)に。これらの衣装全部、お母さんの手作りなのだからすごい。

 スケートリンクを舞う2人の女の子は、X(Twitter)ユーザーの「ななか」(@7ka)さんの娘さん。お姉さんはフリーレンとアーニャ、妹さんはいばら姫(ヨル)の衣装をまとい、楽しげに滑走しています。

 特に目を引くのが、ひらひらとしたスカート。スピンのたびに遠心力でふわりと広がり、きれいな円を描きます。そしてこの衣装、そこまで計算してななかさんが手作りしているというのだから驚きです。

 実はななかさん、娘さんたちの赤ちゃん時代から衣装を作っているすご腕お母さん。10年ほど前、上の子に調査兵団(進撃の巨人)の制服、下の子に一期一振(刀剣乱舞)の衣装を着せたときもニコニコ動画で話題を呼びました(関連記事12)。

 そして子どもたちも大きくなった現在は、自分と長男も一緒に4人でフィギュアスケートに挑戦中。娘さんたちの滑走は、X(Twitter)で「氷上のフリーレンだ!」「エレガーント!」「髪もスカートもフワッと広がってきれい」と大きな反響を呼びました。

 反応には衣装の完成度から「母の愛を感じる」との声も多数。編集部はななかさんに、衣装作りの工夫など、詳細を聞きました。

―― お子さんのスケート用コスプレ衣装を作り始めたきっかけを教えてください

ななか 普段フィギュアスケートの練習に通っているスケートリンクでは、ときどきコスプレピクニック(@cospicnic)さんがイベントを開催してくれています。そこで、子どもたちに「やってみたい?」と聞いたところ、「やりたい」と答えてくれたのが始まりです。スケートしながらのコスプレなので、動きに耐えられる強度や露出対策などを考えていくと、競技用フィギュア衣装をアレンジするのがいいんじゃないかと考えて作り始めました。

―― モチーフはどのように選んでいますか

ななか まずは子どもたちが好きなアニメ、好きなキャラクターを選ぶのが第一です。ただ、下の子はウィッグをかぶるのを嫌がっているので、地毛を生かせるキャラを選んでいます。

―― 衣装作りでこだわっている部分をお聞かせください

ななか 基本としては、子ども服のサイズで作らなければならないので、全体のバランスを見ながら着丈や裾の長さを調整しながら作っています。そのうえで、アーニャの衣装は金の模様を豪華に見えるよう工夫しました。ステッチの部分も刺繍糸で手縫いをし、ラインストーンを置いてキラキラ輝かせています。

 ヨルさんの衣装は、アーニャと2人で並べるなら違う質感の布地にしたくて、ツーウェイの合皮布地を使いました。首周りはベージュのパワーネットに黒のラインを縫い付けて、安定して着られるようにしてます。スカートの切り返しもベアトップな位置で、長さもスケート靴の爪先が引っかからない程度にやや延長しています。ニーハイブーツはタイツに模様を描いた上に、自作のスケート靴カバーを着けてそう見えるようにしました。

 ただ、裏地にバラ柄の布地を使ったのに、仕立ててみると全く写真に写らなかったのは心残りです。各衣装にラインストーンを置いたのも、競技用衣装みたいにキラキラさせたかったからなのですが、動画ではうまく映りませんでした、ストーンの量や置き方の工夫など、まだまだ精進が必要だなと感じています。

―― スケートリンクのイベントに使ううえで、どのような工夫をされていますか?

ななか 動きに耐えられるように伸縮性のあるツーウェイ布地で作成しています。また、スピンやジャンプの際にスカートがきれいに広がるよう、全円形にアレンジしています。激しく動くとスカートが容赦なくめくれてしまうので、構造はレオタード込みです。

 フリーレンの衣装については、ケープも全円にしました。ケープとスカートの端にある金の装飾も、縫ったときに外円内円の差によるシワが出ないよう、全円に合わせて裁断しています。ベルトも衣装に縫い付けて、バックルはラインストーンを並べて表現し、衣装と一体化できるようにしました。

 アーニャの衣装も本来ならスモックみたいなワンピースなのを全円スカートのワンピースに構造を変えているので、上下の切り返しの位置を調整しながら決めました。

―― それだけ手が込むとなると、1着作るのには相当時間がかかるのでは

ななか 仕事と子育ての合間で作成しているので、作業時間が確保できず時間がかかってしまいますが、1着1〜2週間ぐらいです。作業時間をたっぷり取れれば3日程で仕上げられます。

―― Xでの反響について感想をお願いします

ななか 予想以上のバズりでびっくりしました。2月のイベント直後にも同じような動画は上げていたのに、どうして今回こんなことになってしまったのか……。赤ちゃん時代の衣装よりも反響は大きかったですし、何がバズるのか本当に予測がつかないなあと感じています。

協力・画像提供:ななか(@7ka)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」