ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

大阪電気通信大学で「ヒト型レスキューロボットコンテスト」開催

ヒト型ロボット1台と操縦者1人がペアで1組です。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 大阪電気通信大学 駅前キャンパスで11月2日、「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2014」が開催される。


画像

 ヒト型レスキューロボットコンテストは、2000年から毎年開催されている「レスキューロボットコンテスト(レスコン)」が発展したもの。ヒト型ロボットを遠隔操縦し、約4メートル×2メートルのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」を順番にクリアした時間を競うというものだ。


画像
要救助者には、身長32センチメートルのデッサン人形が用いられる

 参加枠は、先着順で20枠。ヒト型ロボット1台と操縦者1人のペア1組での応募が必要となる(応募詳細はこちら)。募集はすでに始まっており、10月17日まで。

 主催のヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会は「ロボット競技を通じて、ものづくりの楽しさを伝えるとともに、防災や減災の大切さや難しさを考える機会を提供したい」とコメントしている。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る